noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは。ご無沙汰しています、なたりーです。
8月から入職して始めた山梨での2回目のリゾバもとうとうフィナーレ。
長いようであっという間に時間が過ぎていきました。

山梨リゾバは12月も半月ほど延長して、年末年始は神奈川の実家に帰省することにしました。
家族と猫どもとごろつきたい。

サクッと今回の山梨リゾバを振り返ります。

スポンサーリンク

【仕事内容】長時間拘束&高稼働勤務はキツかった


今回の山梨のリゾバの高稼働は8月と11月がピークでした。
12月に入って雪が降ると客足が遠のくみたいです。

高稼働の日は朝は長いと5時間、夜は6時間で合計11時間近く拘束されて中抜け休憩時は体を休ませるために寮で寝るのみ、というような生活をしていました。

忙殺されていたので高稼働時の11月の記憶があまりありません(笑)

仕事内容も洋食のコースを1人で4テーブル(客数としては合計9~12名ほど)を見るので慣れるまでは本当に大変でした。
入職した頃はお皿の3枚持ちもできなかったのに…成長したなぁとしみじみ思います。

正直初心者には向かないホテルでした。
私もリゾバ2か所目でよく通用したなぁと驚いています。
周りの人に支えてもらえたのもあるし、他の人より英語で接客できたから自分のポジションを作れたのもあるし、あとは根性だね。

http://tecochun.com/rizoba-restaurant-french-work/

英語のメニューを作成して数時間分のお給料をもらえた

私が勤めていたホテルのレストランでは定期的にドリンクメニューが変わります。
山梨はワインで有名なのでいろんなワイナリーのものを取り扱っていました。
日本語のメニューはすでにあるのですがインバウンド向けの英語表記のものがないため、現場のマネージャーに依頼されて作成することになりました。
「これ、1時間分のお給料いただいてもいいですか?」と交渉したら承諾してもらえたので少しお小遣いになったかな。
自分のできることで役に立てるのがうれしかったですし、ちゃんと報酬をもらえたのでやってよかったと思いました。
交渉、大事!

【給与】さて肝心な稼ぎの方は?繁忙期と閑散期のギャップ!


8月:24万
9月:23万
10月:21万
11月:20万位
12月:5万位

合計:約93万円(4カ月+半月)
月平均して20万弱、くらいでしょうか。
だがしかし、飲み会で散財したり、休日は従食が支給されないため食費がかさみました。。。
本当に貯金したいなら休日の日もご飯を出してくれるところの方が良いと思います。

【出会い】出会いは一生の宝物。素敵な仲間に出会えた


リゾバでは18,19歳の若い子や大学生、自分と同じ20代の人や40代の方まで、いろんな年代の方と出会います。
一緒に仕事をするスタッフとして接するのですが、そのうち気心が知れて仲良くなる人もいます。

私は同時期に入職した弟のような男の子、そして少し年上のリゾバリピーターで自分と同じオーストラリアにワーホリ予定のお姉さんと気が合って仕事も協力して支え合って、仕事が終わったらしょっちゅう飲んで、休みの日は3人で出かけたりしました。

3人とも好きなものであったり、波長がすごく合って、姉弟のような関係でとても心地が良かったです。
こんな風に思える人と出会えたのは初めてで。短期間でグッと親密になりました。仲良くなるのに時間は関係ないんだなと思いました。

仕事はかなりキツかったけど、2人のおかげで仕事も遊びもかなり充実したかな。頑張れたのは彼らがいたから。本当にありがとう。


私たち3人のうち、最初に期間満了になる姉さんが退寮日にくれたお手紙。うるっとしました。
山梨のリゾバはもう終わるけど、彼らとは連絡を取り合ってこれからも会うような気がする。
派遣スタッフと仲良くなれるので、良い友人と巡り合えるのもリゾバならではかなと思います。

【山梨県といえば】グッバイ富士山。いつ見ても綺麗だ。


朝の早番になると6時から出勤なので日の出前の真っ暗な中ホテルに行くのですが、朝早く出勤すると朝焼けに照らされた富士山を見ながら働けるのはよかったですね。忙しかったけど。
雪化粧の富士山はとてもとても美しく雄大でした。

【観光】観光もちょこちょこ。

河口湖のもみじ祭り

11月中は五大湖の河口湖で紅葉を楽しむもみじ祭りがあって、期間中はよく散歩がてら遊びに行ってました。
祭りの最中は観光客が多くてかなりにぎわっていたのに、終わった後の閑散具合がすごいですね。。。

河口湖円形ホールという小さなコンサートホールでジャズフェスがやってました。
生演奏のジャズが聴けて至福の時間でした。
河口湖周辺の閑散期の静けさに驚いたのもあり、こちらのホールすごく音響も良いし湖沿いでお洒落だからケータリングの業者呼んでいろんなDJイベントでもやってどんどん盛り上げればいいのにな~と思ったのでした。

ミニクーパーを1日レンタルしてドライブ!


