noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。
リゾートバイトでお金を貯めてついにやってきたオーストラリア、パース。
ホームステイからシェアハウスにお引越しもして、滞在先が落ち着いたので次のミッションは仕事を見つけること!

スポンサーリンク

そう、とにもかくにもお金を稼がねば!情報サイトの求人をチェック!

ということでパース通信日豪プレスの求人に載っていて
「興味のある方はレジュメをメールで送ってください」
と連絡先があるところには片っ端からレジュメを送りました。

スポンサーリンク

レジュメはどう作る?

レジュメ(履歴書)の作り方はこちらのサイトを参考にしました。
【確実に仕事をゲット】仕事探しに使える英語例文集13選、ワーホリ向けレジュメ配布編
【レジュメ公開】オーストラリアワーホリの為の英文レジュメの書き方

外国のレジュメは日本のような履歴書のフォーマットがなくほぼ自由形式でOKだそうなので
ジャパニーズレストランでの勤務なので飲食店での勤務経験が評価されるだろうと思い
渡航前にリゾートバイトで働いたホテル三か所のレストラン内の写真なども載せました。
レジュメは私はGドキュメントを使用してGoogleDrive、もしくはUSBに保存してオフィスワークスで印刷。

スポンサーリンク

レジュメを送った後、採用までの流れ

私がメールでレジュメを送ったのは10件ほど。
返信が来なかったり、お店が求めるシフトと私が働きたいシフトが合わなくてお断りされたところもありました。
募集しているお店に行って直接マネージャーさんにレジュメを渡すのも効果があるそうです。
お店の人も忙しいからなかなかメールチェックができない場合もありますしね。
顔を覚えてもらって直接アピールするのも手だと思います。

  • 日本食の居酒屋よりのレストランのホール職
    面接→採用→トライアル→トレーニング→とある事情のためお断り
  • 日本食のテイクアウェイ(持ち帰り)のキャッシャー・キッチンハンド職
    電話時に即採用→トライアル→本勤務

現在働いているのはテイクアウェイのところです。
メールでレジュメを送ったら店長さんから電話がきて

店長さん

ちょうど今度一人ワーホリ期間が終わりで辞めるので欠員が出るので来て欲しい。
キッチンハンドはできますか?

なたりー

キッチンハンドとして働いたことはありませんが
ホテルに勤めて居た時は最後の簡単な盛り付けくらいと家で料理をしてます!
(ホテルでの盛り付けって言ってもスープにクルトン入れてパセリかけるくらいですが)
(家で料理するって言っても炒め物くらいしかしないですが)

店長さん

OK!来てください!

ということでキッチンハンドとしてデビューすることになりました〜
キャッシャーも兼任するのでオージーのお客様相手に英語も使うので接客英語の勉強にもなるし
オーストラリアのキャッシャーの使い方を覚えたら他のお店でも雇ってもらえる可能性が高くなります。
キッチンハンドも多少できればポイントが高いと思います。

オーストラリアのワーホリは一か所目を決めるのが大変と聞きました。
せっかく採用してもらえたので、お仕事早く覚えてお店の役にたちたいですし
この経験を無駄にしないで次に生かす努力をしていきたいですね。

キッチンハンドってどんなことをするのかな?

キッチンハンドもがっつり料理するのかな?と不安に思ったのですが
メインで料理をするのはシェフなので、トマトのヘタをとってカットしたり
揚げ物の仕込みをしたり、その他のお惣菜(出来合いのもの)のパック詰めなどをしています。
サラダ用の野菜たちをスライスしたり
出刃包丁を握って作業をしたりするのですがきちんと扱い方を教えてくれたので
家の料理と変わらないし、案外私にもできる!と思いました。

店長さんがもらした言葉「キッチンハンドってそんなに難しいことやるわけじゃないんだけどハードル高く感じてる人が多いんだよね」

採用されてトライアルが終了してお金をもらって働いているときの会話

店長さん

ずっと求人の募集をかけて居たんだけど全然応募が来なくって困ってたんだ。なたりーさんがやっと連絡くれた人なんだよ〜

なたりー

え、そうなんですか?
でもたしかに私も今までホールの仕事は経験してましたけど調理の仕事はしたことがなかったし、キッチンハンド職は未経験にはハードルが高いと思って応募するのためらいました

店長さん

ほとんど簡単な仕込みのお手伝いなんだけどね。他の調理も徐々に覚えてもらえれば嬉しいけどね!

調理の仕事をしたことがなくても、多少家で料理をしたことがあるくらいでも雇ってくれるお店もあるんだなということがわかりました。
ジャパレスの魅力は時給は低いけどまかない食べさせてもらえたり、余ったお寿司などもいただけるので食費がかなり浮きますね。

ジャパレスの時給ってやっぱりこれくらい。

時給は18ドルで、税金引かれて15ドルほど。
ローカルの仕事に比べたらとても安いけど、1ドルでも稼ぎたい最初の一歩としては上出来。

引かれた税金はタックスリターンで返ってくるはずなんだけど、オーストラリアの政府がワーホリメーカーの収入に対してかける税率などもころころ変わっていて戻らない
可能性もあると言われました。
しかし、月400ドル以上の給与をもらう場合には、雇用主側がスーパーアニュエーションという年金・退職金の基金にお金を積み立てておいて、ワーホリメーカーは途中でその積み立てたお金をもらうことができるそうです。

タックスリターンで引かれた税金は戻らないかもしれないけど、
アニュエーションでお店が積み立ててくれたものは手続きをすれば受け取れると思っていればいいのかな。
ということでオーストラリアでお仕事する際に必要なのは

  • 振込先給与の銀行口座
  • タックスファイルナンバー(TFN)
  • スーパーアニュエーション(年金基金)の情報

タックスファイルナンバーはオーストラリアの国税局HPで申請
スーパーアニュエーションのファンドは銀行で作ることができるので直接銀行の窓口へ

これで仕事をゲットして働らくための手続きは完了です。

まさか自分がキッチンハンドのお仕事をするとは思って居なかったけど
仕事は新鮮で楽しいです。
楽しんで働きつつ、いろんなことを吸収したいな。

それではまた次の記事で。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事