noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク


こんにちは、なたりーです。
先日、とうとう母との2週間のヨーロッパ周遊のクルーズ旅行に行ってきました。


クルーズ内はエンターテイメント性に富んだ24時間遊びつくせる空間。
まさに魔法の旅。
いたれりつくせりの船旅で、船を降りた今も夢を見ていたような余韻が広がります。

今回はクルーズ旅行前編で、
準備から出発しスペイン到着までの過程を紹介します。
クルーズ旅行に行かれる方の参考になれば嬉しいです。

クルーズ旅行の持ち物リスト

今回の旅行はクルーズが7泊8日、前泊+延泊合わせて14日間の旅行でした。
クルーズはヨーロッパの西地中海を周遊し、
船内はプール、トレーニングジム、メインダイニングでのフォーマルなディナー、劇場ではミュージカルやダンスショーも!

クルーズを楽しむために、水着やちょっとフォーマルなドレスを用意して、プールサイドで日光浴をしながらゆっくり読書するのも良いですね。
こちらが持ち物リストです。

持ち物リスト

歯ブラシ
歯磨き粉
化粧品
日焼け止め
常備薬(お腹を下したときのために正露丸など)
シャンプー・リンス
ヘアケア用品
ウェットティッシュ
ポケットティッシュ
ハンカチ
フェイスタオル
バスタオル
アナログの腕時計
パスポート
筆記用具
スマートフォン(翻訳アプリを入れておく)
レンタルポケットwifi(空港内カウンター受け取り)
各種充電器
変換プラグ
延長コード1本
カメラ
小型Blutoothスピーカー
イヤホン
帽子
水着
ビーチサンダル
7日分の下着・洋服・靴下などの衣類
洗濯ひも・洗濯ばさみ
角ハンガー(小)
ハンガー数本
サングラス
カーディガン
フォーマルドレス
ヒール
眼鏡
コンタクト用品
現金
肩掛けバッグ
文庫本(成田空港のブックストアで購入)
二つ折りスリッパ
エコバッグ
綿棒

現金はいくらもって行く?現地通貨は?

今回はスペイン、フランス、イタリアの現地通貨がユーロの国を旅行します。
船の中でドルを使用する場合もあるかな?とドルも両替して持っていきました。

ユーロ5万、ドル2万。
しかしドルは全く使いませんでした。

クルーズの料金にチップ分も含まれているので基本的に渡す必要はないのですが、
客室担当の方が毎晩私たちの部屋にタオルアートの動物を作って置いてくれたサービスが嬉しくていくらかチップを渡したくらいでした。

寄港地での買い物はユーロ。
食事など少額のものは現金が必要ですがその他ショッピングでクレカが使えるものはクレカ決済にしました。

 

延泊のスペイン観光では、グエル公園やピカソ美術館を観光したのですが
入場料はネットで事前予約をしてクレジットカードで決済したので手持ちのユーロを減らさずに済みました。

特にグエル公園ピカソ美術館は夏の観光シーズンは混み合うのでネットで事前に予約して訪れた方が安心です。

なので現地で使用するユーロと、手持ちのユーロがなくなったときのためにいくらかの日本円で十分かと思います。
そして支払いはできるだけカードで。

チャージをおこない、レートの良い時に両替をしておいてクレジットカードとして使えるマネパカードでユーロに両替して使うのもありだったかな~と今更ながら思っています。

 

現地通貨の現金を持っていく場合は

なるべく日本で両替していった方が良いそうです。
スペインで両替しようとするとレートが悪いので…

 

 

 

クルーズ中のお買い物はシーパス(SeaPass)で行います

船の中はシーパス(SeaPass)というカードを持って行動します。
このカードが客室のルームキーであり、事前にクレジットカード情報などの登録をして買い物、食事をした会計時に提示します。
なので船内では現金や財布は持ち歩く必要がないので金庫にしまっておいて、このシーパスだけを持ち歩いて行動できます。

船内での全ての買い物の会計はクルーズ最終日にクレジット決済、もしくは現金での支払いが選べます。
よって現金をあまり持ち歩きたくない場合にはクレカ決済にしてしまえば良いかと。

