noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

【選挙権ないかもよ?】海外長期滞在、帰国後すぐの選挙に注意!
スポンサーリンク

なたりー
こんにちは、なたりー(earlgreyteco)です。
ワーキングホリデーを終えて現在日本に一時帰国中です。

2019年7月に参議院選挙が行われますが
私は今回選挙権がないことがわかりました。

海外に転出届を出して長期滞在をして帰国後すぐの選挙には注意です。

転勤・留学・ワーキングホリデーで転出届を出して海外に滞在し帰国する方のお役に立てば嬉しいです。

帰国後すぐの選挙は下記のどちらかに当てはまっていれば投票することができます。

  • 「在外選挙人証」を持っていること
  • 日本に帰国し(住民票を戻して)投票日より前に3ヶ月と1週間以上が経過していること
スポンサーリンク

在外選挙証は事前申請が出国前or滞在中に必要

参考記事「在外選挙人証」は事前申請が必要です。
総務省 在外選挙制度について

在外投票を行うには、在外選挙人名簿に登録されていることが必要です。
 在外選挙人名簿に登録されるためには、市区町村の選挙管理委員会に対して申請する必要があります。申請方法は以下の2種類です。

(1)在外公館における申請
 現在の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)の領事窓口で行います。実際に登録されるためには、その在外公館の管轄区域内に引き続き3か月以上住所を有していることが必要ですが、登録の申請については3か月経っていなくても行うことができます。

(2)国外に出国する前における申請
 最終住所地の市区町村の選挙管理委員会に対して行います。申請を行うことができる期間は、国外転出届を提出したときから当該国外転出届に記載した転出予定日までの期間であり、最終住所地の市区町村の選挙人名簿に登録されている(又は転出予定日までに当該最終住所地に3か月以上居住している)必要があります。
総務省 在外選挙制度について

つまり、私の場合だとワーキングホリデーで滞在していたオーストラリアのパースの大使館・領事館(=在外公館)の窓口で在外選挙人名簿に登録申請する必要がありました。
もしくはワーキングホリデーのために日本を出国する前に自分の住んでいる区役所の選挙管理委員会に対して申請を行う必要があった。ということです。
どちらも行っていなかったため在外選挙証を持っていません。
参考記事投票できない!?帰国後すぐの選挙は在外選挙人証が必要なので注意

スポンサーリンク

在外選挙証を持っていない場合には、日本に帰国して(住民票を戻して)3ヶ月+1週間経過している必要がある

参考記事帰国したら、選挙権がなくなっていたハナシ。

今回の投票日は7月21日
もし在外選挙証なしの場合には4月14日よりも前に帰国し住民票を戻す必要があったということでした。

しかし私が帰国したのは5月16日。
そして日本には一時帰国でまた海外に行くので住民票を戻していないため、選挙権が得られません。
重要な参議院選挙なのでとても残念です。。

在外選挙証を滞在中に大使館か領事館で登録申請しておけばよかったなと思いました。。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事