noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

駆け込みでふるさと納税した!

なたりー
2019年分の寄付は今日まで!ということでふるさと納税をしました〜


税理士Youtuber、大河内さんが動画でふるさと納税を分かりやすく説明してくださっています。

とにかくざっくりいうと
手数料2000円で自治体に寄付して返礼品をもらえて、さらにその寄付した金額分住民税が減る。という感じです。

2019年分のふるさと納税をすれば翌年である2020年の住民税(計算後請求されるのは6月だったかな)が控除されるのです
手数料2000円で、差額の金額を住民税から差し引いてもらえるということです。

自分の年収や色々条件によってふるさと納税による恩恵が受けられる上限金額があるので
シミュレーターで計算すると良いでしょう。
楽天市場 ふるさと納税

私はリゾートホテルワーカーで年収が変動しやすいので200万くらいに設定して計算したら19000円までならふるさと納税ができると算出されました。

ふるさと納税できる自治体がありすぎて迷っちゃう!

いろんな自治体が様々な返礼品を用意してくれているので色々迷っちゃいますが
私自身が宮城県出身なので身近に感じるエリアの自治体にしました。

宮城県岩沼市に10,000円。
お米がもらえるものにしました。

難解な作業は特になく、ただ楽天市場でお買い物するのと変わらない動作でふるさと納税とすることができました。

楽天市場だと楽天ポイントもたまるのが良いですね。
私は今回のふるさと納税分で400ポイント獲得しました。
楽天市場 ふるさと納税

送り先の住所は住民票と同じものである必要があるので住民票の置いている実家に送りました。

なたりー
家族にお米のプレゼントがてらふるさと納税のお勉強です。

確定申告の際にこのふるさと納税をしたので控除を申請する書類のやり取りも必要になるのでそれは年明けくらいから着手しようと思います。

ネットでお買い物する感覚でふるさと納税ができるのですごく便利だし、税金が少し減るし。
せっかく用意された制度なので賢く使いたいものですね。

2019年分のふるさと納税の締め切りは今日12月31日までなのでふるさと納税に興味のある人は一緒にチャレンジしてみましょ!
ということで、賢く制度を利用して豊かになっていきたいな。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事