noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

なたりー
今回はパースにあるAPSI(Australian Professional Skills Institute)という職業訓練センターでコーヒーを作るバリスタのトレーニングを受けてきました!

パースは夏らしい気候に変わってきました。
そう、観光客も増えて求人が増えるシーズンです。
いろんな求人サイトを眺めている私です。


日本のコーヒーショップでバリスタやってた経験はあるんだけどオーストラリアってどこのお店も置いてるマシンが違っていて扱えるか不安だしコーヒーの種類が多くて求人に応募する勇気はないな〜バリスタトレーニングなんてないのかな?

と思いながらロイヤルパースホスピタルの近くのオフィスワークスで文房具を買おうと思ってふらふら歩いていたら

Barista Training!ポスター!!
職業訓練センターみたいな場所を発見!
一日コースがある〜!
Australian Professional Skills Institute

ということでWEBで検索してどんなことをするのか調べて見たところ

各種コーヒードリンクの作成
基礎知識
マシーンの洗浄方法など
受講したらサーティフィケイト(証明書)ももらえるそうです。
RSAと良い、証明書が大事な社会なのねオーストラリア…

よし、やってみよーう!月に1回行われるので事前予約が必要です。料金は120ドル


APSIで行われる1日コースのバリスタトレーニングは月に1回行われています。
事前予約が必要でHPのフォームから必要事項を記入して申し込みをすると登録完了のメールが届きます。
指定された口座に振込み(120ドル)を行えば終了です。
「Enroll now」から予約フォームにいけます。

Barista Training CourseーAPSI

トレーニング当日 


特にエプロンなども持って行かずに汚れても良さそうな格好(バイトで使っている黒Tシャツ・黒パンツ)で行きました。
他の参加者もTシャツにジーパンなどラフな格好の方がほとんどでした。


ASPIのトレーニングセンター内に入ると
マシンが2台並んでいます。
日本のコーヒーショップで使っていた時のマシンはミルクフォームを作るスチームがつまみ状の物だったのでレバー状の物を扱うのは初めてでした。

スポンサーリンク

普段TAFEで教えている先生がレクチャーをしてくれます

講師の方は普段はTAFEというオーストラリアの専門学校でプロフェッショナルを目指す方々を相手に教えている先生でした。
英語も聞き取りやすいですし質問したらしっかり答えてくれるし一人一人ちゃんと作れているかチェックしてくれる良い方です。
この日は12名もの参加者がいました。
国籍も色々、老若男女様々な方がいて日本人は私だけでした。
高齢のおばあちゃまもいてお家でエスプレッソを作るのよとおっしゃってました。
参加した周りの方も優しくて楽しんで学ぶことができました。

スポンサーリンク

テキストは冊子。レシピが載っています。


トレーニングを受けるフロアに入るとこの冊子をもらえます。
コーヒー豆の基礎知識やドリンクのレシピも記載されています。
トレーニング中は特にこのテキストを読むような座学はありません。
講師の先生の説明を聞いてどんどん実践してコーヒーを作っていくので飽きません。
トレーニング終了時にテストが行われる訳ではありません。わーテキスト暗記しなきゃ!!と焦らなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

授業の流れ

  1. 器具の使い方
  2. エスプレッソの抽出方法
  3. ミルクフォームの作り方
  4. 各種ドリンク作成
    (カフェラテ、フラットホワイト、ショートブラック、ロングブラック、ベトナムコーヒー、ホットチョコレート)
  5. マシンの洗浄方法


などなど、基本的なものと他のドリンクを少しを実践で作りました。
2台のマシンに対して参加者が12名だったので二人1組に分かれてエスプレッソ抽出する人とミルクフォーム作る人を分担してドリンクを作りました。
一緒に組んでくれた女の子が優しかった(*^^*)

レジュメのレファレンス欄に講師の名前を書いて良いよと言われる

レジュメにレファレンスのという自分がどんな人かを証言してくれる人の連絡先を記載する箇所があります。
例えば前職のボスとか、ボランティア先のマネージャーさんとかですね。
レジュメを送った先の人が私がどんな人かを知りたい時に連絡して聞くことができるように、です。(本当に連絡する人がいるのかは謎ですが)

講師の先生「レジュメに僕の名前書いて良いよ〜メールアドレス教えるから質問あったら聞いてね〜^▽^」
ととてもフランクで優しい対応でした。
オーストラリアでの職歴が浅い自分にとってはレジュメのレファレンス欄が埋まることってありがたいことです。

サーティフィケイト(証明書)は後日APSI受付でもらえます


トレーニングを受けた日はサーティフィケイトを受け取ることができません。
メールで問い合わせてPDFデータでもらえないか聞いたところ難しいようで
後日APSIの受付で発行されたサーティフィケイトを受け取りに行くことに。場合によっては郵送対応もしてくれるみたいです。
受け取った証明書をそのままoffice worksに持って行ってスキャンしてデータ化しました。(料金25セント)


Australian Professional Skills Institute
200 Wellington St, East Perth WA 6004
HP

さて、この資格を活かして職がゲットできるのでしょうか?
頑張りまーす!

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事