noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

「82年生まれ、キム・ジヨン」という本を読んだ。
同年代の女性たちや、女の子を娘さんに持つ男性にも読んで欲しい本である。

「82年生まれ、キム・ジヨン」は韓国の小説。
著者はチョ・ナムジュさん、翻訳は斎藤真理子さん。

この作品は韓国社会の女性差別・格差の問題提起をしている。
この小説は精神科医がキム・ジヨンさんのカルテを読んでいるようなところから始まる。

ある日キム・ジヨンさんが精神的に乖離してしまい自分のことを別の誰かだと言う症状が出て
どうしてそんな風になったその原因を彼女の人生を追いながら見ていく。
ジヨンさんの生い立ちを知るうちに、韓国の社会に存在する女性差別・格差問題を知ることになる。

スポンサーリンク

女の子が生まれることが歓迎されない社会

キム・ジヨンさんはお姉さんと弟がいる。
年下の弟に一人部屋が与えられて、自分とお姉さんは同じ部屋をあてがわれる。
弟だけが大事に扱われ、ジヨンさん姉妹の扱いは粗雑なものだった
このように、家父長候補の男の子の方が大事にされる文化がある。

ジヨンさんの母親も男の子を産むことを期待され、
そのプレッシャーは凄まじいものだった。
自分のお腹の子の性別が女と分かり人知れず中絶する。
男の子は生まれることを歓迎され、女の子が生まれることができない社会なのだ。

スポンサーリンク

勝手に知らない人に惚れられてつきまとわれ、「お前が悪い」と言われる

ジヨンさんの高校生の頃に塾で知らない男子学生につきまとわれ恐怖を感じる体験の話がある。
父親にお前が悪いと責められて
最寄りのバス停に行くことが激しく怖くなったという。

勝手に話したこともない知らない男の人に惚れられて
つきまとわれて怖い思いをしたことはジヨンさんにまったく非がない。

お前が挑発したんだろ
スカートが短いからだ

そんな理由で被害者である女性を責めるような風潮は日本にもある。
普通に過ごしているだけで性の対象として見られるなんて迷惑なのに
加害者が責めれず、被害者に非難の矛先が向くのはおかしいと思う。

スポンサーリンク

女性が男性と同じくらいの努力をしても評価がされない

韓国は受験や就活がかなり厳しいというのはなんとなく知っていた。
ジヨンさんも、かなり勉強して就職活動をしていたが
そこでも男性と女性との格差を知ることになる。

韓国では全ての男性に対して2年間の兵役が義務付けられている。
兵役にいくタイミングは自分で決めることができるようだ。
なので大学に在学中に行く人も多く、年上の先輩と同じ時期に就職活動を行うことも珍しくないらしい。

この就職活動の際に、女性は就職活動がかなり難航するのに対し
2年間の兵役を終えた男性はかなり就職活動でも優遇される。

女性には兵役の義務がないため、作中でもジヨンさんはこの優遇に仕方ないと感じている。

女性が仕事で男性より成果を出しても正当な評価や報酬が得られない

ジヨンさんは、入社した会社でバリバリ仕事をしていた。いわばキャリアウーマンだ。
しかしここでも韓国は女性が頑張って男性以上の成績を残しても男性が優位に扱われる社会であることを痛感する。

ジヨンさんは同期の男性社員よりもハードな仕事を担当し、こなしていたのだが
会社の大きなプロジェクトに参加するのは自分よりも実績のない同期の男性社員だったのだ。

後々判明するのだが会社側は同期の男性社員には激務な仕事を振らなかったのである。
ハードな仕事を経験し挫折して会社を辞められたくなかったからだそうだ。
だからジヨンさんを含む女性社員にハードな業務を担当させていたのである。
しかも、同期の男性社員の方がジヨンさんたち女性社員よりも給料が多かったことも分かる。

女性社員の方が、能力が高く、成果を出していても
男性社員が優遇されるのはなぜだろうか。
おそらく、まだほとんどの企業が男性社会のなかで
女性社員はいつか結婚して専業主婦になり家庭に入ってしまう。
子供ができたら会社を辞めてしまう。

女性はいつか会社を立ち去るもの、
だから相応の給料も、役職などのポジションも与えない。
使い捨ての駒のような役割なのだろうか。

育休や女性のための制度を使わないことは、未来の後輩の権利を奪ってしまうのでは

作中ジヨンさんが働く広告代理店企業では育休・産休の女性のための制度があり
通常の始業の時間より30分遅れて出社し、終業時間も30分ズレるというものである。
通勤のラッシュを避けたりすることができるし、少し落ち着いて出社できるようにするための制度だろう。

しかしジヨンさんは「30分遅く来れて良いな〜」と言う周りの男性社員にやっかみを言われ、プライドから断ってしまう。

その後ジヨンさんは少し後悔する。
今私が女性社員のためのこの制度をきちんと使わないことで
これから産休・育休を取得しこの制度が必要な後輩の権利を奪ってしまったのではないか

結婚や妊娠をすることが女性にとってキャリアのハンデになることがあってはならない。
だからこそ、会社の育休・産休制度を「当たり前の権利」として使うことが
女性の社会進出、そして男女が平等になる上で必要なことなのではないかとここでは意味している。

一度会社を退職してしまうと、正社員にはなれない?

ジヨンさんはその後結婚、妊娠し会社を退職する。
ジヨンさんは自分の仕事が好きだから出産ぎりぎりまで仕事をしていたのだが

電車で席を譲ってくれた女子大学生に言われた言葉がかなりひどい。
「そんな腹になるまで地下鉄に乗って働くような人が、何で子どもなんか産むのさ」
すごく貧しいわけじゃない。仕事だって、子どもだって大事なのに。
世間から見たら厄介な妊婦に見えるんだ。

一度会社を辞めると、賃金が上がることは難しい。

その後ジヨンさんは会社を辞めた後、子育てをしながらできる仕事を探す。
非正規で低賃金のアイスクリーム屋くらいしかない。

一生懸命勉強をして、良い大学に入って、仕事もできる女性が
一度仕事を辞めてしまうと、復職のチャンスは遠のき
低賃金の仕事しか得ることができなくなってしまう。

結婚・出産というライフステージが
女性たちのキャリアを奪い、社会復帰をする機会を極端になくしてしまう。
これは日本でも同じようなことが起こっている。

誰もがこの小説でキム・ジヨンさんの人生を追うことで
「これは私のことだ」
と感じることがあるだろう。

社会に当たり前に存在する女性差別を露呈する

「82年生まれ、キム・ジヨン」を通して日本のお隣の国、韓国の社会を知ることができる。
あとがき部分も非常に丁寧に書かれているので、作中の登場人物が発した言葉の意味や社会背景も説明されるので
より深く韓国社会の女性差別・格差問題を理解することができる。

韓国では家父長制や男尊女卑が色濃く残る国だ。
しかし、昨今の#me too運動をきっかけに徐々に女性たちが差別、格差をなくしていこうという動きが広まっている。

私は日本の女性たちもこれに続いていくべきだと思う。

母の世代から渡されたバトンを、次の世代に渡そう。
より良い社会にして、そのバトンを渡してあげるんだ。
声をあげることを恐れてはいけない。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事