noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。
昔の話をします。

近所のコンビニに住民税を払いに行った時の話。

少し溜め込んでいたために催促状が届いていた住民税の支払い込み書をポーチにがさっと入れてコンビニへ。
ほぼ寝巻きのような格好とクロックスを履いてました。

コンビニのレジに向かおうとした時に

住所不定無職っぽい身なりの小汚いおじさんがレジでワンカップとタバコ買ってたんです。
ホームレスかな?

スムーズに会計が終わらずレジの前でもそもそしているおじさん。
ライターが無料でもらえないことに気づいたらしい

えええ〜ライターお金かかるの〜?じゃあどっちか諦めないと買えないよぉ〜
と情けない口ぶりで話していました。
心の声がずいぶん漏れる面白いおじさんだな、とはた目から見ていました。

ふと自分のポーチの中にライターが何本もあることに気づきました。

私は、その当時キャバクラやスナックやクラブなどで働いていました。
お客さんのタバコに火をつけるためにポーチの中に山ほどライターが入っておりました。

おじさん、よかったからこれあげますよ。
と持ってるライターを全部あげた。
ライターなんて働いてるお店に行けば腐るほどあるし。
私がこのライターを抱え込んでいるより、おじさんが今夜ワンカップとタバコをセットで楽しめる方が良いなと思った。

本当か〜!?ありがとお〜!あなたとっても優しいな〜!
相変わらずどこか情けないような、言い方のおじさん。
感謝されるのは悪くない物だ。

彼はワンカップとタバコと私があげたライターを持って嬉しそうに会計を終えた。

続いて私が住民税の支払いをしていると
まだそばにおじさんがいて

あなた住民税を払っているのか?偉いなあ〜
俺なんて何年も払ってないよお〜どうしよう〜

とまた情けない口ぶりで話すおじさん。

住民税払うの大変ですよね。分かリます。

住民税払ったら俺生活できないよ〜●●市に殺されるぅ〜〜

まぁとりあえずお酒とタバコ楽しんでくださいな。
じゃあまたね。

おー!ありがとう〜!あなた良い人だ〜!
きっと良いことあるよ〜ありがとう〜!

と言って別れた。
彼はきっと近所に住んでいるんだろうけど、その後は一度も会っていない。

本当に貧困層の人って住民税だって年金だって払えないよね。そうだよな。
今日一日を生きるのでいっぱいいっぱいだよ。うん。
税金は払えないけど、目の前のワンカップとタバコは買うんだよ。
私だって似たようなものだ。

私はその後ロング缶のチューハイを買った。
支払いを終えた住民税の領収書の束とそれを持って帰った。

ライターが繋いだお話でした。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事