noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

セブ島留学 授業・クラブ活動・観光!1週間のスケジュール
スポンサーリンク

なたりー
現在セブ島で語学留学中のなたりー(earlgreyteco)です。
今回は語学学校の1週間の流れを紹介します。

スポンサーリンク

月曜〜木曜日の流れ

なたりー
私が受けているプランは2時間授業×2コマのライトプランです。

クロスロードでは1日の授業が4コマに分かれています。
私が取っているプランはライトプランで先生と一対一で行うプライベートレッスンが2時間を2コマ受けています。
私は午前に1コマ、午後に1コマというような形になります。
空いている時間は仮眠を取ったり予習復習の時間にしています。
その後は自由参加のグループレッスン(2時間)を受けて1日6時間のレッスンを受けるような形にしています。

プライベートレッスンとグループレッスンの併用がおすすめ

プライベートレッスンは先生とマンツーマンで行うので自分に合わせたレッスンを受けることができますし
グループレッスンでは他の生徒さんと一緒に受けるので他の方の表現を知ることができ、複数人での会話の練習にもなってどちらも楽しみながら受けることができています。

なたりー
個人的には自習の時間も大事にしたいので1日プライベートレッスン2コマグループレッスン1コマがちょうど良い気がしています。

金曜日は少し変則的

金曜日は月〜木曜のような2時間授業が1時間の短縮授業となり、午前中に全ての授業を受けるような形になります。
午後には自由参加のアクティビィクラスが3種類あります。

  • 英作文を行うエッセイクラス
  • レクリエーションを行うアクティビティクラス
  • 自由な話題をみんなの前で英語を話すスピーチクラス

私はライティングスキルを伸ばしたいのでエッセイクラスと、スピーチクラスを受けるようにしています。

なたりー
金曜日は自由参加のレッスンがあるので自分が伸ばしたいスキルに応じて参加すると良いと思います。


クロスロードの食事は1日3食。
しかもどれも美味しい!私の作る料理より美味しいよ〜!(笑)
同じものが出ないよう献立も工夫されています。ありがたい。
日本食も出るので食事面で心配することは何もないと思います。
毎回食べ過ぎてかなり太りました〜

出会いと別れが毎週たくさん!

スピーチクラスが終わった後は卒業式が行われます。
クロスロードでは毎週入学・卒業する生徒がいるので人の入れ替わりが激しいです。
一緒にご飯を食べたり、週末に出かけたりして仲良くなった人の卒業式に参加して送り出します。

滞在中にウクレレをマスターする方も多い!
クロスロードには学校の校歌のようなものがあり、卒業生へのプレゼントとして歌を歌います。
簡単なコードで弾けるので生徒さんが滞在中に練習して卒業式で校歌をウクレレで演奏される方が多いです。

スポンサーリンク

施設内のプールで泳いでリフレッシュ

私は授業の合間に施設内にあるプールでリフレッシュしたりします。
泳ぐのが苦手なので歩くだけにして運動にもなるし気持ち良いです。

勉強の息抜きにバドミントン、ハンドメイド、ウクレレ!クラブ活動も盛んです。


勉強ばかりだとストレスが溜まりやすいもの…
クロスロードではハンドメイドのアクセサリー作りやバドミントン、ウクレレ演奏などクラブ活動も盛んです。


最近は水曜日にマクラメというハンドメイドのアクセサリー作りをしたり
木曜日に近所の体育館にバドミントンをしに行ったり
ウクレレ演奏を習ったりする人も多いです。

なたりー
私も先日バドミントンに参加してきましたがとっても楽しかったです!
平日はほぼ学校で過ごして運動不足になりやすいのでバドミントンで体を動かして汗をかいたらとてもスッキリしました。

放課後の不定期ワークショップも楽しい!様々な旅人が集まるクロスロードならでは。

クロスロードには様々なバックグラウンドを持つ方が多く集まります。
プロの写真家やノマドワーカーでPCやスマホだけで仕事をして世界中を自由に旅する人、世界一周を終えた人…
そんな人たちがワークショップを開いてご自身の得意なことを教えてくれたり新しい世界を見せてくれます。

セブ島留学 放課後のクロスロードは好奇心を刺激する。

週末は観光やショッピングなど思い思いに楽しもう!

週末は完全にオフなので学校の食事の提供はありません。
だいたい生徒さん達で集まってアイランドホッピング(島移動)をしたり観光する方が多いです。
私もセブ島の南方にあるオスロブでジンベイザメウォッチングをしたり
船に乗ってボホール島を観光しました。

せっかく物価の安い国に滞在していますし日本ではできないことにチャレンジするのもいいと思います。
外で現地の方と英語でコミュニケーションを取ればアウトプットの機会にもなりますしね。
フィリピンでもmeetupのイベントがあるので自分の興味のあるものに参加してみても良いと思います。

なたりー
1週間あっという間にすぎていきます。
残りの期間も楽しみます!

今回の留学費用の総額は…40万円!部屋のグレードでもっと安くできる

なたりー
今回のセブ島語学留学の予算はトータルで40万です。
費用の内訳
入学金・留学費用(6週間) 27万
現地清算 3万円
往復渡航チケット 5万円
現地での生活費 5万円

部屋は個人部屋にしたので若干グレードが高めですが4人部屋などにすればもっと費用をおさえることができます。
料金とお部屋ーフィリピン・セブ島語学留学 クロスロード

ちなみに私がワーキングホリデーをしていたオーストラリアの語学学校は午前と午後のグループワークのレッスンが1ヶ月25万円でした。
マンツーマンで授業が受けられるフィリピン・セブ島留学のコスパの良さを感じています…。

ワーキングホリデー前の語学留学はフィリピンがコスパも良いしおすすめですね。
実際、オーストラリアで暮らしている時に事前にセブ島に留学に行っていた方にも結構会いました。

なたりー
ホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯金をすればだいたい2〜3ヶ月で貯めることができる金額です。
スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事