noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

大好きなピクサー映画、『リメンバーミー(Rmember Me)
原題は『Coco』オリジナルも吹き替え版もいいのでおすすめの作品です。
家族との絆を描いたとても素敵な作品です。

舞台はメキシコで先祖を祀る死者の日という行事の話です。
ミゲルたちの会話にもちょこちょこスペイン語が混ざっているのもいいですね。

【永久保存版】死者の日とは徹底解説|死者の日を最大限楽しむためにこれだけ知っておけ!

死者の日を簡潔に説明すると、メキシコ版お盆のことです!亡くなった故人を家庭に迎えるためのお祭りです。
しかし日本のそれと異なるのは、「楽しく」死者を弔い、思い出すことなんです。

リメンバーミーを観るとあー家族って大事〜と思える。
そして夢を大事にしよう!
そして愛を伝えようね!って気持ちになれるのでおすすめ。

スポンサーリンク

いずれ自分にも訪れるだろう死を恐れない。

リメンバーミーのいいところは人の死をネガティブに描いていないところだと思います。

人の死というのは必ず訪れるものだけど
それを受け入れるのってとても難しいことだと思うんです。

生きているものは必ずいつか死ぬ。
「死んだらおじいちゃんやおばあちゃんがいる死者の国に行くんだよ。
みんな同じところに行くんだよ」

って死を前向きに受け入れることができるんです。

人間は順当にいけば老いてる者から死を迎えるし、だいたいみんな順番こに天国にいく。
この作品のおかげで死ぬことは怖くないな。と思えたんです。
人の死を受け入れることができるんですよね。

フィリピン人の先生も感動していた。懐かし。

家族との関わり方について学べる作品かな。大好きな映画です。

黄色いマリーゴールドで祭壇を飾るのですがこのマリーゴールドの花びらを使った演出が本当に綺麗で惚れ惚れしちゃうんです。

私はオーストラリアにワーホリで渡航した時
初めの頃、リメンバー・ミーのサントラをずっと聴いてました。家族を思い出しながら。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事