noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

参議院選挙が終わった途端に党がくっついたり離れたり。
言っていたことを簡単に翻す政治家たち。
国民はすぐに忘れるだろうと舐めた行為だな〜と思う。
二枚舌を持つ政治家を忘れてはならないなぁと自分用メモにまとめる。

選挙ってロクでもない政治家の中から少しでもマシな人を選ぶ行為だけど
同時に危ない政治家を当選させないようにしないことも大事なんだな〜と思う。

今回の参議院選挙で偉大なことはれいわ新選組から2人の議員さんが輩出されたことじゃないかな。
れいわ2議員の国会内での介護費用、参議院が負担へ 朝日新聞デジタル

先日の参議院選挙で
舩後(ふなご)靖彦氏(61)
木村英子氏(54)が当選した。

舩後氏は筋萎縮性側索硬化症(ALS)で、木村氏は首から下を自由に動かせないため、大型車いすで生活し、常に介護が欠かせない。公費負担のある重度訪問介護という障害者向けの制度を使っているが、厚生労働省の運用ルールでは、主に自宅利用を想定しているため、職場での利用を対象外としている。

重度障害 議員活動中の介護サービス 当面は参院が費用負担へとなり
自民党の議員さんが「え!?バリアフリー化対応は分かるけども、これは議員特権になりませんか…?」とツイートするのもね…
障害のある方が国会で代弁者として参加するためにこんなにお金やエネルギーがかかることを表しているね。
ますます考え方を変えていく必要があると思わせるよ。

維新の党の代表者が「介助費は自己負担で」
というのもひどい発言だな〜と思う。
日本維新の会に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至
5.7億円も税金を自分の財布に入れるような党の人に言われてもね…
介護サービスの方が十分有意義な税金の使い方だよ。

民主主義国家である日本で障害を持っているから政治に参加できないとして置き去りにするような考え方は改めた方が良いのではないだろうか。

障害者の方のことを代弁できる方を国会に迎えることは素晴らしいことだと思う。
そういうことに税金が使われることは大賛成だ。


せやろがいおじさんの動画に乙武さんが!
障害を持つ当事者だからこそ強く思うこと、メッセージ性のある非常に良い動画だね。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事