noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

もし私は男性と同じくらい稼げたら結婚するだろうか?
スポンサーリンク

 

女性には教育は必要ない、知能が低いままで男性の世話だけをしていれば良いということですね。
古い時代の典型的な女性差別ですね。
男性にもこういう考え方の人って多いから、男性にもちゃんとした教育が必要なのだと思います。

女性は子どもを産むためだけにいる機械ではない

やっぱり女性を子どもを産むだけの機械か何かと思っている方いらっしゃいますよね。
親、そういえば同じような発言をしていた政治家がいたような気がします。

「女性は15歳から50歳までが出産をして下さる年齢。『産む機械、装置の数』が決まっちゃったと。その役目の人が、一人頭で頑張ってもらうしかない」2007年1月27日柳澤伯夫(厚生労働大臣・自民党)ー政治家 うっかり失言 TIMELINE 〜ジェンダー編〜

女性は男性を立てていれば良い、男性は偉いと言いたげな。
奥さんを家事をやるお手伝いさんだと思ってる男性も少なくない。

ご飯作って家綺麗にしておちんちんよしよししてろってさ、勘弁してよ!

もし女性が男性と同等の稼ぎがあったら果たして結婚するのだろうか?

はたして、女性が男性と同じくらい稼げるようになったら、子どもを一人で育てられる経済力があったら、女性は結婚するのだろうか?

結婚はしたくないけど(男の人の面倒見るのいやだし)子どもはほしいって女性結構いるもんな。
私の友人もそういうキャリア女子が多い。

私だって、自分に十分な稼ぎがあったら無理して男性と結婚しようと思わないかもしれない。
子どもは欲しいけど。母子ともに安全な状態で出産ができる時期ってやっぱり限られているから。
だから自分のキャリアに関して何かしら決断をするとき、必ず出産のことを加味するようになった。焦っているんだ。

シングルマザーでも子どもを安心して育てられる制度が欲しいな。
離婚すること前提で「子どもを一人で育てられるようにまずは稼げる自分になる!」って出産が遅くなる女性って私含め多いと思う。

正直、女子の生存戦略は二分される。

同世代の周りの女の子の話を聞く限りではあるが
女性は学校(高校、専門、大学)を卒業した後に

  • 自分でバリバリ稼げるような職を目指す
  • 近い未来の結婚・出産を想定し、安定し辞めやすく責任の少ない就職先を希望する

この2パターンに別れるような気がする。
後者は結婚をする男性に家計を担ってもらうための生存戦略をはかったものだ。
いろんな生き方のプランがあっても良いと思うのだが離婚したりするとビジネスキャリアもなく復職を試みても低賃金の仕事にしか就けず一人で子どもを育てるのが大変難しいケースが多い。

ずっと旦那の機嫌を取って寵愛を受けるのは大変。

経済的に旦那に頼りきる生活=旦那が主導権を握る=旦那の機嫌や愛を維持するために努力することでしか生きる道がなくなってしまう。

人間の心というのは移ろいやすいものなので、旦那の愛を維持するのって大変なことだと思うし
もし仮に離婚したら出産・子育てなどで一度キャリアの道から出てしまうと、同じような給与や待遇を得るのが難しくなってしまうのは問題だと思う。

自分の生活を守るために媚びを売ったり機嫌を取ったり、「稼いでくる俺は偉いんだぞ」とふんぞりかえる相手を殿様のように扱わないといけないってこと。
相手の気持ちをひきつけなければならないってしんどくないですか。私はしんどい。
そういう生存戦略も否定はしないけど、私はパートナーと対等な関係でいたいと思う。

女性にも男性と同じ教育を受ける権利はあるし、同等の待遇や機会が与えられるべきである

就活している時にも感じたことなのだけど女の子の就活生は就活中「透明な赤ちゃん」を抱いているという

まだ結婚も出産もしていないのに「いつか結婚・出産したらキャリアを中断しなければならない」という考えから自分の能力を最大限発揮できる職場でのチャレンジを避けてしまうのだ。


Facebookの最高執行責任者、シェリル・サンドバーグの著書LEAN INでも同じことが語られている。

私たち女性は思い切り自分の才能や力を発揮できるチャンスが男性ほどには与えられていないということである。

  • 「結婚・出産で辞めるかもしれないから」という理由で重要なポジションに就けない
  • 給与や待遇がそもそも男性と違う
  • 男性と同じくらい能力があっても評価されにくい
  • 昇進や昇給のチャンスが男性と同等ではない

色々な問題があると思う。

ほんとにこういうのを少しずつ変えていきたいし、未来の社会を少しでも良いものにして次の世代にパスしたい。
だから自分の人生をより良いものにしつつ、社会を変えられるように声をあげ続けたい。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事