noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

Kindle Unlmitedで読んだこちらの本。
難しいお金のことを分かりやすく説明しているので会計入門書としてもおすすめです。
家計と企業の決算書に共通する部分がある、お金のことに向き合う苦手意識を払拭してくれます。

お金の流れをブロックパズルを用いてシンプルにすることで
視覚的にお金の健康状態が分かるようになります。

スポンサーリンク

お金のブロックパズルでお金の流れを「見える化」

家計も企業も収支をお金のブロックパズルにしてみると
それが黒字なのか赤字なのかがよく分かります。
この感覚を身につけられると
自分の毎月の収支(収入・支出)、貯蓄はいくらなのかも把握できますし
どこの部分が自分の財布を圧迫しているのだろう?
どこか削れるところはないかな?

と客観的に考えるきっかけになります。

ミクロ・マクロで柔軟に物事を俯瞰して見ることができれば
世の中に人生を翻弄されない。

そのためにお金と向き合ってみよう

世の中の出来事に自分の人生を翻弄されないために

例えば年金制度が破綻して将来年金がもらえなくなるとか
老後は2000万あっても足りないとか
学校の支援金制度が打ち切りになるとか

お金にまつわるマイナスな要素のニュースも出てきて
「そんなことになったらもう生きてはいけない!」
と悲観的になるのではなく

国に頼らずに生きるためにはどうしたら良いのかな
どんな策を打てば生活が破綻せずに済むのだろうと考えられるようになりましょう。

ミクロの視点で見ると自分のことや家族の生活の視点
マクロは企業、国、世界での視点

年金制度が破綻する理由はどうしてかな
(少子高齢化が進んで制度が維持できないという理由もあるが役人たちがグリーンピア事件などの無駄遣い、運用の失敗など様々な要因もある)

年金に頼れないなら今からどうすれば良いのだろう

と俯瞰して物事を見る力を養う必要があります。

そのためにも予想外の支出などに耐えられ、未来の出費にも太刀打ちできるように
自分の家計をコントロールして貯蓄を増やしていくことが大事だと思います。

お金を読むセンスを高める

すごく良いなと思ったのはコンマを打つ場所を覚えてすぐに大きな額も読めるようになることです。

1,300,000,000円

これを見た時にすぐ13億だと分かりますか?
私は右から一、十、百、千、万、、と数えてしまっていましたが

コンマの位置は「千円」「100万」「10億」と覚えてしまえば桁の多い数字が出てきてもすぐに数えることができます。
家計ではなかなかこんなに桁の多い数字を扱うことはありませんが企業の決算書では見られることなので
習慣にしておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事