noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

ワーホリ後にリゾバするならフロント職がおすすめ。
スポンサーリンク

なたりー
現在岐阜県の高山でリゾバ中のなたりーです。
以前のリゾバではレストランで働いてましたが今回はフロント職で働いています。

フロント職が楽しい!

ワーホリ前ワーホリ後におすすめの職種ですね。
主にチェックイン、アウト業務
その他観光の案内などを行なっています。

フロントは事務職接客業のバランス型の職種だと思います。

私はPC使って作業するのも好きなので
予約管理や書類整理などの事務作業とお客様と接したり話したりちょうど良いバランスで働けているのでフロントの仕事を気に入っています。

特にフロント職はホスピタリティ力があるひと、誰かの役に立ちたいと思う人におすすめの職種です。

岐阜県高山は外国人が行きたいアジアの観光地ベスト2位

岐阜県の高山は外国人観光客が多い観光地です。
私が働いてるホテルでも海外のお客様が8割です。
高山で有名な古い町並みのあるところは休日は多くの外国人観光客や日本人で賑わっています。
日本なのにいろんな言語が飛び交っていて外国みたいで楽しいですよ。

私が働いているホテルはスタッフも英語が話せる人がほとんどです。
むしろお客さんがほとんど外国の方なので英語が話せる方、海外で就労経験のある方を積極的に採用しているそうです。
なので留学後やワーホリ後に働くなら高山ならいっぱい仕事が見つかるということ。

お客様も外国の方ばかりですし、スタッフも英語が話せる方がほとんどなので
英語を話すモチベーションが維持できます。おすすめ。

時給ではレストランスタッフの方が高いけど…

レストランとフロントの仕事を比べると時給ではレストランの方が高いですが
求められるビジネスマナーや手際の良さを求められるのはフロントだと思います。
お困りごとのあるお客様に自分のできることで力になってあげることが求められるので
業務内容的にはフロントの方が私は好きです

ワーホリ前のリゾートバイトでは時給の高さが優先順位が高かったのですが
帰国した今、仕事に求めるものは"そこそこのお金""やりたいことをやる時間""経験"です。

ホテル業界で使われているシステムを触るので、経験がよそでも活かせる

フロント職は予約一括管理システムを使用して業務を行います。
ホテルごとによって使われているシステムは異なるそうですが
システムが使えたり一連の流れが理解できていればよそのホテルでもフロント業務が可能だと思います。

ホテル管理システム(PMS)のまとめ・比較

最初は覚えることがいっぱいで大変でしたが、やはり業務で毎日使用するので慣れてきます。
「頑張って覚えた仕事を履歴書・職歴書に書ける」
というのも嬉しいポイントですね。

個人的にワーホリや留学前の場合であればレストラン職をおすすめますね。
ワーホリの場合は渡航後働ける仕事は日本食のレストランが一般的なので
ホテルのレストラン部門を経験していると採用率がグッと上がります。
英語がそんなに得意でなくとも、飲食業の経験が優先される場合があります。

帰国後フロント職で
英語力を維持する+ビジネススキルを高める
のは非常に良いと思います。
他業界への転職も比較的しやすいと思います。


国内転職ならwantedlyウォンテッドリーで勢いがあって自由な会社を探しますね。

ワーホリや留学の経験をプラスに評価してくれる会社が比較的多い印象です。

なたりー
私は当分は今のリゾバ先でお金を貯めつつ、勉強しつつ、次の一手を模索します。
それではまた次の記事で会いましょう。
スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事