noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

女王の教室の名言が、危機感を持って生きてゆけと教えてくれる
スポンサーリンク

「そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでいるか知ってる? 今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。
世の中のしくみや、不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら、上司の言うことを大人しく聞いて、 戦争が始まったら、真っ先に危険な所に行って戦ってくればいいの。」

まさに今日本は改憲をして戦争できる国にしようとしています。
この女王の教室で阿久津先生が言った言葉のように
政治家は大企業役員、特権階級の人たちが繁栄し、楽しく生きるために戦争を行い、戦場にはお金のない一般市民が送られるような世界を作ろうとしています。

政治家や、富裕層、大企業役員たちが幸せに暮らすために何も生産性のない(と彼らは思っている)普通の国民には真っ先に戦争で戦って死んでくれればいい。
戦争はビジネスだ。
彼らは戦争のための武器を売り、利益を得て、自分は戦場には行かず、誰かの血を見ることもない。
富める者がさらに富むための世界が作られるという話。

私たちが戦争に行かずに済む方法は?
改憲を止めること、そして戦争に行かなくて済む人材になること。
自分で生きる方法を身につけて海外に出ることではないでしょうか。

残念ですけど政治家は投票率の高い高齢者の票を得るために活動しているので、私たち若い世代のことを考えた政策を作ってはくれません。
政治家にとってのお客様は富裕層、有権者(高齢)、そして後援の大企業です。

政治家は私たちの味方ではない。
それらを踏まえた上で私たち若い世代は投票し、悪いことは悪いことだと言い、声を上げ続けることが大事です。
そして自分の生きる権利を侵害されたり労働力を搾取されたりしないように行動していかなくてはなりません。

物価は上がり続けるのに賃金が上がらないから生活が良くならない。日々生きていくだけで精一杯。
これっておかしいことじゃないですか?自己責任ですか?
企業が人件費を抑えたいから給与を上げないんです。
正規雇用だと会社が負担する保障が増えるから非正規のまま雇おうとする会社。。
雇用を増やすといっても正規ではなく非正規雇用を増やすだけでは、ていよく使って用がなくなったら捨てる奴隷みたいなものです。

悲しいけど、社会はすぐには変わりません。
でも私たちが声をあげ続けることが未来のスタンダードに繋がります。
一人一人が考えることを発信したり身近な人と話し合うことで少しずつ少しずつ変わっていくものなのです。だからあきらめないでいきましょう。

  • twitterやブログで自分が社会について思うことを書いてみる
  • 家族や友人と社会で問題になっていることについて話してみる

特にtwitterやブログに自分が思うことを書いてみるのは有効です。
他の誰かが同じことを疑問に思ったり悩んだ時にあなたの意見を見つけて共感してくれるかもしれないから。共感者はあなたの仲間です。
身近な人と社会の問題について話すことは、今までその人が興味関心のない話題について知るきっかけになるだけでもかなり意味のあることだと思います。

「これからあなた達は、知らないものや、理解できないものに沢山出会います。美しいなとか、楽しいなとか、不思議だなと思うものにも沢山出会います。
そのとき、もっともっとそのことを知りたい、勉強したいと自然に思うから人間なんです。好奇心や、探究心のない人間は人間じゃありません。猿以下です。」

最近のテレビは本当に真面目な番組なんて無い。
国民が馬鹿でいるためにただバラエティなどの軽い内容のものしか放送しません。
国民が賢くなることを良しとしていないのです。

テレビや動画、アプリや漫画ばかりしていると好奇心や、探究心を無くします。
私は勉強は得意ではありませんが、本を読むことはやめないつもりです。
新しい知識を身につけ、知らないことを知りたいと思うこと。
そして嘘をちゃんと疑うことができる力を身につけたいと思います。

私がやっていくことは

  • 投票に行くこと
  • 政治家を監視すること。「悪いことは悪い」とちゃんと言える自分でいること。
  • 本を読み、アウトプットしていくこと
  • 経済的に自立すること(複数収入を持つなど自分で稼げる術を持つこと)
  • 英語や外国語を習得すること

賢い国民になること。
搾取されないよう強い自分になること。
自分の人生は自分で作ると強い意志を持つことがとても大事だと思っています。

たとえ国に絶望してしまっても、あなたの人生はあなた自身のものです。
でも、声をあげ続ければきっと少しずつ良くなっていく。

これからもたくさんいろんな問題はでてくると思うけど、今社会が変わろうとしているフェーズなんだと思います。
その度に私たちはそれぞれの意見を持って話し合う必要があるし
完璧な正解の無い世界でより良い選択をしていく必要があるんだと思います。



日本で実際何が起こっているのか良い機会になると思うのでこちらの本もおすすめです。


また現在公開中の映画「新聞記者」も非常におすすめです。
民主主義について考える良い機会だと思います。
映画「新聞記者」公式サイト

日本のことも、自分の人生もあきらめないでいきたいね。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事