noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

ども!なたりーです。

とうとう私、オーストラリアに出発することになりました。
出発前夜です。

スポンサーリンク

私は、ワーキングホリデーに行くことを決意してからの一年で何が変わったか。

私がオーストラリアへのワーキングホリデーを決意したのは約一年ほど前。
約二ヵ月のリゾートバイトをして母と地中海クルーズ旅行を実現したときに
リゾートバイトみたいな派遣のお仕事でもお金が得られれば自分がやりたいことが実現できるんだ」
と気づいたのでした。

ワーキングホリデーとなると一年間の滞在ビザが得られるというもの。
私がワーホリに行くためには試算した結果100万円前後が必要だと考えました。

ワーホリに行きたい!行くための努力をしよう!と思い行動してきた結果

  • 計画力
  • 節約癖
  • モチベーションを維持する力

が身についたと思います。

計画力
リゾートバイトは短期でのお仕事なので(長期で働かれる方もいますが)
自分がオーストラリアに渡航する前までにいくらお金が必要だから稼ごう、という目標設定をして
そのために月●●万円稼げる職場で働こう。
この月にはビザを申請して、会社に属しているうちにワーホリ中で使いたいクレカや銀行口座の発行なども行いました。
自分のワーキングホリデーや留学のためにいつまでに何が必要か、いくら必要なのか。
同時進行でやっていく必要があるため、調べる力や計画力が身に付いたように思います。
正直出発間際でどたばたしているんですが、住民票を抜いたり、年金・住民税、保険の申し込みなども一応事前に済ますことができたので
またブログで書きたいと思います。
特別な学校に行きたいと考えている方以外は、エージェントは使わず自分で手続きなどを行ったほうが知識もつきますし仲介料をはらう必要もないから安く済ますことがきてサバイバル能力も身につくので良いかと思います。

節約癖
リゾートバイト中は家賃・光熱費・食費が無料のメリットを活かして上手に貯金をすることができました。
むしろ余裕も生まれて、これを元手に資産運用のお勉強をしてもいいかも、と思ったほどです。
毎日昼も夜も仕事に追われて、支払いに追われて手元にお金が残らないような生活が得られたのでとても驚きました。
リゾバは職場選びが何よりも重要ですね。
いかにしんどくない職場で稼ぐかが大事。
そして、生活の中で必要な経費を抑えながら貯金していく。
今まで家賃も自分で払って来た人にとってはそういう固定費がガクっと減るので
通帳の残高を見るのが楽しくなると思いますよ。

モチベーションの維持
生活コストをおさえながら働くことができるリゾートバイトで資金を調達するにしても
一年近く働かなければならないし、モチベーションが続くのだろうか…と思いました。
ホテルの仕事は長時間拘束ですし、少々キツい仕事もありますが(現場にもよるけど)自分に務まるのかどうか不安に思っていました。
リゾートバイト先に同じ派遣のスタッフで、ワーキングホリデーの為に働いている人との出会いもあって、情報共有をしながら頑張ることができたのはとてもラッキーだったと思います。

また、Twitterで同じように自分と同じようにリゾートバイトをしていたり、ワーキングホリデーに行っている方のツイートを見ることで
自分と同じようなところで頑張って、やりたいことを実現させている人がいることに勇気づけてもらいました。

リアルでは仲間や同志と出会えなくとも、ネットでも自分が発信したり、探すことで見つけることができるんだなと分かりました。

正直、手続きやお金周りのことなどの準備ばかりで英語学習に時間を割けなかった部分もあるのですが
自分にとっては「エージェントに頼らず自力でワーキングホリデーに行って外国でも生活できる力をつけたい」と思っていたので
ここまでの準備を自分一人でやり切ったことは褒めてあげたいです。

ワーホリ準備でおこなったことなども記事をまとめていくので
参考にしてくだされば幸いです。

それではまた次回。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事