noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

最近、変わった人に出会って身の振り方を見直す機会にもなったり、
過去に自分に対して色々教えてくれた人たちにとても感謝しているので書き残しておこうと思う。

スポンサーリンク

私が出会った地雷ちゃん

パースで出会った知り合いを同じ職場(ジャパニーズレストラン)に紹介した。
知り合いといっても一度会っただけで、その後はメッセンジャーでやりとりをしていた。
その人は愛想は良く、初対面の印象は良かったのだが
実際に職場で一緒に働いてみると予想外に残念な人だったのである。

仕事の自体はあまり要領が良いとは言えなかったのだが、
自分中心の考え方
気を遣ったり、周りを見て行動できない

なによりミスをして人から注意を受けても自分のことして反省できない点この点が一番周りをガッカリさせました。

ミスはするのは悪いことじゃない。私だってミスはする。
注意を受けた時にちゃんと受け止めて、反省をする。
そして自分でリカバリーをして、次は失敗しないように試行錯誤する。

人から注意されることが嫌いな人、受け止められない人はプライドが高いのだろう。
そして注意する人への尊敬の気持ちがないので本気で言葉を聞けない
「なんであなたに言われなきゃいけないの」
「ここは私のいるべき場所ではない」
「自分は悪くない」

自分は悪くないという気持ちがあると人からの助言や注意を聞く気にはならないだろう。
それが前面に出てしまうと、アドバイスする方も「この人に何を言っても変わらない」と諦めエネルギーを使って相手に伝えることをやめてしまう。

仕事ができてプライドが高い人なら自分の経験ややり方が構築されていて自信があってもおかしくないのだけど
仕事ができなくてプライドが高い人って、雇う立場から見たらただ扱いづらいだけだから使いたくないよね。と思う。

他人の人の身の振り方を見て、いくつになっても謙虚な気持ちを持ち続けることの重要性を感じました。

アドバイスは、成長できる機会

何歳であっても、私は初めての環境(職場、新しい場所)で新人の時は人からアドバイスをもらうときは真摯に受け取った方が良いと思っている。
例え相手が年下であっても、学べることはたくさんあると思ってリスペクトの気持ちを持って接する。

注意をしてくれる場合のほとんどは自分をよくしよう、もっとレベルを高いところに導いてあげようとしてくれるものである。
取り入れなければそのままの自分だけど、そのアドバイスを取り入れたら自分+1になれるのである。
やらなきゃ損だよね?やってみて間違った方法だったらその時捨てればいいじゃない。という考え方だ。

機嫌だけで理不尽に怒る人の発言とはまったく種類の違う注意だということにその人は気づいていなかった。

私はその人を見て今まで自分を叱ってくれた、大事なことを教えてくれた人たちにひどく感謝した。
きっと彼らが言ってくれたのは、私に言って響くと思ったからなのだ。

結局、周りの人はその人に対して何も言わなくなった。
「この人に何を言っても無駄」と思いその人に関わることをやめたのだ。

何も言われなくなったことを喜ぶべきなのだろうか?
私は、その人は成長する機会を無くしてしまったのだと思う。
言ってもらえるうちが花とはいうが本当にその通りだ。

信頼を失うと、いろんな良いこと人づてのご縁がなくなる

他の人から関わりたくない人認定をされてしまうと何が起きるのか。
まずは成長できるきっかけ。
そしてもし良い話(ビジネスやご厚意)の話をするに値しない人と思われてそこからつながるご縁を失う。
成長できる機会と、信頼から得られたかもしれないご縁を損失したのだ。

自分は完璧じゃないことを肝に銘じる

私は自分が完璧ではないことを知っている。
だからこそ、自分をより高みに導いてくれるアドバイスを真摯に聞く。
それはもしかしたら大きなことではないかもしれないけど、業務の効率化のヒントであったり、新しい考え方や視点を与えてくれるかもしれないからだ。
たくさん吸収できるものは吸収して、いらないと判断したら捨てれば良いだけの話なのだ。

それを謙虚に聞けない、素直に聞けないのはいろんなものを得られる機会を失っているということだ。
まぁ、本人は鈍感だからそんなことは気づかないで人生を終えるのだろうけど。

少なくとも自分は、いろんなことに気を配れるセンスを持ちたいと思う。

だからこそ、今までの人生の中で至らない私に対して指導してくれた上司や先輩たちにとても感謝した。
仕事への姿勢とか、処世術とか、具体的なテクニックも。
彼らはなぜエネルギーを使って私に対して建設的な助言や注意をしてくれたのだろうか。
それは私が物事に対して本気で取り組んでいたからだろう。

いくつになっても、何に対しても学ぶ気持ちでいれば、いろんなものを得ることができる。
周りの人があなたを一段階上のレベルに引き上げてくれることもあるだろう。

世の中には、いろんな人がいます。
目標になる人もいれば、こんな人にはなりたくないという反面教師になる人も。
私は謙虚に素直に、愚直にこれからも進んで行こうと思う。
人の振り見て我が振り直せ、ですね。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事