noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

部活って無理してやらなくても良いと思う
スポンサーリンク

なたりー
部活って無理して入部しなくてもいいと思う。
夜遅くまで拘束したり土日まで捧げて、勉強したり学校外での時間を奪わずに楽しく運動不足解消程度の部活があっても良いと思う話。

私の昔のことの話です。

私がいた中学校は、暗黙のルールみたいな感じでどこかしらの部活動に所属しなくてはいけなかった。
私はバドミントン部に入った。
小学校からそのまま中学校に上がっていたので、同じ部の人は見知った子たちが多かった。

バドミントン自体は嫌いじゃなかったけど、同じ部活のメンバーは個性的過ぎて部活は好きになれなかった。
顧問も学校イチ礼儀やルールに厳しい人だった。

平日も毎日練習して、土日まで練習試合や大会に参加して。
自分の時間を捧げていた。
当時ニチアサの「明日のナージャ」を観れなかったことをひどく後悔している。
部活が好きじゃなかった。

同じ部の子たちとうまくやれなくて退部しようとして顧問に相談したら
「もしここで辞めたらその後の学校生活でいじめられるかもしれないぞ」と言われたりした。

なんか、そんなことのために続ける部活ってなんなんだろうと思った。
結局3年生の引退の時期まで続けたけど、今思い返しても
別に無理して続ける必要はなかったな。と思う。

高校の時も部活に入ったけど途中で辞めた。
自分の時間に使うことができてよかった。

学生に必要なのは

  • 適度な運動
  • 暇な時間を持て余して非行に走らないように導いてあげること
  • 楽しい!と思えること
  • 居場所(学校・家・それ以外のサードプレイス)

じゃないのかな。

海外ではただ運動不足を解消して体を動かすだけのクラブもあるみたい。
私もそれくらいのクラブ活動で良かったな〜と思います。

部活に集中し過ぎて勉強をおろそかにしてしまう子もいるよね。
よっぽどそのスポーツや芸術分野の才能があって将来それで食っていけると言う有望な人以外は部活はほどほどにして将来のことを考えるきっかけを与えてあげる方が良いと思う。

おおきく振りかぶってのモモカン(百枝まりあ)だって野球部の子たちに
俺野球だけやってて良いのかな…って燃え尽きちゃうから勉強もちゃんとやりなさい!と言うんですよ。
これとても大事なことだと思うんですよね。
例えば野球以外に何もやって来ないと「俺は他には何もできないから野球しかない!」って思わせてしまうんですよ。
他の可能性を奪ってしまうことにもなるんですよね。
部活を頑張るのも良いけど、勉強もある程度しておけば心から楽しめるし。

スポンサーリンク

マレーシアの学校では「クラブ活動を続けさせない」

マレーシアに在住している編集者、野本響子さんの本を読んだ。
マレーシアの学校では子どもに2、3個のクラブ活動に参加させるし、しかも続けさせないのだそうだ。
それは子どもの適性を見るためで、いろんなことを経験させて自分の向き不向きを見るのだそうだ。
日本では一つの部に所属したらやり続けることを推奨しているが全く違うスタイルで驚いた。
子どもの可能性を引き出すという意味ではマレーシアのやり方の方が子どもにとっても良いと思う。

部活の顧問を担当する教員の負担も大きい。
教師の知人に話を聞くと大した給与手当もつかないそうだ。
練習や大会で土日も潰れたりするし、自分の全く経験のない部活を担当しなくてはならず専門的な指導もできない。

生徒にとっても先生にとっても、負担が少なくなれば良いなと思います。

私はあの時の後悔を取り戻すように明日のナージャを観ているよ!
スペイングラナダ編最高!

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事