海外逃亡、海外就職を考えたときに
日本でもこれからある程度キャリアを積みやすく、海外でも認めてもらえるような職種はなんだろうか。

汎用性のあるスキルをみにつけること
外国人でも就労許可が出やすくそこそこ給料が良い仕事

人間の生存に絶対不可欠な分野

医療、技術系、世界中どこにいっても原理原則が変わらない技術は需要がある。
医療は現地の資格をとらないといけない場合があるが日本の資格+英語や現地の言葉がはなせれば働いてもOKな場合もある。
ITだとサーバー管理者、ネットワーク技術者、開発者などが需要がある。

言葉や文化の違いがあっても稼げる仕事
人手が足りない仕事
日本人であるメリットが活かせる仕事

ネットワークエンジニア、トレーダー、研究者
現地の人がやりたがらない仕事や有資格者や経験者が少ない仕事
介護、医療従者

専門職、職人
ITエンジニア、弁護士、森林の専門家、タイル職人、配管工

日本人のメリットが活かせる仕事は寿司職人が筆頭。
日本人鍼灸師やマッサージ屋も人気である。

日本の美容師免許も有効だと思う。
海外在住の日本人に需要がある。
シンガポールやそのほか日本人の駐在員がいくような場所には家族も一緒に引っ越している場合も多い。
オーストラリアでレストランで働いているときにシンガポールから旅行にきている日本人のファミリーとお話ししたときにも
「日本人美容師は海外在住の日本人に需要ありますよ!」と言っていた。
実際、美容師(+まつエク施術ができる人)の求人も多いのだ。

これから0から学校行ったり経験を積んで海外で職をゲットできるグローバル人材になるために実現しやすい仕事とはなんだろうか。
2〜3年学校にいくやる気と経済力のある場合は専門学校に通って資格を取るのが良いだろう。

寿司職人も最短コースで通える寿司アカデミーなどもある。
実際に寿司アカデミーに通い、寿司職人としてスペインで働いている女性にもお会いしたことがある。

ITエンジニアは特に世界中で需要がありグローバル人材・グローバル賃金で働くことができる良い仕事だ。
白川寧々さんの国外逃亡塾でも欧州の海外大学のCS学部(コンピューターサイエンス)を推している。
IT関連の勉強をする必要はあるが頑張った分食っていける、世界中に需要があるから職にあぶれないという安心感が得られる。

日本でも経験が積みやすいとなるとすでに働いている女性が多く、女性に有利な仕事を選ぶと良さそうです。
海外では需要があっても日本で経験を積もうと思ったらゴリゴリの男社会で続けられず辞めてしまったという結果にもなりかねない。
すでに女性が多く働いていて門戸が開かれて歓迎されているような職が良いと考えます。

私は鍼灸師、美容師が良いと思います。
日本の専門学校で資格を取ってどこかで勤めてキャリアを積んで英語も並行して学ぶ。
需要のある国をリサーチして現地へ視察したり、CV送って面接をしたり(オンライン面接などもある)。

日本で資格を取り、日本でも食いっぱぐれることがなく働くことができて尚且つ海外でも需要があって就労許可がおりやすい仕事。
自分の適性を見極めて選びたいですね。

海外逃亡で参考になる本

国外逃亡の記事一覧
どんな仕事なら海外でもサバイブできるのか
\英語×◯◯/国外逃亡の方法について考える
日本を出る心構えと今をどう過ごしていくか。