最近、同年代のフランスの友人ができた。

とっても物知りで、歴史や文化の話をよくしてくれる。

君の国は?と聞かれると答えられない自分がいた。

私は自分が世界についても、自国のことにもそんなに詳しくない自分が恥ずかしくなった。

うーなんで世界史や日本史の勉強もっと真面目にやらなかったんだろう。

テストのためだけに詰め込んだ知識はテスト終了後スポーーンと頭から消滅するタイプの生徒だった。

勉強の大切さを知るのって学校を卒業してからだったりするのね

彼は私に
僕も歴史はテストのためだけに覚えているような感じだったけど
今こうしていろんな国の人と会って話すようになって、いろんな国々の歴史を知ることですごく深い会話ができるのが楽しいんだ。
知らないことを恥ずかしいと思わなくて良いんだよ。

と言ってくれた。

学校の勉強だけが全てではない。
自分が知りたいと思ったことを知りたいと思った時に学び始めれば良い。

学びたいときが学びどきである

興味が湧いた時に、手をつけはじめなければきっとその興味はしぼんでいってしまうかもしれないのだ。

私は世界のこと、日本のことを自分なりのペースで学び直すことにしました。
歴史を知ることで、国と国との関係も見えてくるものがある。

日本の歴史を知る旅

国内の歴史に関しては自分が好きな時代の歴史小説なら楽しめると思って
司馬遼太郎先生の竜馬がゆくを読み進めています。

10代の時にるろうに剣心とかピースメーカーを読んでいたもんで幕末・明治のお話が好きなのでこの時代の小説なら楽しく読めそう。
いつか三国志もチャレンジしたいです。

オンライン英会話の先生でセルビアの方に教わった時があって、その時に私はセルビアに関しての知識も全然ないな。
相手の文化を理解する土壌(歴史背景など)すらぼろぼろだ!と思って少し調べたりした。
ユーゴスラビアについて叱られるほど簡単にまとめてみる

自分の国に関してもだけれど、これから出会う方の故郷に関しても少しずつ知る努力をしていこうと思う。

なぜ、歴史を学ぶのか。

なぜ歴史を学んだ方が良いと思うのかというとこの世界が歩んできた道のりを知ることでこれからのことを考える材料になるからだ。
人間は失敗も成功も過去からしか学べない生き物だとも思う。
人は学ぶこと、考えることができる生き物だからもっともっと賢く生きていけるはず。

歴史や文化を学び続けることで、これから出会う人々とより良好な関係を築けるかもしれないのだ。

そう考えると、私にとって歴史を学び直すことは未来のための投資に変わる。
こうやって少しずつ教養を増やしていきたいな。

それではまた次の記事で会いましょう。

03-オーストラリアワーキングホリデーの記事一覧
【教養】「あなたの国は?」と聞かれて歴史を学び直そうと思った話
スマートライダーが自動引き落としチャージで20%オフ!設定方法
韓国の子に言われて気づいた自分のイエスマン気質
ワーホリ中、仕事探しの注意点
パースでウーバーイーツ(UBER EATS)ドライバー登録方法
ワーホリ6ヵ月経過、振り返りと今後のこと
ふむ、軌道修正が必要だ。
オーストラリアの身分証、フォトカード(Photo Card)をつくったよ
Office Worksで印刷・スキャン方法
ローカルジョブの壁は厚かった。