noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは。なたりーです。
このたび、まっまがパースに襲来しました。
2週間ほどの滞在なのでゆっくりパースを観光する予定です。
私自身、パースに来て1ヶ月間は仕事やシェアハウス決めなどでドタバタしていて観光は全くしていませんでした。
やっと今生活も落ち着いて来たところなので母とパース観光を楽しもうと思います。

スポンサーリンク

いざ、港町フリーマントルへ〜!

フリーマントルに行ってきました!
私の住んでいるところからバスと歩きを組み合わせて1時間ほど。
シティからは電車も出ていますね。

スポンサーリンク

フリーマントルのマーケットでお買い物!


フルーツがたくさん!
試食もできる。
宇宙よりも遠い場所でキマリちゃんたちが食料調達で訪れたところがフリーマントルマーケット。
リゾートバイト中にAMAZONプライムビデオで観てたんだよね。
聖地巡礼を果たす。

マーケット内のハンバーガー屋さんでご飯を食べたけど当たりだった。

スポンサーリンク

フリーマントルは小さなお店が密集していて町の通りが可愛い。

ディスニーランドの一角にありそう。

キャットバスに乗ってサウスビーチへ!冬だけど泳いでる人もいたよ


フリーマントルにもフリーのキャットバスが2本(レッド・ブルー)が走っています。
ブルーのフリーキャットバスに乗ってサウスビーチへ
今、パースは6月で冬なんだけど昼間は日差しも強いです。
水着を着て泳いでいる人もいたよ。

訪れている人たちは芝生で寝転んだり、水着姿でボール遊びしてる若者たちもいたりして、おもいおもいにリラックスしていて非常に良いところでした。

帰りに町のCOLESで買い物をして帰宅。
シティよりも洗剤とか安くなっていて田舎に行くごとにものが安くなるというのは本当でした。

シェアハウスのお姉様いわくフリーマントルは夜の雰囲気もとても素敵だよ!とすすめてもらいました。

昼間はサウスビーチの芝生で寝転んで、本読んだり日光浴を楽しんで。
夜はフリーマントルの街のバーやレストランで食事をするのも良いかもしれない。
また来ようかな。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事