noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

なたりー
こんにちは。なたりーです。
今現在自分史上MAX体重で過ごしています。ぱつっぱつです。
でも私はショートパンツを履く。暑いから。

日本にいた時は恥ずかしくてショートパンツやミニスカートなんて履けなかった。

私は人より筋肉質で太ももが張っていて、
それこそ中学生の頃に同級生の男の子から桜島大根などと言われた記憶があります。
(男子諸君、女性に心無い言葉を投げかけるとこうして根に持たれるから優しい言葉をかけてくれ)

脚が細くないと、似合わないとショートパンツやミニスカートを履く権利なんてない。
私のような大根足がそんなもの履いてはいけない…
なんて言う風に考えていた。

スポンサーリンク

オーストラリアにいる女の子たちを見て思う「私らしいおしゃれを楽しむこと」

今暮らしてるオーストラリアでは、私よりもお尻の大きな女の子が短いショートパンツを履いて
「今日の私ちょーおしゃれでしょ!輝いてるわ!」と自信満々でおしゃれを楽しんで歩いてるんです。

パースは今とても暑いので長ズボンなんて暑くて履いていられません。

私も思いきって、持ってきたショートパンツを履いて街を歩いてみました。

私がショートパンツで歩いていても誰も何も言わないし気に留めない。
私が今まで気にしていた劣等感はなんだったんだ…?と思うほどでした。

私だけが、自分はショートパンツやミニスカートを履いてはいけないと思っていたのか。

好きな格好していて良いんだよね。
自分が思うように行動して良いんだよね。
と思うようになった。

何を気にしすぎていたんだろう。
日本はやれ電車のつり革広告やTVでも
女の子は細くなくちゃいけない。
肌は毛もなくつるつるじゃないといけない。
って「こうあらねばならない」ってプレッシャーをかけてくるから。
みんな自分の容姿に「私は完璧ではない」と言うコンプレックスを抱えながら過ごしてる。

スポンサーリンク

日本と海外の男性の女性の容姿や体に対する評価

私個人の体感によるものですが私が太り始めた時に当時お付き合いしている彼からの言葉を比べてみようと思います。

日本の男性とお付き合いしている時は
「なっちゃん、お願いだからこれ以上太らないで…」とよく言われました(笑)

私美味しいものを食べるのが好きでよく料理して彼と一緒に食べるご飯の時間が好きだったんですが
彼は痩せ型の体型で食べても食べても全然体型に出ないタイプでした。
私は食べたら食べただけ体に表れるタイプなので、彼と同じ食生活をしていたらぶくぶく太っていったのです。
その頃は週一で次郎インスパイアのラーメン屋に連れて行かれてました。そりゃ太るわ〜(笑

彼に言われた言葉で「私は今太ってて、彼にとって魅力的じゃないのかな。一緒に街を歩くのが恥ずかしいのかな」と思ったんですよね。
結構これが外見に対する自信を失うきっかけになりました。

彼は同じ日本人だから日本の女性に求められている"こうあるべき形"が分かるわけですよね。
モデルさんみたいにならなくても良いからせめて太らないで普通の体型でいて欲しかったのでしょうか。

海外の男性、私はアフリカとフランスの方とお付き合いしたことがありますが
「最近結構太ってきちゃったんだよね、ダイエットしないと…」
「する必要ないよ!十分魅力的だ、僕のタイプだよ。もっと大きくなっても良いくらいだ!」
「完璧だよ。僕は今の君が好きだから。でも運動したいなら付き合うよ」
などなど、今の私のことを肯定してくれる言葉をかけてくれるのでした。
彼らの言葉に私はとても救われました。

日本人の女性って、広告などで過度に外見へのプレッシャーをかけられて育っているから
もっと目を大きくしなきゃ、細くならなきゃ、胸を大きくしなきゃ…女性として魅力がないと思いがちと言うか
外見に対する自己肯定感が低いんじゃないかなとも思います。
海外男性のこういう言葉に自分の外見に対する自信が欠けている自分に気づきました。

海外の男性に勇気付けてもらえた感謝もあるけど
私自身がそんなことない。完璧だよ。十分魅力的だよって受け止められる自分になりたいな。
そして健康のために運動を続けていきたい。

ショートパンツもミニスカートも履こう。
私は私のままで十分完璧で、魅力的。ファビュラスである。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事