noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

以前人から置かれた場所で咲きなさいという本
こちらはノートルダム清心学園の理事長であった渡辺和子さんというシスターが書いたエッセイです。
宗教に基づいた一つの価値観として素晴らしいと思うので興味がある方はぜひ読んでみてください。

なたりー
置かれた場所で無理して咲かなくても良いんじゃないか、という話をしようと思います。
スポンサーリンク

置かれた場所が、あなたを傷つける場所である可能性もある

置かれた場所に意味を見出すことができない場合もあります

どこも幸せな家庭である可能性はない
もしかしたら、親とそりが合わなくて苦しい思いをしてる人もいるでしょう
血縁というだけで、一緒にいなければいけない理由はありません
離れていた方が幸せである場合もあります
そこで我慢し続けて、自分の自尊心を奪ってしまう可能性もある

入った会社や職場が自分から元気を奪うところの可能性もある
暴言や人とたくさん比べられて自分のことを無能だと思ってしまったり

学校だって、自分の居場所だと思えない場合もある
クラスに溶け込めなかったりいじめがあったり

そういう決まりきった枠に自分をはめなくても良いんじゃないか
「自分にはもっと違う輝ける場所があるんじゃないか」と思うことは悪いことではないと思います。

居場所は探し続けても良い
たくさんあっても良い
なければ作る人になっても良い

スポンサーリンク

私は私のことが大事!自分を守ってあげられるのって最後は自分自身しかいない

昔、中学クラスメイトに結構やんちゃしてる同級生がいたんです。
先生にたてついたりしてて。
その頃仮面優等生だった私は先生に反抗するなんていけない子だなぁ内申点下がっちゃうぞ〜なんて思ってたんです。

でもその子が
私さ、本当に合わない環境だったりしんどいことがあった時って逃げても良いんだと思うんだよね。
だって自分の心の方が大事だもん!

って言ったんですよね。

今でもその言葉がすごく記憶に残ってるんです。結構大事なことだと思って。

中学生の悩みなんてくだらない!と思うかもしれませんが
中学生には中学生の
大人には大人の悩みが大なり小なりあるわけです

環境が本当に自分に合っていない時は
自分の心が死んでしまう前に場所を変えるべきだと思いました

でも彼女の言葉で自分で自分を守ってあげなくてどうするんだと。誰が守れるんだと。
先生でも上司でも親でもなく、自分で守らないといけない。

なので自分のことを大切だと思える自尊心がすり減るような場所に身を置き続けてはいけないと思います。
あなたのことを根本から否定するような発言をする人。
上下関係もあって言われるままだとどんどん自信を無くしていってしまいます。

自分なんていてもしょうがないんだ、と思うような場所を居場所だと固執しなくて良い。
自分の居場所はもっともっとたくさんあるはずだから。

スポンサーリンク

足るを知る、は大事なこと

今ある幸せに気づくことの大切さには共感します。

例えば、
病気もなく健康でいられていること
大切な家族がいること
信頼できる友人がいること
とりあえずなんとか生き伸びてること

当たり前にあるこの幸せに感謝し、さらに自分を高められる舞台に身を置きたいと思います。
それは野心や向上心、諦めの悪さとも言えるかもしれません。
でも、それが人間らしくて良いんじゃないかとも思うのです。

動き出す元気があるなら、自分の身を置く場所を色々変えてっても良いんじゃないかな、と思うのでした。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事