意外と稼げない?リゾバの繁忙期と閑散期のシフトと対策

働きすぎならまだしも、リゾバで稼げないなんて大問題。

私がリゾートバイトを行うのは4月~5月の2ヵ月。
4月は花見、5月はゴールデンウィークのシーズンなのできっと忙しくて残業も多く、その分稼げるハズ!と想定していたわたし。担当の営業さんからも「ガッツリ稼げますよ!」と言われていた。
でも発表されたシフトを見たら休日の多さに愕然。期待を裏切る結果になりました。
反省を踏まえて、次回のリゾバに活かせるようにおこなった対応と事前対策について備忘録のために書き留めておきます。

スポンサー広告

求人票で見た4~8日の休日を多く上回る12日の休日。
そして働いていても早上がりで8時間働けないことも多い。
繁忙期というのは短期間で、それが過ぎると暇で人件費削減のため休日や早上がりが増えました。

原因:繁忙シーズンとは短期間である。

4月 花見シーズン

忙しいのは桜の開花時のみ。宿泊客数の状況により、予約が少ないと突然1日or半休になる。早上がりも多い。

5月 GWシーズン

GWの間のみ忙しいので8H+残業あり。GWが終わると閑散期。突然1日休み、半休が言い渡されることも。早上がりも多い。

意外な落とし穴!強制的に休日になるホテルの"休館日"に気を付けよう。

4月の後半、働き始めて1か月が経とうとしていた頃です。
5月の前半のシフトを見て驚いたのはホテルの休館日。
GW後に館内の清掃やメンテナンスのために2日間ほどの休館日を設けるとのことですがスタッフも強制的に休日になりました。

え、聞いてないよ(^ω^;)

派遣元からもリゾバの就業先側からも何もアナウンスがなかったことにかなり驚き。
閑散期に突入し休館日に合わせて休日も加わり連続の休日になってしまいました。

派遣元の担当の方に問い合わせたところ、休館日に関しては初耳だったそうです。
派遣会社がやり取りしているのは就業先のホテルの本社がメイン。
就業先のホテルは実は直にやりとりをすることは少ないようで、連携不足が発生するのかと思いました。

事前対策:就業先を決定する前に派遣元の担当の方に確定している休館日情報を確認する

これで学んだことは、就業先を決定する際に事前に自分が勤務する期間に確定している休館日などの休日を聞くこと。
休日が事前に分かっていれば、トータルでどれくらいの休日になるのか、逆算してその分何時間働けば自分の目標金額に達成するのかが見えてきます。

スポンサー広告

原因:宿泊室数の少ないホテルは少数人のスタッフでまかなえてしまう。

おそらく就業先にもよると思いますが、客室が少なめの小さい規模のホテルは宿泊予約が少ないと少数人のスタッフでまかなえてしまうため、ホテルの運営側も1日に働く動員するスタッフの枠を減らします。在籍するスタッフが多いとその狭くなった枠のシフトの奪い合いになってしまうのです。

「長時間働ける=稼げる」というから派遣されてきたのに話と違うじゃないか!ってなりますよね。
短期間で就業するスタッフは、稼げないんじゃリゾバで働きに来ている意味がない。

大事なのは根回し、相談、交渉!
  • <根回し>シフト作成者の把握
  • まず就業先に到着したら、まずはシフトを作成する方を確認します。
    そして「休日は少なくていいので働きたい」「週●●時間以上は働きたい」と希望を出すこと。根回しです。

  • <相談>シフトが削られたら、上長、ホテルの責任者に相談
  • 「求人票では月●●~●●万円のお給料の予定なんですが、今月のシフトでは目標の金額に達しないかもしれないのでシフトを増やしてほしい」旨の相談

  • <交渉>他派遣スタッフにシフトを交換してもらう
  • 可能であれば、周りのスタッフの方に掛け合ってシフトを交換してもらい出勤させてもらう。

いろんなところでリゾ―トバイトで働いてきている先輩に聞いたら「リゾバは残業代で稼ぐもの」とのこと。シフトの削減・早上がりが起こる就業先は少ないそうです。
稼げないリゾバだなんて働きに来ている意味がないよー!
でも泣き寝入りするのも嫌なので「自分は働きにきたので最低これくらいはシフト入れてもらわないと困ります」っていうアピールをしていきました。
就業先の現場についたら、派遣会社はあまり関与できないことを念頭に自分で行動していく必要があります。
「シフトを多くしてほしい」「シフトが削られて困っている」「シフトを交換してほしい」などなど、主張していかないと「あ、別に文句言わないんだな」と思われて閑散期はシフトを削られるだけ削られてしまいます。

その後…シフトが増えました!

