noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

先日マレーシア・イスラム美術館に行ってイスラム教の歴史やムスリムの人が大事にしている信仰について触れる機会があって感じたこと。

宗教の問題でいえばムスリムの方はイスラム教の教えで豚肉が食べられなくて鶏と牛は条件付きでok(でも細かいルールがある)らしい。

参考記事豚はダメ、鶏や牛は? イスラム教徒の「ハラール」な食事

私がホテルの洋食レストランで働いている時、ヒジャブをしたお客様に対して選択肢はないからと牛肉のメインディッシュを不躾に提供した場面を見た。

少しでもイスラム教に関心があればヒジャブをしている人がレストランに入店した時点で一発でムスリムの方だ!このレストランはハラル対応の料理がないけど食事は食べれるかな?と考えると思うんだけど…
誰も、何も気づかず(あるいは気づかないフリをして)、強引にこのお店のやり方だとしてムスリムの方に牛肉のステーキを提供したんだよね。
結局そのお客さんは、残念そうな顔をして一口も食べていなかった。

予約担当でもフロントでもサーバーでも防げなかったこと、ムスリムや他国の方への配慮が足りないと思った。
今後も海外から宿泊する人が増えるというのに…

えー食べれないんなら残せば良いじゃん!な感じで提供したサーバーも。とっても失礼なことをしていると思った。
あなたがシェフにかけあえばムスリムのお客様が食べれる料理を作ってくれたかもしれないのに。
海外の宿泊客を受け入れるなら、他国の文化の理解は大事なことじゃないのかな。

宗教や食文化の違いは理解することも対応することもすごく大変なのはよく分かるよ。
でも自分とは違う国の人のことを考えてあげるって大事なことだと思うよ。
せっかく日本に旅行に来て楽しもうとしてくれているんだから。笑顔になって帰ってほしいじゃない。

マレーシアの友人(ムスリム)がラマダン中頑張って断食しているのを見たり、マレーシア観光で入ったお店の店員さんがスタッフルームでお祈りしているのを見かけたよ。
そうやって彼らが大事にしているものを私たちも少し寄り添ってあげることでみんなが幸せに過ごせるなら素敵だと思うのよね。

ヴィーガン、ベジタリアン、アレルギー、ハラル…
海外は宗教や信仰の他にも倫理(動物を殺さない)などの理由で食べられる物が限られている人がいる
海外は特に食べ物に対してルールを持っている人が多いし分類が細かい。
でもそれをわがままだ!として受け入れず自分たちの食文化やルールを押し付けてしまうのは相手の信仰や信条を否定し傷つける行為だ。

日本にはこれからも多くの外国の方が来るだろう。オリンピックもあるから観光客も、そして労働力不足から外国の移民も増える。
海外の人が日本で過ごすためには日本は他国の文化を理解し受け入れる姿勢が求められている。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事