【洋食編】レストランホールのお仕事!役立つサービススキルを身につけられる!

スポンサーリンク


こんにちは、なたりーです。
私は現在、リゾートバイトの真っ最中です。
とあるホテルのレストランホールで働いています。

今回働いているレストランは洋食のコース料理。
3か月ほど働いた感想と、仕事の内容などご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洋食のコース料理の流れ

食前酒
前菜
冷菜
パスタ
スープ
魚料理
肉料理
デザート
のような流れで食事を提供していきます。
私が働いているところは軽いフレンチのようなスタイルです。
和食の懐石を出していた時は基本的に箸で召し上がるようになっているので洋食はフォーク・ナイフ・スプーンを毎料理で変えていくことに驚きました。

自分で何卓かテーブルを担当して、お客様の食事のスピードに合わせて食事を準備して提供していきます。
お客様が一つの料理を食べ終わったらすぐに次の料理を出せるようにタイミングを見ながら料理のオーダーをデシャップと調理場にかけるのでなかなか難しい作業です。

洋食のレストランホールの仕事を通してできるようになったこと。

テーブルクロス敷き


洋食のコースではテーブルセッティングが必要なので各テーブルにクロスを引くのですが上手な引き方を教えてもらってできるようになりました。
クロスをひけるようになると他のレストランでも活かせる技術なので知っていて損はないかと思います。

お皿の3枚持ち

初日に教わったことはお皿の3枚持ちでした。
デシャップと呼ばれる調理場で作られた料理が集まる場所があって、そこからお客様のテーブルへ一度により多くの料理の皿を運べた方が提供も楽なんですよね。

「お皿の3枚持ちができないと話になりません^^」と言い放たれまして…
一番最初に教わったときは「指が痛い痛い!持てません持てません~!><;」なんて泣き言を言いながらも2日目から徐々に慣れて持てるようになりました。
できる方は4枚持ちもやってますね。少しずつチャレンジしてみようと思います。
でも無理な持ち方をして料理を駄目にしてはいけないのでまずは3枚持ちをマスターが一番だと思います。

トレンチを使わない下膳の仕方

食べ終わったお皿とフォークやナイフなどのシルバーを下げるときのスムーズなやり方があるのですがこんな感じで教わって実践しています。
トレンチと言われるおぼんを使わずにお皿をトレンチ代わりにして下膳をします。
うまくシルバーを使って食べ残しを2枚持ちの指で持っている奥の方の皿に寄せて手前側の皿に重ねていく、という流れです。
たくさん重ねていくと持つ手がぷるぷるしてくるのですが落としたことはまだないかな。

ワインのボトルオープンも勉強中!

ボトルのワインの注文を受けたときにお客様の前でボトルをオープンするサービスが必要です。
コルクを折ることなくカッコよくボトルを開けることができれば、お客様もグッとくるはず。
ソムリエナイフを購入してこれからばりばり練習してオープンできるようになります!

覚えることがいっぱい!だけどこれからに役立つスキルかも!


入職してから3か月が経過しようとしています。ほんとうにあっという間でした。
初めての洋食のコース料理のレストランホール職で覚えることや細かいサービス内容に驚いて最初の一週間は仕事を覚えるのに必死でした。
人間徐々に慣れていくもので今ではなんとかサービスも形になったかなと思っています。
なんだかんだ新しいことを覚えるのって楽しいですね。
ここで覚えたレストランでのサービスがもしかしたらオーストラリアに行った先で活きるかもしれないし!

オーストラリアワーホリの方は結核の検査でビザが下りるのがまだ先になりそうなので、延長希望を出してもう少しここで働こうと考えています。
山梨の冬ってめちゃめちゃ寒いらしいよ…冬を越せるんだろうか…

それではまたね。

あなたの叶えたいことにお金が必要なら、リゾートバイトでの資金集めがおすすめ!


私ははじめてのリゾバで2カ月で約40万円稼いで今年の6月に母と念願のヨーロッパのクルーズ旅行に行ってきました。
住み込みで働くから、家賃・光熱費・食費も無料(もしくは格安)で生活にかかるコストを抑えながら稼ぐことができました。

リゾートバイトは派遣会社に登録して行うものなので派遣会社選びが重要。
同じ就業先であっても派遣会社によって時給に違いが出る場合があるので、リゾバの派遣会社は2~3社登録して求人を比較しましょう。

個人的にリゾバ初心者さんにおすすめなのは担当の方のフォロー体制がしっかりしているアルファリゾートさんです。
時給も高めですし就業先を選ぶ際もコーディネーターの方が丁寧で安心して任せることができました。

もうひとつおすすめなのはグッドマンサービス
業界内で高時給なのでこちらもおすすめ。
どちらかというとある程度リゾートバイトの仕事の流れが分かった2回目以降のリゾバにおすすめですね。

 

ブログランキング参加中

ぽちっとクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク