noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

8月6日は広島原爆の日である。

「この世界の片隅に」を観ていると
普通に暮らす人々の日常が戦争に侵食されていく様子が分かる。
防空壕ができて、食べ物が配給制になって、どんどん男の人が出兵して駆り出されて。
国の悪口なんて言えなくて、普通に暮らしたいだけなのにそれができなくて。
戦争に巻き込まれた何も罪もない人々の暮らしだ。
たくさんの人に観て欲しい映画である。


私は中学生の時に図書館ではだしのゲンを読んだ。
昔の漫画なので結構過激な表現もあるのだけど、それも事実なのだろう。
日本人女性が米軍に女性器に瓶を入れて足で押し込み女性器ごと壊して殺してしまう表現はかなりショックだった。
あとは今でこそ日本は覚せい剤が取り締まる法律があるが戦時中は疲労を回復する薬として「ヒロポン」「ゼドリン」という名前で売っていたそうだ。
裸足のゲンのキャラクターがヒロポンを使用してかなりおかしくなってしまう表現なども子どもながらに驚いた。
ちなみに「ヒロポン」は特攻隊員の突撃する死の恐怖を和らげるためにも使用する者がいたという。
戦争と覚せい剤

しんどい内容というのは受け入れがたいものである。

私の祖父は特攻隊のパイロットの予科練生(訓練生)だった。
飛行機に乗って、敵軍に突っ込んで死ぬための訓練をしていたのだ。

数年前に、鹿児島県にある知覧特攻平和会館を訪れた。
そこには特攻をして命を落とした隊員たちの顔写真や、彼らの私物、突撃前に書いた手記などが展示されている。

生々しい。彼らは普通の青年たちだ。
もっと生きたかっただろうな、やりたいことがあっただろうな。

なかでも目を引いたのは上原良司という青年の遺書である。
彼は慶応大学経済学部在学中に学徒出陣となり、特攻隊員として22歳で死んだ若者だ。
靖国神社には行かないよ ―― ある特攻隊員の遺書

「権力主義、全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも、必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。我々はその真理を、今次世界大戦の枢軸国家において見る事が出来ると思います。ファシズムのイタリアは如何、ナチズムのドイツもまた、既に敗れ、今や権力主義国家は、土台石の壊れた建造物のごとく、次から次へと滅亡しつつあります。真理の普遍さは今、現実によって証明されつつ、過去において歴史が示したごとく、未来永久に自由の偉大さを証明して行くと思われます」。

「空の特攻隊のパイロットは一器械に過ぎぬと一友人がいった事は確かです。操縦桿を採る器械、人格もなく感情もなくもちろん理性もなく、ただ敵の航空母艦に向かって吸いつく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬのです。理性をもって考えたなら実に考えられぬ事でも強いて考えうれば、彼らがいうごとく自殺者とでもいいましょうか。精神の国、日本においてのみ見られる事だと思います。一器械である吾人は何も云う権利もありませんが、ただ、願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を、国民の方々にお願いするのみです。こんな精神状態で征ったならもちろん、死んでも何にもならないかも知れません。故に最初に述べたごとく、特別攻撃隊に選ばれた事を光栄に思っている次第です」。

「飛行機に乗れば器械に過ぎぬのですけれど、いったん下りればやはり人間ですから、そこには感情もあり、熱情も動きます。愛する恋人に死なれた時、自分も一緒に精神的には死んでおりました。天国に待ちある人、天国において彼女と会えると思うと、死は天国に行く途中でしかありませんから何でもありません。明日は出撃です。過激にわたり、もちろん発表すべき事ではありませんでしたが、偽わらぬ心境は以上述べたごとくです。何も系統だてず、思ったままを雑然と述べた事を許して下さい。明日は自由主義者が一人この世から去って行きます。彼の後姿は淋しいですが、心中満足で一杯です。云いたい事を云いたいだけ云いました。無礼を御許し下さい。ではこの辺で。出撃の前夜記す」。
靖国神社には行かないよ ―― ある特攻隊員の遺書

彼は日本が敗戦することを分かっていながら、機械の一部として死んでいくけど、飛行機を降りれば一人の感情を持った人間で、大切な人が亡くなったことに心を痛めているのだと。
戦争に人生を翻弄されたけど、自分の人生に対してなるべく前向きに意味を持たせて突撃していった。

未来ある素晴らしい若者たちが死んでいったのだと思うし無念にも思う。
戦争は絶対に繰り返してはならない。

形を変えて戦争をしようとする政府にNOを突きつけなければならないし
自分や、自分の大切な人を守れるようにしなければならない。
戦争を美談にしてはいけないと強く思う。

遠いところだけど知覧特攻平和会館いいところなので機会があればぜひ行ってみてください。

知覧特攻平和会館
住所:〒897-0302 鹿児島県南九州市知覧町郡17881
知覧特攻平和会館公式サイト

原爆を落とされたり、その後日本がされたこともひどいけど。

でも日本は被害者でもあり、加害者でもあったわけだ。
原爆を落とされてひどいことをされたから、ということが理由で加害者だった事実をなかったことにはできない。

韓国の慰安婦問題だって大量虐殺だって、事実だ。
かわいそうな原爆被爆国、であると同時に他国に対してしてきたことを受け止めることが必要だろう。

自分たちに都合の悪い歴史を修正しようとするのはズルいことだ。
自分たちがしてきたことも、されたことも事実として受け止め向き合い、今と未来について話し合える国家はより文明的なのではないだろうか。
目をそらしてはならない。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事