noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

ベビーシッター、オペア、デミペアって何が違うの?それぞれの違いとメリット&デメリットを解説

オペア(Au Pair)デミペア(Demi Pair)という滞在方法があります。
オペアはベビーシッターと家事手伝いを行う家政婦のような仕事。
デミペアはオペアのパートタイム版のようなものです。

無給・有給の違いもありますが
ホストファミリーのお家の部屋に住んで住居費・食費が無料になる代わりに子どものお世話や家事手伝いをする必要があるお仕事、というわけです。

オーストラリアで暮らすためにかかる費用ってどれくらいなの? パースでシェアハウス住みの場合

パースにおいては家賃はシェアハウスなら400〜500ドル月にかかる。
食事代は人にもよるだろうが200〜300ドルくらいでそんなに外食しなければ生きていけると思う。
家賃・食費にかかる費用は600〜800ドル。
デミペア・オーペアはホストファミリーのお手伝いをする代わりにこれらの費用がかからない、というメリットがある。

時給はジャパレスで働くとしたら最低賃金は18ドル。
15時間働いたら週270ドル、月にすると1080ドル分となる。
時給で考えるとデミペア・オーペアをするよりもジャパレスで働けばその分のお金は稼げるということです。(ローカルジョブだともっと時給が良いです)

考えられるデメリットとしてはデミペア・オーペアをしているとホストファミリーの仕事が優先になるため、スケジュールが組みにくい。

オーストラリアで仕事(ジャパレス・ローカルジョブ)につける自信がなく、資金もそんなに無いのであれば最初の滞在方法としての選択肢としてはアリだと思います。
英語に多少自信があるならジャパレスでもローカルでも働けばシェアハウスに住んで自由に過ごせますよ。

保育・教育関連の仕事につきたい人には良い経験になるかも。

一年間オーストラリアでデミペアを経験されたNamikoさんの体験談!

この方は児童英語教師の資格も取られているし。
教育・保育関連の仕事に就きたい人にとってはデミペア・オーペアワークは非常に良い経験だと思う。

オーストラリアのご家庭の文化・習慣などを知ることもできるし、日本でもオーストラリアでも教育関連に従事したいと考えているならこの経験はきっとプラスに作用すると思います。

オーストラリアでの滞在方法について考えている方のお役にたてば嬉しいです。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事