ミニクーパーをレンタルできるD-LIVEさんでクーパーを借りて同僚の姉さんと男の子とドライブに行きました。
1日レンタルで1万5千円。複数人で乗って割り勘すればとてもお得です。

せっかくのオープンカーなのだからオープンにしよう!と思いトランスフォームして走っていましたが12月。前日は雪が降って-1℃。極寒すぎて風邪引くかと思いました。
夏なら最高だと思います。夏場の観光にはおすすめ。
私は運転免許を持ってないので運転は終始二人に任せて後部座席でチューハイを飲んで写真撮って遊んでました。

【グルメ】この土地の食を頂く。山梨名物ほうとう。鳥もつ煮。

老舗のほうとう屋さん、不動(ふどう)


仕事は忙しくとも、その土地の美味しいものは堪能したい!
というわけで、スタンダードに山梨名物のほうとうを老舗の不動で。
不動のほうとうは鍋が大きい~!
手打ち麺なのか麺のコシが効いてて美味しかった。野菜もふんだんに使っていてうれしい。
特製の七味を入れて辛くして食べるのが良い。
お店によって個性が出るのでいろんなお店のほうとうを食べ比べするのも楽しい。
山梨に来てからほうとうは2~3軒行って食べたかな。今のところ不動が一番好きかも。

隠れた山梨グルメ、鳥もつ煮


奥藤(おくとお)さんの鳥もつ煮
甘しょっぱいタレにつけこまれたレバーが美味しかった~!
レバーあんまり得意じゃないんだけど、これくらい味がしっかりついてるなら食べられるかな。
ビールや日本酒と一緒に頂きたくなる一品でした。
鳥もつ煮は蕎麦屋さんで考案された料理らしいです。
天ぷらそばもおいしかったなぁ。

【山梨のお酒】仕事を覚えながら山梨ワイン・日本酒を堪能しました。

レストランホールで働いていたこともあり、山梨はワインでも有名ですし日本酒も豊富なラインナップでお客様からオーダーも入るので勉強がてらいろいろ飲みました。

特にワインは自分が担当したテーブルでボトルのオーダーが入るとオープナーを使って開ける必要があるので
お酒を覚える+ボトルオープンの練習をかねてよく卸値で購入させてもらって夜な夜なワインを開けて飲んでいました。
なかでも私が気に入ったワインはこちら!

実益も兼ねて飲んだくれた私が選ぶおすすめ山梨ワイン

中央葡萄酒 グレイス茅ヶ岳(かやがたけ)
国産のワインは海外産のものに比べるとあっさりしがちなのですがこのグレイス茅ヶ岳はほどよい濃さを持ち合わせながら非常にフルーティーな味と香り。
山梨のワインを飲むならぜひ!と必ずお客様にも薦めました。
召し上がってくださったお客様も「飲んでよかった!」と満足されてました。
お肉料理や魚料理にも合うワインです。

原茂ワイン ハラモ・ブラン 甲州
白ワインの中でも、ぶどう自体が持つ酸味が苦手でない方に薦めるワイン、ハラモブランです。
少し辛口でさっぱりとしていて風味もよく、ぶどうの持つ酸っぱさが引き立つワインです。
チーズやオードブルのおつまみと一緒に味わうのが良いかと思います。

すごい賞も取ったらしい井出酒造さんの甲斐の開運。大吟醸、いただきますー!

甲斐の開運 大吟醸
→全国新酒鑑評会 金賞

甲斐の開運 特別純米 北麓(ほくろく)
→インターナショナル・ワイン・チャレンジ・ワイン・チャレンジ 酒/純米部門 銀メダル

どちらもぺろりと飲んでしまいました。風味が豊かで品があって美味しかった…

ちょうど買いに行ったときは新酒が解禁になる数日前で、祖父にプレゼントしたいと考えていることを話したら予約して宅急便の手配もしてもらえました。
こういう地元で頑張っているお店って応援したくなりますよね。

井出酒造店 公式HP

【退寮】増えた荷物は無理せずゆうパックで送っちゃおう。


4カ月半も暮らしていたら、帰省時に必要なものを寮に持って行ったりなどして荷物がだいぶ増えてしまいました。
退去時は、近くの郵便局でゆうパックの伝票をゲットして、テキトーなダンボールに詰めて伝票を貼り、WEBで集荷依頼をかければ郵便局の配達員の方が来てくれます。
山梨→東京間で120サイズであれば1340円/箱くらいで集荷してもらえました。
手持ちでは運べないくらい大荷物になってしまったのでおとなしく宅急便を利用するのも賢い選択だと思います。

さよなら山梨。冬は寒すぎるよ。


というわけで、年末年始は神奈川に帰省します。
少し家族と猫と過ごして、1月の上旬からまた違うところでリゾートバイトをしようと思います。
寒いし温泉が楽しめるところが良いな。

ワーホリ準備も順調!

就業中もなんとか連休を申請して聖母病院で喀痰検査を行ったり、忙しくもちゃんと目標に向けて着々と行動できたのが良かったかなと思います。
検査の方も無事に陰性で問題ありませんでした。ほっと一安心。
次はレントゲンの撮影をして、レポートを書いてもらって、うまく申請が通ればビザが発給してもらえます。
結核にさえかかってなければ、こんなに時間もお金もかけずにサクッとビザが下りてもっと早く出発できたんだろうけど、これも試練だと思ってひとつひとつクリアしていきます。

仕事も過酷で色々あったけど、素敵な仲間に会えたことが何よりの宝物だったかな。
次のリゾバ先でも、いいことがありますように。

セカンドリゾバでの教訓

従食は無料のところにすること。1日2食以上、休日も付いてるところにする。
(従食でスタッフからお金を徴収するところは人件費も削減する傾向にある)
徒歩圏内にスーパー、最低でもコンビニがあるところにする。2ヶ月以上の就業はスーパーがないとしんどい。
洋食コース料理はしんどい
ホテル周辺に飲み屋や遊べるスポットが無いとつらい。市街地に近い方が飽きなくて済む。(空き時間に勉強に専念するなどであれば適してると思うけど)

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事