noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。

私は昔お水の仕事をしていました。
スナック、ガールズバー、キャバクラ、クラブホステス…などなど。

オーストラリアに来る前に、ふと昔働いていたお店があった場所を通りがかったのですが
すでにお店はなくなっていて、チェーン店の居酒屋に変わっていました。

お水で働いていた過去は、良くも悪くもいろんなことがあって忘れていたのですが
お昼の世界ではなかなかしない経験も多かったので、せっかくだし忘れないように書き留めておこうと思います。

今回は、お水の仕事で出会っていまだに記憶に残っている強烈なお客さんの思い出話をしようと思います。

何を言っても「セックスしよう」に話を戻す人

これは、私が初めてキャバクラで働いた時の話である。
スナックあがりの私はキャバクラで働くとあって少し緊張していた。
働いていたスナックは、女の子もお客さんもみんなで話してアットホームな雰囲気だったが1対1のキャバクラは完全に個人戦になる。

まぁ色々考えていたのだが初めてキャバクラでついた席のお客さんがかなり手強かったので記憶に残っているのだろう。

その人は1セット中全て振った会話を
「俺とセックスしよう」
としか言わない人でした。
ドン引きしましたね。会話にならないんですよ(笑)
自分の今までのお水の歴の中で記憶に残る苦痛の1セットでした。

「はじめましてなたりーです。
よろしくお願いします。」

「うん。キミ、俺とセックスする?」

何を言っても結局セックスに話を帰結していくので頭おかしいのかなと思いました。

どんな話を振っても打ち返してくるのが「俺といつセックスする?」何ですよ。

まともな会話にならなかったんです。

昼間は真面目に会社の経営をしてるらしいですね。

とにかく下ネタを話したくて、女の子とえっちな会話をして、あわよくばお持ち帰りしたいって感じでしたね。
口説きもクソもない魅力のない方でした。

お店にお金を払っているから女の子が興味を持って(いるフリをして)接してくれていることに気づかないんだからおめでたいものです。

やっぱりお水って、お客さんが昼間出さない顔を見せてくる世界なので
男の人の欲望が表れるところだよなぁとしみじみ思いました。

僕は君みたいな色白な日本人とセックスがしたいんじゃー!と叫ぶお偉いおっさん

むかーし、スナックで働いていた頃の話です。

お店の中は電波が通じにくいのでマネージャーにお客さんにメールしてきますと言ってお店の外に出て携帯をいじっていたら

60代くらいの年配の男性が私の前を通りがかり
「おーキミは立ちんぼか!(お店の前に立って客引きをする女の子をそう呼ぶそうです)」
と話しかけてきました。

「僕は君みたいな素敵な子とお酒が飲みたい!どこのお店の子か!
俺はここで飲むぞ!」

年配の男性の後ろには部下とおもわしき男性が何人かがぞろぞろついて来ていて
どこかの会社のお偉いさんなのかな?と思ったのでした。

「あら、こちらです〜どうぞ〜(お客さんが釣れた!マネージャー喜ぶな〜)」

と言って部下の方含めお店に入ってくれることに。

そしたらそそくさと部下の方は帰っていき
そのお偉いさんと私が話すことに。

「君は色白だな〜かわいいな〜こんな若い子と飲めるなんて嬉しいな〜」

お酒を飲み続け、そのお偉いおっさんがヒートアップ。

「わしの妻はフィリピン人でな〜アソコも色黒なんじゃ〜!
わしは君みたいな!色白の!日本人と!寝たい!寝たいんじゃ〜!」

お店に響き渡る大声で叫ぶんですよ(笑)
マネージャーも駆け寄ってきてそのお客さんをなだめてました。

私に実被害はありませんでしたが
ほんとお水のお店って、男性が欲望をむき出しにするんだなぁ…と思ったのでした

お水の仕事をしている時は、いろんな人を見ましたがこのお二方が私のお水の仕事の中で特に印象に残っている方ですね。懐かしい。

もう二度と戻らない世界だからこそ、今笑い話にできているのかもしれません。

スポンサーリンク

お水の仕事を卒業してよかったな、と思う

私はその後お水の仕事をあがりました。
色々紆余曲折しましたがリゾートバイトというホテルに住み込みで働くお仕事をして120万円ほど貯金をして現在オーストラリアにワーキングホリデーに来ています。

私は、お水の仕事をしていろんなことをお客さんや一緒に働く女性たちから学びました。
でも私にはお水はあまり向いてなかったし、昼の仕事とのダブルワークは体にも心にも負担が大きすぎました。
もっと自分に正直に生きるために卒業してよかったと思っています。
良い社会勉強をさせてもらいました。

もし現在お水の仕事をしていて辞めたいと思っている人がいたらリゾートバイトはすごくおすすめです。
よければこちらの記事も読んでください。

私はお水の仕事を通していろんなお客さんと話すためのトーク力、コミュニケーション力、傾聴力、共感力がとても身についたように思います。

そして学んだことが今の生活に全て役立っています。
今まで自分がやっていたことはきっと無駄じゃない。

全てを無駄にしないために、今一瞬一瞬自分のやりたいことを叶えてなりたい自分になりたいと思います。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事