【住環境について】温泉のあるホテル。館内寮の場合。

私が暮らしているのは館内寮。自分が毎日を過ごすところって、大事ですよね。
こんにちは、現在箱根のとあるホテルでリゾートバイトをしているなたりーです。
4月から始めた2か月間のリゾートバイトも1ヵ月が過ぎました。
今回は私が寝泊りしている館内寮についてご紹介します。

リゾートバイトの就業先ごとに館内寮なのかホテルから離れた寮なのか変わると思いますのでご参考までに。

スポンサー広告

スポンサーリンク

館内寮1Rタイプの和室

館内寮はその名の通りホテル内に従業員用の部屋があります。
職場であるレストランまで1分で着きます。

こんな感じの和室タイプの1Rです。私が入寮した階は女性しかいないので前に使用していた方も女性でした。
綺麗にされていて不快に感じる部分はありませんでした。

室内に水道、トイレあり。冷蔵庫・電子レンジは共用。


室内にキッチンシンクがあります。だいたいそこで手を洗ったり、洗い物したりしてますね。
小さめのシンクですが一人で使うなら十分なサイズだと思います。

お手洗いはこんな感じ。壁紙も最近張り替えてくださったようでとても綺麗です。
替えのトイレットペーパーは初回に1つもらって、それ以降は自分で購入して使用しています。

冷蔵庫・電子レンジは廊下にあって、同じ階の方と共用になります。
周りの方もみんな大人なので自分のものがなくなった!犯人は誰なの!などといったトラブルも起きません。

お風呂はホテルの大浴場を利用できる


毎日温泉三昧です。ゆでだこになるまで入っています。
仕事が終わって23時頃に入るのですがお客さんもあまりいない時間帯で貸し切り状態です。
バスタオル・フェイスタオルも支給してもらったのですが今は自分で持ってきたものを使っています。

寝具はお布団がそろってます。リネン類はホテルから支給されるので清潔。

敷布団・掛け布団・枕は部屋に置いてありました。念のため初日にベランダで軽く干して、ファブリーズをスプレーしました。
シーツ・枕カバーなどのリネン類はお客様と同じものを支給してもらえるのでそれを使ってます。
基本的には入寮時に支給される1セットを自分で洗濯して使うみたいです。
マイ枕が必要な人は持ってきた方がいいかもしれませんね。

洗濯ものは基本はハンガー&角ハンガーで。室内なら洗濯ひもを吊って干すのが◎


私はロープを忘れたので角ハンガーと普通のハンガーでだいたいのものを干しています。
部屋によってはベランダが極端に小さい部屋もあるそうなので、あと下着などを干すのが気になる方は部屋干ししているそうです。部屋干し用洗剤で洗えばなんとかなりそうですね。

スポンサー広告

私の過ごす館内寮は職場のレストランまで1分。

館内寮の素晴らしさは通勤時間が無いに等しいところですね。
勤務開始時間の5分前に自分の部屋を出てレストランに向かうのでぎりぎりまで自分の部屋で過ごしています。

共用部にポットもあるのでお湯を沸かしてコーヒーを淹れています。
あと先人の置き土産で部屋にカセットコンロやお鍋があるのでラーメンやパスタも作れる。
中抜けのお休み中に小腹がすいたらインスタントラーメンつくったり、パスタ作ったりしてます。

月1回程度で寮の部屋のチェックもあるので大事に使うこと。

月に1回程度で部屋を綺麗に使えているかなどの使用状況のチェックが行われます。
ペットを飼っていないか、部外者を泊まらせていないか、部屋の設備を壊していないかなどを見られます。
自分が寝泊りする部屋は大事に使いましょう。

以上、私の暮らす館内寮についてでした。
不便に感じることもなく生活しています。住めば都、ですね。

▼リゾートバイトの派遣会社に登録~リゾバ先決定までのステップ
http://tecochun.com/resortbaito-firststep/

▼女の子向けの持ち物リスト
http://tecochun.com/resort-baito-mochimono/

スポンサー広告

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク