noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。
3回目のリゾートバイト、通称リゾバの舞台は兵庫県の淡路島。
淡路島の特徴などをご紹介。
リゾートバイトの候補地選びに役立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

淡路島ってどんなところ?


兵庫県と徳島県の間にあるのが淡路島です。

スポンサーリンク

海がとっても綺麗!透明度の高さに驚き!


到着して驚いたのが海の透明度!綺麗なビーチ!
これから暖かくなるのが楽しみです。
釣りをしている人も多く見かけたので機会があればチャレンジしてみたいところ。

東京からのアクセス。羽田空港→神戸空港ならLCCのスカイマークで約1時間半!


まずはLCCのスカイマークの飛行機で羽田空港から神戸空港へ。8千円ほど。1時間半ほどで着くので非常に楽です。
モノレールに乗って神戸空港から神戸三宮駅へ。
その後高速バスで神戸三宮から淡路島のリゾバ先の最寄りのバス停まで行きました。

ホテル入職日は移動と入寮。案内などを受けて終わります。
だいたい翌日から勤務開始です。

仕事で使う物は手持ちの荷物に。すぐに必要ではない物は事前に箱に詰めて送ろう!

今回は移動距離も長く飛行機にも乗るのであまりたくさんの荷物を手で持っては行けないので
生活に必要な物は段ボールに詰めて2箱ほど就業先のホテルに事前に発送しました。
東京→淡路島まで1箱1400円くらいでした。

一週間暮らして気づいたこと

スーパーの買い物が楽しい


淡路の漁港で獲れた新鮮な魚が並びます。
さより!あじ!しらす!ふぐ!
冬の時期の味覚のフグは私が働いているホテルのレストランのメニューにもあります。
スーパーにもフグのお造りのてっさ、皮のてっぴも売っていました。
味はわりと淡泊なのでポン酢などをつけて食べます。おいしい。

淡路島の名産!玉ねぎ!


淡路島の名産と言えば玉ねぎと聞いて実際に買って食べてみました。
とっっっても甘くておいしいです。
丸ごとお鍋に入れてコンソメ入れてぐつぐつ煮てオニオンスープを作って食べました。
ふわふわで甘くて今まで自分が手食べていた玉ねぎは青くて苦かったんだな~と思いました。

移動は不便?電車が無いので移動はバスか車に…

実は淡路島、電車がありません。
バスは走っているのですが料金は高め。
なので島に住む人や島外から通勤する方は車を利用しています。

今回のリゾバ先はネット環境が無いところ。さてどうする?


今回のリゾバ先のホテルの寮はホテルのフリーwifiの電波が届かないところにあるので自分でポケットwifiの手配をすることに。
やっぱりネットが使えないと調べものもできないし不便なので多少お金がかかっても仕方ないかなと思います。

【手段1】派遣会社から借りる

だいたい月5000円ほどで派遣会社からレンタルすることができます。
私も派遣元に希望を出したのですが台数に限りがあり返却待ちになるとのことでした…

【手段2】自分でレンタルする

派遣元のポケットwifiが返却待ちで入職後すぐに手に入らないことが分かったので今回は自分で手配することにしました。
楽天市場などで短期間のポケットwifiのレンタルを行っている業者があるのでそちらで借りることに。
今回は約3カ月の就業期間の予定なのでこちらの業者で3か月でレンタルしました。

各メーカーによって電波の届く範囲が異なってくるので
事前に自分の就業先の寮に電波が届くかどうか調べてから申し込みましょう。
私は楽天市場のこちらのを契約しました。
3カ月で約1,7000円なので派遣元にレンタルするより多少割高ですが許容範囲内です。

もうちょっと仕事に慣れてきたら淡路島の観光スポットなどを紹介したいと思います。
とにかく海が綺麗なので散歩が楽しいです。
頑張って働いて稼いでオフの日には観光を楽しんでワーホリに向けて準備と勉強もしていきます。
それではまた。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事