noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

仕事、恋愛、、「私の人生このままで良いのだろうか?」という焦燥感の波がたびたび押し寄せること、ありませんか?
仕事を辞めたい、自分の未来が見えない、、
私はちなみに、しょっちゅう感じていました。
今でもたまーに焦燥感の波に襲われることがあります。

20代後半〜30代にかけて訪れる人生に対する不安や焦燥感のことをクォーターライフ・クライシスと言います。
私は最近この言葉を知りました。
クォーターライフ。人生の四分の一が過ぎた節目という意味ですね。

このクォーターライフクライシス、誰もに訪れる心の試練のようです。
あなたも感じることがありますか?
今回は、私のクォーターライフクライシスと、それに対して行なっていることについて書いて行きます。

仕事に対する焦燥感

私はいろんな職を転々としてきました。
自分がやりたいこと、向いていることがわからないから興味のあるものは全部やろう、と思いながら生きるためにもいろんな仕事を経験してきました。
辞めたこと、転職をしてチャレンジしてきたことに後悔はしていないんです。

でもやはり自分はいろんな職場を転々をしてきたからこそ、一つの会社にずっと勤め続けている友人を見ると「ああ、すごいなぁ。私にできないことをしているなぁ」と尊敬します。

心が弱っているとき、彼らと自分を比較して「続けられない自分」「やりたいものを決められない自分」が情けなくて自分には価値なんてないんじゃないかと悲しくなることがよくありました。
もうこれから自分がどうなるのか分からなくて、自分に価値はあるんだろうかとぽろぽろ涙が出ちゃったりして。

これが、仕事面で私に訪れたクォーターライフ・クライシスです。

恋愛、大切だった人との破局

私は、大きな失恋をしました。
心の底から大好きだった人と別れて。
その人との未来を考えていたこととか、全部崩れてしまってとってもとっても悲しくて。
もうこれからどうしたら良いんだろう、これから誰ともあんなに深く理解し合える関係になんてなれないんじゃないのかなと思ったりして。

あの人と一緒にいればもっと幸せな未来が築けたかもしれない?別れなければよかったのかな?とか。
もう自分はひとりぼっちでいるしかないのかな。。なんて思っていました。

スポンサーリンク

この焦燥感の名前はクォーターライフ・クライシスと言うらしい

この焦燥感はクォーターライフ・クライシスといって20代〜30代の人生の転換期に訪れる心が弱くなることを言うらしい。
そう、これは誰にでも訪れる現象なんだと知りました。
この気持ちになることは当たり前何だ、と思えば受け止め方も変わってくる。
思春期や、マリッジブルーのようなものかもしれない。

そして、向き合って乗り越えられればもっと強い自分に出会えるんだと思えば。
しんどいけど、苦しいけど、逃げないでみようと思える。

今持っている自分の幸せに気づこう

今頑張っている自分を褒めてあげましょう。
何も持っていないわけじゃない。自分が持っていない、足りないものに意識を傾けるより、今自分が持っている幸せを再確認しましょう。
悩むということはよくなりたい、と言う証拠。

  • 大事な友人(何人もいなくたって良い。1、2人いれば十分)
  • 大事な家族
  • 努力してできるようになったこと
    (WEBデザイン、Adobeソフトの技術、ストリートダンス、ナレーション、タイピング、コーチング…自分が少し自信を持って「できる!」と思えるもの)
  • 少なくとも、今まで諦めずに頑張ってきた自分

自分には何もない、なんてことはない。
せいいっぱい頑張った自分を労うことが大事です。

SNSで人の輝かしい生活ばかりを見ていると苦しくなるから見ないこと。

人と比べない。SNSは見ない。
SNSはみんな自分を着飾る場所だから。
実はみんな自分を大きく見せている。
本当は弱いところ、情けない、不安なこと、みんな持っているから。
SNSはその人の一部分を見せているだけなんですよね。
輝いて見えるけど、本当かどうかわからない世界で一喜一憂しなくたって良い。

SNSは中毒性が高い。
いろんな世界で過ごしている人の情報が手に入ってしまいます。
特に不安や心配事を抱えているときに見るSNSは心に毒。
距離を置いて生活することって大事。

私はTwitterの虫だったんですが今スマートフォンのホーム画面で一番遠いところにアイコンを置いています。
アクセスするのが億劫になるような場所に置いてなるべく接する時間を減らしています。

ガツガツしたSNSの世界を見て気持ちが辛くなることもあるので、そんな時はSNSから離れてKindleで本を読むようにしています。
心が元気なときにSNSをチェックするように、SNSとの接し方を変えました。

自分の悩み・願望を言語化しよう

何となく漠然と感じている焦燥感や悩みを言葉にしていく訓練をしましょう。
曖昧なものを言語化することによって悩みが明確になります。

  1. 日記書く
  2. 悩みをがんがん書き出す
  3. 自分の夢を書き出してみる

自分の考えていることを言語化する訓練は定期的にやるだけでも、自分の向かいたい方向が見えてくるのでおすすめです。
仕事や家事やいろんなことに追われて忙しい日々の中で「自分のことを考える時間を作り出す」ことが一番重要だと思います。
自分のための時間を捻出して、自分と向き合う機会を作りましょう。

そしてできることから一歩ずつ、自分のやりたいこと、できることを実現させて自信につなげていく。その繰り返し。
世の中にはすごい人もたくさんいるけど、私は私で。自分の物語を作っていけばいい。
誰かと比べて劣っているとか、スピードが遅いとか。そんなこと気にしなくて良い。

自分の人生なんだから、自分が向き合って納得できることを一つずつやっていけば良い。
自分はどんなことをしている時が楽しい、幸せか、何を大事にしたいのか。
自分の幸せの軸に気づいて、行動し続けていられるなら、素敵な人生だと思うんですよね。

私もまだまだ探り探り。実験しながら進んでいます。
でもそれで良いよね、と思う。

20代後半はツラいよ。誰にでも訪れるクオーターライフ・クライシスを乗り越える方法

唐突に襲われるクォーターライフクライシス、誰もが陥るものだって分かったら少し怖くなくなりました。
もし正解が決まっているなら、考えなくて済むから楽なのかもしれないけど私は悩む自分も受け止めて、励ましながら進んで行きたいなと思います。

悩んでいる人に届けば嬉しいです。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事