日本円建て?現地通貨(ユーロ)建て?必ず現地通貨建てにしましょう。

クルーズ内の会計や、寄港地でのショッピングでクレジットカードを使用した場合に日本円建てか、現地通貨建てで支払うかを選べました。
旅行代理店から事前にもらっていたクルーズの説明書きにも円建てはやめておきましょう!
と書かれていたの現地通貨のユーロ建てにしましたが

実際どのような理由でどちらがお得、損をしなくて済むのかな?と思った帰国したらちょうど下記のリンクの記事を発見しました。
こんなカラクリがあるとは…これは海外旅行に行く際に必ずチェックすべきです。
知らず知らずのうちにカードに手数料で損をしている可能性、あるかもしれません。。。
《無料》海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか)

[ad#big]

成田空港に到着したらイモトのWiFiカウンターで予約していたポケットWifiを受け取り

空港内に受付カウンターがあるのでそこで予約していたポケットWiFiを受け取りました。
受け取りには身分証明としてパスポートを提示。機器の使い方もレクチャーしてもらえたので良かった。5分ほどで終わります。

レンタルポケットWiFiのセット内容

  • ポケットWiFi
  • 充電アダプタ
  • 変換用プラグ
  • 取り扱い説明書
  • 取り扱い説明書には機器が使用できなくなった場合の電話窓口の電話番号や海外旅行する場合のiPhoneやAndoroidの設定方法(機内モードの設定やアプリの自動アップデートの停止の仕方など)が記載されているので出発前に一読して安心して飛行機に乗ることができました。

    レンタル機器セットの中に変換用プラグが入っていたのですが自分で用意したプラグよりもハイパワーで充電できたので旅行中はiPhoneやデジカメのバッテリーの充電時にも使用しました。




    海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

    出発!大崎駅→成田空港へ直行のウィラートラベルのバスで最短75分で成田に到着!事前予約でなんと1000円!


    今回は朝11時に出発する飛行機に乗るので、朝5時頃に起きて電車に乗り大崎駅へ。
    大崎→成田空港までを直行で走るウィラートラベルのバスに乗って成田空港へ向かいます。
    朝早いバスだったのもあり車内も空いていて快適でした。

    ウィラーの高速・深夜バスは地元の仙台に帰省するときにもよく利用するバスで、
    座席一つ一つに電源がついていたりフットレストがあったりして設備が充実したバスを選択できるので重宝しています。
    今回は1時間弱で着く距離なので電源などの設備はありませんでしたがウィラーのバスは清潔なので快適でした。

    電車行く場合、大崎駅→成田空港までは1200~1400円ほど。

    直行のバスであれば成田空港にまっすぐ向かってくれるので途中停まることもなく楽でした。

    当日でも空席があれば1200円で乗車券が購入できますがネットで事前予約をしていると1000円に!とってもお得です。

    ※渋滞に注意!行きで高速バスを利用する場合は余裕を持った時間のバスに乗りましょう

    しかし気を付けていただきたいのが道路の渋滞による到着の遅れです。
    ちなみに帰りは昼の時間帯で道路が渋滞しており、2時間ほどかかりました。
    帰りは遅れてもあまり問題はないですが行きは気を付けたいところ。
    飛行機の出発時刻に間に合うよう早めのバスに乗って向かうと良いでしょう。

    [ad#big]

    成田からパリCGDを経由してスペインバルセロナへ!

    成田→フランスパリCGD(12h)→スペインバルセロナ(2h)

    フランスシャルルドゴール空港で1回乗り継ぎをしてバルセロナへ。

    成田からパリ間の12時間の長時間のフライトがしんどい。エコノミ-なので覚悟していたけど狭い。まだ隣が母だからいいものの。。いつかビジネスクラスに乗ってみたいな~~

    複数人の旅行だとたまに搭乗券チケットを発行して席がはなればなれになっている場合には、飛行機に早めに搭乗するとスタッフが気を利かせて席を隣同士にしてもらえたりします。
    空席状況にもよると思いますが(帰りの飛行機では搭乗するのがぎりぎりになって離れた席になりました)誰かと行くなら飛行機でも近くに座りたいですよね。

    機内は寒いのでなるべく長袖のふわっとしたタイプの服、+メディキュット+簡易スリッパでなるべくリラックスできる服装で過ごすと良いと思います。
    フライト中はずっと椅子に座っているとだんだん脚がむくんでくるのでメディキュットみたいな着圧タイプのソックスだとつらくなりません。ジーパンも徐々に苦しくなってくるのでオススメしません。

