noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

もう国民は、政治家がどんなに嘘をついたり、公文書を偽造したり、税金が私たちのために使われていても、声をあげられないくらい
日々の仕事に疲れて、消耗しきっていて、今日自分の人生を生き抜くことでいっぱいいっぱいなのだ。
電車の中だって、働いてる人のストレスでいっぱい。
もう、「自分が一番疲れている」と言わんばかりで椅子取りゲームに参加してる。

自分たちが受けてきた学校教育は
企業の社員、歯車として機能するために受けてきたものだったと思う。

できることを伸ばす教育というよりも
何事も人並みに全てを平均してできるような教育を受けてきた

東洋大に在籍する学生が大手派遣会社であるパソナグループの取締役会長で東洋大教授の竹中平蔵氏を批判するビラや立て看板をつくったことで退学勧告を受けたそうだ。
ニュース東洋大学 竹中平蔵「教授」を批判した学生に退学勧告? これで退学はあまりに理不尽

竹中平蔵氏は高度プロフェッショナル制度、「残業代ゼロ法案」と呼ばれる労働者働かせ放題制度が適用・拡大すると得する立場にある方です。
知らない人はニュース読んでね。
ニュース竹中平蔵パソナ会長、NHK番組で高度プロフェッショナル制度の拡大を力説→批判殺到

その批判を行った学生さんのビラを読んだけど至極論理も正当だと思った。
竹中氏が語る主張があるならば反対の主張もあって当然だ。
批判は受けて当然なのではないだろうか、とも思う。

それに対して、ただ大学運営側が彼を言葉を押さえつけて退学させるのではなく。
竹中氏と彼が学びの場として互いの主張を議論すれば良い。
彼が持つ意見や主張をとことん竹中氏とぶつけてみれば良いのではないだろうか。
ちゃんと研究をやってる教授って議論で戦うべきなのではないですか。

私は、勇気を持って主張・行動した東洋大の学生さんは良い学生だと思う。
ちゃんと自分の頭で考えて、行動を起こせる素晴らしい人だ。
そんな彼が、大学運営から抑圧され、そして未来が潰されてはならないと強く思う。

言論統制・弾圧が起き始めたら、この国もとうとう独裁国家だよ。

大人たちですら、自分の立場を気にして何も言えなくなっている。情けない話です。
日本で起きていることに無知であることにすら気づかないで過ごすのが一番幸せなのでしょうか?

せめて私は、自分の無知を自覚しながら、知ること、理解すること、自分の頭で考えること、声を上げることを諦めないでいきたい。

最近話題なせやろがいおじさんもいいこと言いますね。
安心して政治のことを語れる雰囲気を作っていこう〜って。
良いよね。だって私たちのことだもの。話していいんだよ。語って良いんだよ。

そして政治が語られる場や、正しい情報にアクセスし、物事を考えるきっかけをくれる公平なメディアが必要だと感じている。
政治に正解はなくて最善を尽くす方法を常に探すしかないんだよ。諦めちゃいけないんだよ。

もっと学べる場が欲しいと感じました。
そんな時はまずは
本を読むこと
信用できる発信者・ジャーナリストを見つけること。
そして、家族や知り合いと話して政治の話をもっと身近なものにすること
選挙に行って、投票すること

自分にできることをしよう。
すぐには社会は良くならないかもしれないけど絶望しない。あきらめない。声をあげ続ける。行動し続ける。

私たちの国、私たちの社会だもの。
きっと良くなるから。

自分の人生を歩みながら、社会を良くしていくために少しだけ自分にできることをしていきましょう。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事