noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

こんにちは10月、消費税10%で国民を殺しにきたのね。
スポンサーリンク

2019年10月、いよいよ消費税が10%になる。

ニュース常連さんゴメン、もう限界…消費増税複雑で老舗続々閉店 朝日新聞デジタル

なじみの酒屋が、ラーメン屋が……。消費増税を翌日に控えた30日、長い歴史に幕を下ろす家族経営の店がある。常連客に支えられてきた小さな店にとって、軽減税率などへの対応も含め、増税のコストはあまりに重かった。

年齢的に「あと2、3年」とは思ってはいた。閉店に踏み切ったのは、軽減税率対応のレジの導入に費用がかかり過ぎるからだ。

国は国民から税金を搾り取るために細々と、でも人々に愛されて続けてきたお店の息の根を止めるんだなと思ったのでした。
きっと今回の増税をきっかけに閉店するお店は多いだろう。

ニュース消費税増税のポイント還元は「どうしようもない愚策」と断言できる理由 ダイヤモンド・オンライン

一方で中小・零細企業は増税分を転嫁できず、粗利が減ることになるのは確実。そこにさらにキャッシュレス決済導入で手数料を徴収されたら、粗利減と合わせて5%以上利益が吹き飛ぶことになりかねない。

 すなわち、キャッシュレス決済導入の実質的な強制は、中小・零細企業に「死ね」と言っているに等しいということであろう。

 しかし、こうしたことについて、ポイント還元事業を所管・推進する経済産業省は、あまりにも意識が低いようだ。

今回の消費税増税ポイント還元事業は、あまり消費者のためにならないばかりか、中小・零細事業者をかえって苦しめることにつながることが、こうした質疑からも明々白々となっているのだ。

消費税増税10%で国民と中小・零細企業を苦しめて
キャッシュレスでポイント還元と言いながら中小・零細企業の首を締めて仕組みの大元が利益を確実に得る構図になっている。
本当にロクでもない制度を作るなぁ。

消費増税「非常によいこと 歓迎する」経団連 中西会長 NHK

経団連の中西会長は記者団に対し、財政の健全化には消費増税が欠かせないという認識を示したうえで、「公約通り、消費税率の引き上げを実施いただける。非常によいことだと歓迎する」と述べました。

国民よりも自分たちや大企業が儲けることしか考えていないんだろうなという感じですね。
経団連は庶民の敵ですね。。

いち消費者としては消費税10%になったら超節約モードです。
極力モノは買いません。外食もしません。
日本円を稼いでお金を貯めて物価の安いアジアで買い物をします。

でも日本の素敵なお店やサービスには残っていて欲しいから
なるべくそういうところにはお金を落とすようにはしようかな。

上げた消費税は法人税の減税にあてられて私たち国民の生活にまで還元されないんですよね。
こんなに国民から税金しぼりとるくせに社会保障も福祉にも対して還元しない国。
子供も生まれない国になるんだからね。

日本を出るという選択肢

いつでも日本を出られるように準備しよう。
若い世代は特に英語もしくはその他外国語専門スキルがあれば海外移住も可能なので選択肢を増やすために頑張りましょう。

私は住み込みで働くリゾートバイトで120万貯めてオーストラリアへワーキングホリデーに行って、セブ島で語学留学をしてきました。
海外で暮らした経験は自分の世界を大きく広げてくれたし、「もっと海外に身を置いていたい」と思えたのでした。
現在は英語のスコア(TOEICとIELTS)のスコアを上げて海外就職を考えています。

政府は国民の味方じゃないんだなとわかりますね。
国から自分の財産を守るために策を練らなくてはと強く思います。

今後はさらにお金を稼ぐ、増やす、守ることが重要になってきますね。
お金の勉強をする際にはYoutubeの両さんのチャンネルがおすすめです。

日本にいることがますますつらくなっていく。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事