noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは。なたりーです。

なたりー
20年間連絡を取っていなかった父にメールをしました。なぜ今連絡をしようと思ったのか。対人関係において後悔を残さないためにどうしたら良いのかと書いています。
スポンサーリンク

両親の離婚理由は父の暴力。

私の愛する母は2回離婚をしています。

私の血の繋がっている実の父と母は私が小学二年生の時に別居をしました。

理由は父が母に暴力をふるったことです。

私のトラウマ。早朝5時にコジコジを見ていたら母が殴られていた

父は母に暴力をふるっていたんですが
ある休日の朝、私は早朝にテレビで放送されるコジコジを見るべく早起きをして
居間でテレビを見ていました。

何やら隣の部屋で大声がするので見に行ってみると
父と、父の姉、母がいて

母が正座をして父の姉に殴られていたのです。

信じられませんでした。

父が母に暴力をふられた理由
父の姉が母に暴力をふるった理由

暴力にいたる理由がきっと私の知らないところで色々あったのでしょうが、
実際に手をあげた父も、父の姉も、今でも絶対に悪いと思っています。
私は大好きな母を殴った彼らを許せません。

なので二人が離婚をして、少なくとも母が暴力から解放されて自由になったことを喜びました。

当時私はまだ8才で親に頼ることしかできず弱い存在でした。
何も母にしてあげることがありませんでした。
今では自分でお金を稼いでいるし母と兄と協力しながら暮らしていました。

母が小さい私と兄を連れて家を飛び出したこと、
私たち子どもを置いていく選択もあったこと
両親が離婚をして、母がシングルマザーとして私たちを育ててくれたことに感謝しきれません。

父とは20年ほど離れて暮らしています。
離婚調停の期間に少し顔を合わせたくらいでした。

両親が正式に離婚したとき
父とはきっと二度と会わないのだろうな。と思いました。

今は私も大人になり、親に頼らずなんとか自分のことは自分できるようになりました。

そして数年前、母方の祖母が亡くなりました。

身近な人が亡くなると
もっとあの人に対してできることがあったんじゃないか
会えなくなってできなかったことを後悔するのはもういやだ

と考えるようになりました。

人間関係においても、今自分にできることをするって大事だと思う。
なるべく誠実でいること。真摯に向き合うこと。(しかし無理をしない範囲で)

自分なりにでいいから
その人との確執をほぐしていくこと
少しだけ歩み寄ることでより良い関係を築いていこうと思いました。

スポンサーリンク

20年連絡を取ってなかった父にメールを送る。

私は、20年間連絡を取っていなかった父にメールをした。

今さら突然連絡をして何をしようというのか。
父をただ驚くかせて困らせるだけではないか。

内容は色々悩んだんですが

元気にしていますか?
ふと、気になったので連絡をしました。
私は今オーストラリアに来ています。
お母さんやお兄ちゃんも元気にしているよ。
健康には気をつけてね。

そんな簡単な文章しか書けませんでした。

返ってきた父のメールには

母や兄の近況を知って喜んでいること
私がオーストラリアで生活していることに驚いたのと
一念発起して自分も今最近英会話スクールで英語を学んでいること

そんなことが書いてありました。

私にとって父は8年しか共に暮らしておらず
私の中での父は厳しく少し気分屋で、いつどこで怒りのスイッチが入るのか分からない恐ろしい大人でした。
アウトドアが好きで、私や兄をよく海や川に連れて行ってくれました。
父との記憶はそれくらいです。

しかし20年経った今、他人よりも少しだけ近い距離にいる大人同士として話ができるのではと思いました。

スポンサーリンク

後悔しないために

私にとって父に連絡するのは少しだけ勇気がいることでした。
急がずゆっくり新しい関係を作っていこうと思います。

何か問題や衝突があって疎遠になってしまった人とも
自分から心をオープンにすることで
からまった糸をほぐすことができるんじゃないかな

自分が歩み寄ったとしてもその人と必ず分かり合えるとは限りません。

でも、せめて自分の扉は相手のために開いておくことが大事なように思います。

それが、私にとって後悔しない人生を歩むために大事なことなのかもしれません。

自分が幼すぎてありがとうやごめんなさいを言えなかった相手

過去に、自分が幼すぎてありがとうやごめんなさいを言えなかった相手がいます。

それは、配慮の無い行動をして困らせてしまった祖母や、心ない一言を浴びせてしまった高校の同級生、喧嘩別れみたいになったバイト先の上司。

もう亡くなってしまって会うことができない人や、言うタイミングを逃してしまった相手もいて
私には「申し訳なかった気持ち」の後悔が蓄積されているんです。

せめて伝えることができる相手には、どんなに時間が経っても良いから自分の思いを伝えようと思っています。

そして、なるべく後悔をしないように日々精一杯誠実に生きること。
目の前の人に対してできる限り真摯であること。

対人関係において自分がこうありたい、と思うスタンスが少しずつ見えてきました。

これは私の世界の小さな革命です。
プライベートで少し恥ずかしい部分もありますが
自分の中で起こる内面の変化も綴っていこうと思います。

あなたも小さな革命を起こしていますか?
お互いより良い人生にしていきたいですね。頑張りましょう。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事