noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

なたりー
セブ島に語学留学で滞在中のなたりー(earlgreyteco)です。
セブに来て1週間が過ぎました。しかしここ数日、風邪を引いたのか喉の腫れがひどくて…
学校に毎週往診に来てくれるお医者さんに診てもらうことに。

海外旅行保険が付帯しているマルイのエポスカードでキャッシュレス診療が受けられました!
持っててよかったエポスカード

スポンサーリンク

フィリピンの道路の排気ガスで喉を傷めてしまったようです…

喉のイガイガがひどい…
フィリピンの道路は車やバイクの交通量が多く、排気ガスが広がっています。
ガスを吸い込みすぎて喉が傷ついてかなり腫れてしまいました…
運転手さんたちもマスクやスカーフで口元と鼻を守りながらお仕事をしてるので外に長時間外出する際はマスクが必要だと思いました。

我慢した方が良いのかなと思ったのですが語学学校にお医者さんが来て往診が受けられるということで、予約して受けることにしました。

スポンサーリンク

持っててよかったマルイのエポスカード。

マルイのクレジットカードであるエポスカードには海外旅行保険が付帯されています(無料)

短期の語学留学の場合にはエポスカードを持っていればキャッシュレス診療が受けられるのでお金を払わずに診療を受けることができます。
セブ島留学の場合には日本にいるうちにエポスカードを作ることをおすすめします。

エポスカード

スポンサーリンク

お医者さんが毎週語学学校まで往診に来てくれる(要事前予約)

クロスロードでは毎週決まった曜日にお医者さんが語学学校に往診に来てくれます。
体調が悪くて往診を受けたい場合には午前中に語学学校のスタッフに診察を受けたいことを伝えて、午後にお医者さんが到着したらキャッシュレス診療に関する書類を記入→診察を受けます。

  • クレジットカード付帯の保険を利用する場合には該当クレジットカード
  • 海外保険を契約している場合には保険証書

これらのどちらかが必要になります。

フィリピン人の先生が診察!日本人のスタッフさんが通訳してくれるので安心

フィリピン人のお医者さん・ナースさん・日本人スタッフの3名が対応してくれます。
ジャパニーズヘルプデスクの方ですね。
キャッシュレス診療に関する書類を記入します。
日本の住所やクレジットカード付帯の保険の場合にはクレカの番号などを記入します。
英語で書くべきところや日本語で書くべきところはスタッフの方が指示してくれます。

診察後はその場で薬が処方される。

診察後4種類の薬をもらいました。
喉の腫れがひどいので喉のスプレーと、イソジンのようなうがい薬と、炎症を抑える飲み薬と胃薬でした。
どんな効果のある薬なのか、薬をとるタイミングなどもフィリピン人の先生が英語で説明してくれるんですが日本人のスタッフさんもフォローしてくれるので英語説明したり聞き取りが不安でも通訳していただけるので心配する必要はないと思います。

喉の炎症にはビタミンCやフルーツを食べると良いと思ってパイナップルを山ほど食べていたのですが
炎症が治りにくくなってしまうそうです。
しばしマンゴー・パイナップル・ピーナッツは控えるようにと書かれていました。

その後、薬のおかげかかなり体調がよくなりました。
語学学校に直接往診に来てくれると安心して診てもらえますし、エポスカードのおかげでキャッシュレス(無料)で診療を受けて薬ももらえて助かりました。
エポスカード

なたりー
持っててよかった!エポスカード!と感謝した日でした。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事