noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

セブ島留学 渡航準備編 持ち物リスト・現金両替
スポンサーリンク

なたりー
フィリピン・セブ島に語学留学に行くことにしました、なたりー(earlgreyteco)です。
今回は渡航前の準備編です。
  • 持ち物リスト
  • 保険の準備(エポスカードの付帯保険利用)
  • 現金の用意(現地で両替をするので日本では行わない)
  • 持参する英語学習テキスト

以上の内容について書いています。

セブ島留学 持ち物リスト

スポンサーリンク

セブ島留学 持ち物リスト

  • パスポート
  • 日本円
  • キャッシュカード
  • エポスカード(クレジットカード付帯の保険を利用するため)
  • 筆記用具
  • 参考書
  • ノート
  • フェイスタオル
  • バスタオル
  • クロックス
  • 服1週間分
  • 下着
  • カーディガン(機内の冷房対策)
  • マスク(機内の冷房対策)
  • 生理用品
  • コンタクトレンズ・ケア用品
  • 眼鏡
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • かゆみ止め
  • 正露丸
  • バファリン
  • 爪切り・耳かき・綿棒
  • 虫除けベープ
  • 粉末の味噌汁
  • カトラリーセット(箸・スプーン・フォーク)
  • シュノーケリングセット

荷物の重量制限が20Kg

私はセブパシフィック航空でフライトチケットを購入しました。
預け入れの荷物が20Kg機内持ち込みの手荷物が7kgの重量制限があります。
20kgって結構あっという間に超えてしまうのが難点で…

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー(もしくは石鹸)などは
現地の薬局で手に入るので無理して日本から持って来なくても良いと思います。
パンテーンやPALMOTIVEなどのブランドが近くの薬局に置いてあります。

マルイのエポスカード付帯の保険で滞在することにしました(無料)

今回は42日間の滞在で保険はマルイのクレジットカードであるエポスカードに付帯している保険を利用しようと思います。
エポスカードは90日以内の旅行の際に保険を適用することができます。
エポスカード

電子ゲートを通過したらスタンプも押してもらうこと!
出国時にパスポートに出国のスタンプ(判子)を押してもらうことが必要なので
電子ゲートを通過した後に職員の方にお願いしてスタンプを押してもらいました。

現地で清算する分を考慮して日本円を持ち込もう

現地で清算したもの
SSP 5500ペソ
VISA 3300ペソ
電気代 3600ペソ
生徒登録の写真 20ペソ
空港ピックアップ 1000ペソ
前泊 1000ペソ
合計 14420ペソ

現地での支払いは14420ペソが必要でした。
(日本円ではなくフィリピンペソでの支払いになります)

セブ島の大きなショッピングセンターのJモールで両替をした時のレートが1円=0.4875ペソでした。
10000円=4876ペソになります。
私はその後の生活費も考えて5万円分現地で両替をしました。

数万円ほど日本円も持っていますが必要に応じて両替をする予定です。
今回はキャッシングをするつもりがなかったので現金のみでいこうと思います。

もし現金を持っているのが不安でカードを使ってキャッシングをする場合には
ジャパンネット銀行でデビットカードを作ると便利だと思います。
ジャパンネット銀行

フィリピンは海が綺麗なのでシュノーケルセットがあると楽しい!

こんなフルフェイス型のマスクもあります。
呼吸がしやすいのでおすすめ。

セブ島滞在中の通信環境。現地のSIMカードは必要か?

セブ滞在中は寮にwifiが飛んでいるのでそれを使うのですが寮から外に出るときはSIMカードを購入しようか考えています。
到着1週間程度wifiのみで生活してみて、必要そうだったら現地で購入しようと思います。

成田空港まではウィラーエクスプレスのリムジンバスで。

大崎駅→成田空港まではウィラーエクスプレスのバスで行きます。
電車よりも快適です。
事前予約で1000円なのでかなりお得。
ウィラーエクスプレス 成田シャトル

事前学習もしっかりと!

ネイティブキャンプのレッスンや、事前学習で文法や単語を少しでも覚えておくこと。
ネイティブキャンプ


留学費用の総額は…40万円!

なたりー
今回のセブ島語学留学の予算はトータルで40万です。
費用の内訳
入学金・留学費用(6週間) 27万
現地清算 3万円
往復渡航チケット 5万円
現地での生活費 5万円

ちなみに私がワーキングホリデーをしていたオーストラリアの語学学校は午前と午後のグループワークのレッスンが1ヶ月25万円でした。
マンツーマンで授業が受けられるフィリピン・セブ島留学のコスパの良さを感じています…。

ワーキングホリデー前の語学留学はフィリピンがコスパも良いしおすすめですね。
実際、オーストラリアで暮らしている時に事前にセブ島に留学に行っていた方にも結構会いました。

なたりー
ホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯金をすればだいたい2〜3ヶ月で貯めることができる金額です。
スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事