    フライトのトランスファーも楽しまなくちゃ。シャルルドゴール空港での待ち時間はパリの有名店ポールのパンとマカロンで休憩

    乗り継ぎの待ち時間はターミナル内にあるPAUL(ポール)というフランスで有名なパン屋さんでサンドとマカロンとコーヒーをいただきました。

    サンドはパン生地が美味しくて中に挟まれていたチキンも味付けがすごく日本人にも好まれそうでした。
    マカロンはふわふわさくさくなのかと思いきや外側はサクッとしているのですが中は結構ずっしりしていて食べごたえがありました。緑はピスタチオ味。外側のマカロン生地も中のジャムのようなペーストも甘ったるくなくて個人的に気に入りました。

    情熱の国、スペインバルセロナへ

    エールフランスに乗ってバルセロナ空港に到着。
    ピックアップの車の運転手さんが迎えてくれました。

    乗せてくれた車、ベンツだった…!人生初ベンツ。。
    私たちにはもったいないお迎えだねと終始母と話してました。
    おそらくこの旅行のプランが新婚さんのハネムーン向けのパッケージだからすこしリッチな仕様なのかも。

    到着時間が夜だったのでピックアップがあると安心しますね。

    スポンサーリンク

    宿泊したホテルはビア・アウグスタ(VIA AUGUSTA)。駅からも近くて便利の良いところ。

    私たちがバルセロナ滞在中(クルーズ乗船前の前泊、クルーズ下船後の4泊)はビア・アウグスタというホテルに宿泊しました。
    Fontana駅、Gracia駅も近いので観光の拠点として良いところだと思います。

    無料WiFiがある!
    これはありがたーい!写真も動画もアップロードできるしポケットwifiは制限があるのでホテルでがんがんネットを使わせてもらいました。
    清潔!
    ヨーロッパのレトロで素敵な外観、客室は美しいビジネスホテルみたい。
    お風呂とトイレ、洗面台が同じ部屋にありましたが綺麗なので問題ありませんでした。
    掃除が行き届いていてベッドメイキングも綺麗で清潔。
    スタッフも優しい!
    アウグスタのスタッフさんたちはみんな親切です。
    スペイン語全然話せなくてもカタコト英語でなんとかなります。

    朝食のバイキングもコスパが良い。

    アウグスタは朝食のバイキングのみ営業しています。
    そのバイキングがとても良い!
    フルーツやフレーバーヨーグルト、フルーツジュースに様々な種類のパン、ハムやスパニッシュオムレツなど、品揃えが豊富。


    起き抜けの朝食はなかなかたくさん食べられないけれど、こちらの朝食は丁度いい種類。
    食パンとゆで卵くらいかな…なんて想像していたよ、ごめんなさい!

    フルーツいっぱい食べられるしパンも自分でトースターで焼いて温かいものが食べられます。
    トースターのすぐそばにオリーブオイルとトマトのペーストが置いてあったので
    スペインの方はパンにかけるて食べるのが習慣なのかなと思いました。(バルでも食べる?って勧められた)


    そしてとても美味しいコーヒーマシンがあって私たち親子はコーヒーガブ飲みしました。他の宿泊されている外国人のお客さんも気に入って飲んでました。


    ヨーグルトのフレーバーが多くてイチゴ、チェリー、バナナ、アプリコット、レモンなど…
    フルーツが安く手に入る国だからこんなに展開できるのかもしれませんね。
    特にレモン味のヨーグルトがさっぱりしていてオススメです。
    スペインのスーパーにも売っているので見つけたらぜひ食べてみてください。

    私たちは料金に含まれていましたがバイキングは8ユーロ。
    お得な内容だと思いますのでアウグスタにお泊りの際には朝食も食べてみてくださいね。

    ちょっと気になった点は私たちが泊まった部屋は冷蔵庫がありませんでした。
    口コミなど見てみると他の客室にも冷蔵庫はないそうです。
    冷蔵庫があると自分で買ってきた食べ物や飲み物を冷やしておけて便利なんだけど…そこだけちょっと残念。
    それ以外の点ではとても過ごしやすくて良いホテルでした♪

    一日泊まって、翌日はとうとうロイヤルカリビアン社フリーダムオブザシーズのクルーズへ!
    それではまた次回。

    スポンサーリンク
    あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

    私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
    家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
    全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
    もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事