noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

私がセカンドビザを取らない理由
スポンサーリンク

現在ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在中のなたりーです。
そろそろ私の1年間のオーストラリアのワーキングホリデーも終わりに近づいてきました。

私はセカンドイヤービザは取得しないので1年間の滞在でワーキングホリデーは終了する予定です。
出会う方みんなにどうしてセカンドを取らないの?もったいない!と言われます。

なたりー
今回は私がセカンドビザを取らない理由について書いていきます。
いろんな選択肢がある中の一個人の意見です。

  • 大好きなオーストラリアに居られるのは最長2年か3年。いつかは帰らなくちゃいけない。
  • オーストラリアの永住権取得は法改正も多くハードルが上がっている
  • より現実的に考え海外就職→永住権取得を他の国で実現させたい

これらがおもな理由です。

法改正でオーストラリアにワーキングホリデーで居られる期間は最長3年になろうとしている

最近の法改正によりワーキングホリデーのビザでオーストラリアに居られる時期は最長3年間となりました。
関連記事【速報】ワーキングホリデービザで3年滞在可能に!2019年7月1日適用

セカンドイヤー、サードイヤービザを取得するためには季節労働に従事することが求められます。
1年目 3ヶ月間ファーム・ファクトリーなどの労働に従事すること
2年目 6ヶ月間ファーム・ファクトリーなどの労働に従事すること

結局はスポット的な季節労働者。一生オーストラリアに居られるわけではない

私がセカンドビザを取らない理由は、ワーキングホリデーとしてオーストラリアに居られる期間は3年間であって
就労ビザ、永住権を取得することはとても難しいからです。

季節労働(ファーム・ファクトリーワーク)は現地の人がやりたがらないハードな仕事です。
ワーキングホリデービザでビザを延長するために季節労働をする人たちはオーストラリアの産業を支えるための部分的な要員であって
でも永住できる権利は与えられないんですよね。いつかは帰らなきゃいけない。

季節労働の期間外に別の場所で働いて就労ビザを発給してもらえるチャンスもあるけど
もし得られなければ帰国しなければいけない期限付きのビザです。
特別なスキル・経験・英語力、オーストラリアでの学歴・職歴などがないと難しいと思います。
(日本人が働きやすいといわれるジャパニーズレストランでも就労ビザを発給できるお店もあるので本当にオーストラリアに長くいたい場合にチャンスがまったく無いとは言い切れません。)
ちなみに就労ビザから永住権申請方法に関しては2年間スポンサーになってくれる職場で働くと永住権を申請することができます。

関連記事オーストラリアの永住権を取得する5つの方法
関連記事【2018年7月現在】オーストラリアの永住権取得への道のりが急に厳しくなってる話
永住権を申請できる人数に制限がかかるなど、永住権取得のハードルが上がりました。
オーストラリアで政権交代が起こり労働党が政権を握ることになり
オーストラリアの国民の労働の権利を守るために移民を制限する方針になったのではと言われています。

オーストラリア政府は移民を制限するする方針だけどカナダは反対で、移民を増やす方針だ。

2021年の移民受入数を、カナダの人口のほぼ1%にあたる350,000人へ引き上げることを目標にしています。カナダ移民局の2019-2021年の移民(永住者)受け入れ計画について

残念ながらカナダのProvincial Nominee Program(州推薦プログラム)みたいに
その州に移住して一定期間働くことで永住権が取得できるシステムはオーストラリアにはないんですよね。

Provincial Nominee Program(州推薦プログラム)とは、カナダの各州が提案をしている州独自の永住プログラムです。
州に不足している人材を補うため、国の設ける永住プログラムと比べると州によっては多少緩い条件で移民ができることがあることが特徴です。

各州に複数のプログラムが存在するため、すべてのプログラムと条件をここでご紹介することはできませんが、以下が条件の一例となります。

ハイレベルな職業でないNOC C, D(例:ウェイター、販売員、ツアーガイドなど)での移民が可能(マニトバ州、ユーコン州、一部のB.C.州など)
Express Entryを使う場合でも、低いポイントで移民申請のための招待状が届くことがあります(オンタリオ州など)
投資移民プログラムが利用可能(ケベック州、マニトバ州など)
アルバータ州の1年以上のカレッジまたは大学のプログラムを卒業し、卒業生用就労ビザでNOC C以上の仕事をしていること(アルバータ州)

あなたにもできる!北米カナダに永住する方法7選

大人気のワーホリ国であるオーストラリアとカナダ。
永住権取得を狙うのであればカナダの方が移民フレンドリーな気がします。

オーストラリアはワーホリビザで働く人からもきっちり高い税率で所得税を取る。
しかし就労→永住権を取得することはかなり厳しい国である。
正直、ワーキングホリデービザで滞在して働いて税金を納めているけど、我々に何かを還元してくれているのかオーストラリア。

オーストラリアはとても良い国だし、特に私は今滞在しているパースが大好きです。
長く暮らしたい気持ちもあるけど、永住できる可能性のある国に住みたい。
オーストラリアは近年ビザの取得がかなり厳しくなっており
法改正も多く現在は移民を制限する方針になっています。

もし私がもっと20代前半くらいであったなら
どんな形でもいいから2年でも3年でも長くオーストラリアにいることを望んだかもしれない。

ビザ目的の国際結婚?ありえない。

先日お酒を買ったリカーショップの店員のオージーのおじさんに
オーストラリアに住みたいならオージーと結婚して永住権取ってすぐ別れちゃえばいいじゃん!
なんて言われた。

うーん。ビザ目的の結婚ねぇ。
好きになったパートナーがオージーだった、というのなら分かるけど
ビザが欲しいがためにオージーの相手を探すのはちょっと違う気がするんですよね。
カッコ良くない。自分の美学が許さない。
自分の人生設計をパートナー頼りにするのも嫌なんですよね。
就労ビザや永住権も自分の力で獲得したい。

海外就職、そして永住権取得を目指す

そして私は今やりたいことがある。
海外で就職し、永住ができる国を見つけることだ。

ビジネスウーマンとして海外でのキャリアをスタートさせたい。
そのために、永住権の取得を見越して可能性のある国に移りたい。

日本も素晴らしい国だと思う。大事な母国だ。
でも私は自分が暮らす国を選びたい。

現在考えているのは、親日国マレーシア、もしくはタイである。

今後の予定としては、

  1. マレーシアに滞在して観光も兼ねて暮らしやすい国か視察
  2. なんらかの形で長期滞在(語学学校or観光ビザで最長3ヶ月滞在可能)
  3. その間にマレーシア在住の方に話を聴く・就職活動をする
  4. うまくいけば就職、もしくは日本でリゾートバイトをして国内転職のために準備する。

というような形で進めようと考えている。
マレーシアかタイが暮らしやすい国だったらゆくゆくは母も連れて一緒に住みたい。

そんな生活を得るために私はこれからも動き続けようと思う。
私の人生は当分波乱が続きそうだ。
そんな人生でも、良いじゃないか。

まずはオーストラリアでの一年を思いきり楽しんでから。

それではまた次の記事で会いましょう。

私はワーキングホリデーの資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
8ヶ月で120万円ほど稼ぐことができました。
リゾートバイトに関してはこちらで紹介しています。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事