noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

【渡航3ヶ月前】各種クレジットカードの発行

そうクレジットカードをどれを持っていくべきなのか?損をしないのか?
これが結構悩みますよね。

私が持って行ったカードは

自動付帯保険目的のため
エポスカード(VISA)ほぼ使わない
三井住友VISAカード(VISA)ほぼ使わない

チャージ式プリペイド
マネパカード(Master)約10万チャージ
デビットカード
ジャパンネット銀行(VISAデビット)約10万ほど預け入れ

いざというときのためのキャッシングカード
セディナカード(Master)ほぼ使わない

基本的に日本にいる間にレートが良いときにチャージしたマネパカードを使って買い物をしています。
オーストラリアで仕事が見つかってお給料が出たら基本的に稼いだお金で生活するような形で。
マネパカードでチャージしたお金は返金できないので使い切って帰国したいと思っています。
なので買い物の支払いの際は基本的にオーストラリアで稼いだお金→マネパカード→ジャパンネット銀行デビットカードの順で使っています。
オーストラリアはカード社会。
スーパーやカフェなど少額でもカードが使えるのでとても便利です。
オーストラリアの銀行口座を開設すると、銀行のキャッシュカードをタッチして支払いができるんです。デビット機能ですね。

だいたいクレジットカードの発行は1ヶ月〜2ヶ月くらいかかるので前もって自分がどのカードを持っていくのかをリサーチして早めに発行しておくことをお勧めします。


【渡航2ヶ月〜1ヶ月前】長期の海外旅行保険

金子秀人保険事務所
保険デザインパートナーズ株式会社

上記の2つの代理店さんで相見積もりをとってどちらも同じプランを紹介していただいたので
代理店さんは金子秀人保険事務所さんにして東京海上日動火災のプランにしました。
保険料は約18万円ほど。
長期滞在はやっぱり保険が一番のコストかな。
風邪ひいたり骨折したりいつ事故に遭うかもわからないし。
まぁお守りがわりってことで。

渡航1ヶ月前くらいに申し込みました。
渡航日が決まってる方はもっと早めに申し込んでも良いと思います。

奨学金返済猶予願の申請→書類不備で断念

ワーホリや留学で長く日本を離れる人の奨学金返還期限猶予願
こちらを参考に書類を揃えて郵送しました。
2ヶ月経過して「書類不備のため再度書類を提出してください」と郵送で日本の自宅に届きました。
すでにオーストラリアに居て日本で書類を揃えようとしても手間がかかりすぎて断念することに。
郵送じゃなくてWEBで申請できるようにしてほしいなぁ、公益法人って古いやり方だからナンセンス。

【渡航2週間前】持ち物リストの作成。買い出し

パッキングが大変。
私はスーツケース1つ、大きめのリュックサックを1つで行きました。
私が渡航する時のパースは冬なので冬服やユニクロのヒートテックなども入れました。
持ち物リスト、こちらに載せときます。
持ち物リストPDF
日本の製品、スマホの充電器などは電圧100V〜240までならオーストラリアでも使えるのでOタイプの変換プラグを購入しましょう。

視力が弱い方はコンタクトレンズの買い足しとメガネ1〜2本は必要だと思います。

【渡航日の14日前〜渡航前日まで】区役所で住民票を抜く

区役所で住民票を抜く作業をしました。渡航日の14日前〜渡航前日までに行います。
用紙に必要事項書いたら終わりなので思ったよりも手続きは簡単でした。
保険証の返還も行いました。
ワーキングホリデーの期間を終えて1年後に帰国した際には戸籍謄本が必要のようで現住所と本籍地、戸籍謄本の住所が一緒であれば区役所に行けば住民票を戻す手続きは簡単なのですが本籍地が異なる場合にはその土地の戸籍謄本を取り寄せる必要があるので一手間かかりそうです。めんどくさい。

年金に関しては渡航する月から2年間は支払いを待ってくれるので帰国後に滞納していた分を払って行きます。
正直定年後もらえるかどうかも分からないお金を払えと言われるたびにムカムカしてくるのですが障害年金としてもらえる可能性もあるので心を諫めています。

住民税は前年度の収入に対して額が決まるものなのでどうしても払わなければいけません。
6月頃に住民税請求額が確定して実家に支払いの払込書が届くので請求される額を家族に託してきました。
私の場合は8万円くらいでした。

【渡航直前】SIMロックの解除・携帯電話、大手キャリアの解約

私はiPhone6Sを使っているので、自分でSIMロックの解除をしました。
ネットでやり方が載っているので見ながらやれば簡単です。
ショップでお願いすると手数料で1000円、自分でやれば無料です。

ワーホリで海外に渡航するから日本の電話番号がいらなくなるので解約しに行きました。
番号の保管サービスなどもいらないなと思って完全解約。
こうして強制的に解約できる理由があると思い切ってさよならできるから良いですね。
帰国したらもう大手キャリアは使わず格安SIMにしますよ。グッバイ!

オーストラリアに到着後、オーストラリアの携帯会社のOPTUS(オプタス)のショップでSIMカードを書いました28日間3GB使えて30ドル。2700円ほど。
日本よりも本当に安い。って言うか日本がありえないくらい高いよねって話です。
もっとフリーシム携帯や格安SIMが流行るように若者には少し面倒でも3大キャリアから脱出して格安スマホにどんどん移行して携帯業界がもっと価格競争してくれれば良いなと思います。

以上、オーストラリアへのワーホリのために日本を出国する前にしたことでした。
渡航予定の方はぜひ計画的に進めていってくださいね。
しれではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事