noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

時間とのたたかい。

浅草駅そばにある創吉さんで行いました。
切子グラス体験 創吉

切子グラスづくりの流れ

  1. グラス選び
  2. デザイン選び
  3. 下書き
  4. 掘る

掘るグラスを選びます。
プラスでお金を払えば色付きグラスも選べます。

私が選んだのは底が厚いグラス。
浮き上がって見えます。
底部分も深めに掘れば浮き上がって見えるとのこと。

はじめに自分が掘りたいデザインを選びます。
油性ペンで掘るラインを下書きします。
私は花火の柄にしました。

スポンサーリンク

真っ直ぐに線を入れるのが意外と難しい!

すぐに自分が選んだグラスに掘りを入れていくのではなく、機械の使い方を練習させてもらえます。

砥石のある部分にグラスの側面を当てて削っていきます。
砥石に当て部分を深く当てると太く強い線になります。
結構真っ直ぐで綺麗な線を入れるのが難しいです。
」のように線をクロスさせるカットが結構大変です。

強弱をつけると綺麗に仕上がります。
機械を使うのが慣れるまで大変!
でも楽しい〜!

スポンサーリンク

映える写真スタンドで掘ったグラスを特別なものにしよう

掘り終わって完成したら写真を撮影します。
素敵な写真台を利用して自分の手持ちのカメラで撮影が可能です。
スマホでも良いですが、デジカメを持っていくと綺麗に撮れるのでおすすめ。

浮き上がって見えるとはこのことか〜!とっても綺麗!

グラスやデザインを決めるのにかなり時間がかかってしまい
終盤は掘る作業が時間が足りなくなってしまいました。

事前に掘りたいデザインを決めておいた方が良いと思います。
考える時間を省略してすぐ掘り作業に取りかかれるように!

なたりー
マイグラスでお酒を飲むとなんだか一口一口大事に飲もうと思えますね。

とっても楽しかったのでまたチャレンジしたいと思います。
それではまた次の記事で会いましょう。

創吉
住所:〒111-0034 東京都台東区雷門2丁目1−14
切子グラス体験 創吉

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事