数日後、リゾバ先の上長が少しずつシフトを増やしてくれたり、リゾバを終了する方の分のシフトが他スタッフに分散されたりするなどして出勤が増えました。アピールって大事。

事前対策:就業先を決定する際はなるべく宿泊客数が多い大きな規模のところにする

ある程度大きなホテルであれば、宿泊するお客様も多い=対応するスタッフも一定数確保されることになります。
よって、シフトが削られる心配は現状よりは減るかと思います。

以上、私がリゾートバイトで稼げない就業先にあたらないための事前対策と、就業中にできる対応のまとめでした。
リゾバ検討中の方の参考になればうれしいです。

スポンサー広告

リゾバの派遣会社・就業先の選定は慎重に!

短期間の勤務の場合には、やはり少しでも時給の高く稼働の多いところで効率よく稼ぎたいですよね。
なにより働ける期間が短くて貯めたい目標金額がある場合には、派遣会社・就業先選びが重要になってくると思います。

派遣会社によって時給が異なる場合も!派遣会社は複数登録して求人を比較しましょう。

リゾートバイトの派遣会社は複数ありますが、注意したいのが同じリゾバ先であっても時給が違う場合があります。
同じ時間勤務するのであれば、少しでも時給が高い方がトータルのお給料も変わってきますよね。
なのでこれからリゾートバイトを行う方には派遣会社に複数登録を行って求人を見比べることをお勧めします。

私がお勧めするのはアルファリゾートグッドマンサービス
どちらも業界内では高時給の求人が多い派遣会社です。
今勤めている就業先の周りのスタッフで派遣されている方はこの2社がほとんどでした。

スタッフ登録はWEB・電話で完了!来社する手間が省けます。

どちらの会社もWEB・電話でスタッフ登録を行えるので面接でオフィスに来社する必要がありません。
今現在、違う仕事をしていてなかなか時間が取れない方にとっては時間の節約にもなって良いと思います。

基本的に派遣会社の方とのやり取りは電話かメールです。
労働契約書などの事務手続きの書類も郵送ですし就業前・就業中・就業後も派遣会社の人と直接会うことはありません。

「顔も見たこと無い人が担当で、自分がどんな会社で働くのか不安…」と感じることもあるかもしれません。
現に私も今回がはじめてのリゾートバイトだったのでとても心配しました。

でも仕事の内容や寝泊りする住環境に関しても電話やメールで丁寧にフォローしてもらえるので、たくさん質問してクリアにしていきました。

就業先の条件も事前にしっかり聞きましょう

今回の稼げない問題がきっかけで、私は2回目のリゾートバイトをする際にお給料面で重要視しようと思うのは
客室数
昨年度の平均稼働時間、給与、平均休日
上記2点です。客室数が多い=大きなホテルであればある一定数は宿泊するお客さんがいるため、稼働が多いと予想するからです。
そして、自分が働く期間の前年の平均の稼働を知ることで今年の稼働を予測します。

求人を紹介してもらう際はだいたい
希望のエリア、希望条件(平均月収、寮のタイプなど)で自分に合った就業先の求人を送ってもらえます。
お給料面でだいたいどれくらい稼げそうか予測して、あとは生活面での希望条件(個室、wifi利用可、冷蔵庫などの家電…)が自分とマッチしているかを見て就業先を選定するのが良いかと思います。

生活面を優先したい場合と、何が何でも稼ぐのじゃ!というお給料面を優先する場合と人によって優先順位は違うと思うので貯めたい金額と相談して自分にあった就業先を選んでくださいね。
これからリゾートバイトを始めたいと考えている方のお役に立てれば嬉しいです!

ブログランキング参加中!よければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング参加中
クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク