noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク


本日とうとうリゾートバイト先に到着しました!
私のリゾバ先は神奈川県、箱根。
神奈川県の東京寄りに住んでいますが、同じ神奈川県でも電車、新幹線、登山鉄道を乗り継いでかなりの大移動でした。
自宅~就業先までの交通費に関するメモと、初リゾバで今回持って行った物をご紹介します。

自宅から就業先までの経路・交通費はどうなるの?


就業先までの交通費は就業期間終了後、派遣元から給与と一緒に支給されます。
期間満了まで働いた場合のみ支給される場合がほとんどなので注意です。
※契約期間を短縮して帰ってしまう場合には交通費は支給されないので要注意。

経路は派遣会社の担当の方から前もって提示されたルートで行きます。
提示されたルート通りでないと交通費を清算してもらえない可能性もあるのでご注意を。
アルファリゾートさんは交通経路の指定が多いようです。

派遣会社によっては明確な交通経路を提示しない場合があり
その際には交通費は就業期間によって金額が決まることもあります。
(例)3ヶ月間勤務の場合には往復で2万円など。
グッドマンサービスさんはこちらのパターンでした。

領収書をすべて控えておきましょう。


証明としてすべて領収書を受け取って控えておく必要があります。
そして期日までに派遣元に領収書を原本を提出、もしくは写メールで送付すればOKです。

領収証が必要となると、電子マネー(Suicaなど)ではなくその都度券売機で切符を購入しなくてはなりません。
だいぶ時間に余裕を持って出てきたのですが荷物の入った重たいスーツケースを引きずり
新幹線の窓口が混みあっていたりして結局提示された時間と同じ時刻に到着しました。
早めに出てよかった…。

2ヵ月のリゾバのために持ってきたあれやこれや


私が2ヵ月間のリゾバで用意したもの。

仕事上必要なもの

  1. 黒のズボン 2枚(私はg.u.で1000円くらいで買いました)
  2. 黒パンプス
  3. 黒クロックス
  4. 黒靴下
  5. メモ帳・ペン
  6. 腕時計
  7. 印鑑
    労働契約書を郵送でやりとりする可能性があるため
  8. 雇用保険番号、年金番号、マイナンバーの控え
    3ヶ月以上勤務する場合には雇用保険に加入の必要があります

お仕事に必要なものは就業先によって違うと思うので担当の営業の方に聞きましょう。
全て制服が支給されるところもあれば、ズボンだけ自前で用意するように言われるところも。
リゾバ先が決定したら担当の営業の方から持ち物の指示がくると思うのでそれに合わせて用意しましょう。
腕時計
力仕事や場合によっては水仕事をすることもあって壊れたりする可能性もあるので
お気に入りの時計は使わずカシオのチープラインを使っています。
1000円くらいなので壊れたら新しいのを買っちゃいますね。
値段は安いのにそんなにチープに見えないので気に入っています。

生活上必要なもの

  • 歯磨き粉・歯ブラシ
  • シャンプー・リンス
  • ヘアケア用品
  • スキンケア用品
  • コンタクト用品
  • 生理用品
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 綿棒
  • 爪切り
  • 雑巾
  • 洗濯用ネット
  • 角ハンガー
  • ハンガー
  • ファブリーズ
  • 粘着テープのコロコロ
  • 箱ティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • サーモスタンブラー
  • マグカップ
  • ガラスのグラス
  • 折り畳み傘
  • 衣服3日~4日分
  • パジャマ用スウェット、パーカー、Tシャツ
  • 箸・スプーン
  • ハサミ
  • ソーイングセット制服のボタンが取れたときのために

重要!部屋に何が置いてあるかきちんと担当営業の方に聞きましょう。

女性だと大事なところがドライヤーの有無ですね。
髪の毛が乾かせないと風邪を引いてしまう可能性もあるので大変です。
男性であれば短髪でしょうしタオルドライして自然乾燥すればいいかもしれませんが髪の長い女性はこれは重要です。
寮の部屋にはドライヤーはないけれど、ホテルの大浴場が利用可でそちらのドライヤーを使ってもOKという場合もあるので入職前に確認しましょう。
担当の営業さんでも住環境を把握しきれていない部分があるので、無いと見越して最初に持ち込むか、入寮してから部屋の中を確認して足りないものは買い足す形で良いかと思います。
リゾバ先周辺にお店が無い場合にはAmazonプライム会員になっておけば翌日配送などもあるので便利です。
私は必要なものはだいたいアマゾンで購入していました。

到着初日に近くのスーパーもしくはコンビニでその他生活に必要なものを購入

通常リゾバ入職初日は就業先まで移動してリゾバ先の方に挨拶、館内や業務についての説明をしてもらい入寮するくらいです。
そして翌日から勤務開始になると思います。

私はリゾバ先の寮に到着したらまず部屋の設備の確認をして、近くのコンビニやスーパーに必要な物の買い出しにでかけます。
とりあえず1日、2日分で最低限必要なものを買います。
トイレットペーパー、洗濯用洗剤、食器用洗剤、スポンジ、お水などですね。
あとボディーシャンプーも買いました。
その他必要なものは初回の休日に買い物に行ったり、連休で帰省するときに家から持ってきたり、あとはネットで購入します。

暇つぶし関連

  • カメラ
  • ノートPC
  • タブレット
  • ポケットWiFi→館内のWiFiを常時利用できたのであまり使いませんでした
  • もろもろの充電器
  • モバイルバッテリー
  • 延長コード
  • 三つ又の電源タップ
  • イヤホン
  • 文庫本

これらをどでかいキャリーに入れて持ってきました。
化粧水やシャンプーなどの薬品類は薬局で新しくそろえたのですがだいたい1万円前後でした。
派遣元から事前に必要な持ち物のリストをもらうのですが、他の方の口コミなども見て必要なものをそろえたら結構出費がかさんで驚きました。
しかも女の子って結構物入りなんですよね。
化粧水やシャンプーなどの液体類がかなり重たくなった原因かと。
このひどく重たいキャリーを持って階段を上り下りしたりして初日ですでに腰にダメージがきています。

なのでちょっと重たい液体類は、事前にまとめて箱に詰めて就業先に送る。
もしくは就業先に到着後、付近のショップもしくはネットで購入する。
体力に自信がある人、節約したい人は自分で持って行く、という感じになるかと思います。

CHECK!

▼2回目のリゾバ先は山梨県!100均で買った便利グッズなどを紹介しています。
【ハロー山梨!】2回目のリゾバは富士山の見えるところ。

基本的にどの部屋にもテレビはないと思って。自分なりの暇つぶしツールは必要

ほとんどの部屋にはテレビはないと思っていただいた方がいいです。
テレビがある場合には求人票にも記載があると思います。

どうしてもテレビが必要な場合には別途有料で派遣元の会社からレンタルすることができます。
私はテレビがなくてもスマホのアプリのradikoでJ-WAVEを聴ければニュースが放送されるので問題なし。

スマホでアプリを使ったり、PCで作業もしたい!リゾバ先のネット環境は?

結構大事なポイントなのが寮のWifi環境です。
WiFiが利用可能か?可能であれば寮の自室でも使えるかどうか?談話室のみか?など、
ネット環境については就業先を選定する際に担当の方に聞きましょう。
もし寮にWIFIがなければ派遣会社からレンタルするか(5000円/月)、自分で業者からレンタルもできます。

私は館内のwifiが使用可能なので館内寮の自室にいるときなどはスマホもノートPCも館内のWiFiを常時使っています。
これはとてもありがたかったですね。
持ってきた自分のポケットWifiを使うのは帰省や外出時のみでした。

あとネットサーフィンをするのにスマホだけじゃ物足りないのでノートPC持ってきてよかった!としみじみ感じています。
私が持ってきているPCはASUSのEeebook。3万前後で買えます。重さも1kgしないので軽いです。
Youtubeもネットやメール、文書作成なども快適に使えます。

Amazonプライム会員だとAmazonプライムビデオが見放題。
邦画、洋画、アニメもラインナップもかなり充実しているのでリゾバ中の暇つぶしとしておすすめです!
リゾバ中は「花咲くいろは」を全話観てました。リゾートバイトのモチベーションが上がるのでおすすめです。
Amazonプライムに登録すればAmazonビデオが見放題!中抜け休みの時間に話題の映画やドラマ、アニメなどを観ています。

自分のお気に入りのものを持ってきた方が生活にハリがでますよ。


私の就業先はホテル内の大浴場を使えるのでシャンプー・リンスなどのアメニティも使用OKとホテルの責任者の方から説明してもらいました。
ホテルの浴場に置いてある馬油系のシャンプーは自分の髪質と合わなくて連日使うと髪がキシキシしてきちゃいました…

女の子だと自分のお気に入りのシャンプーやリンスってありますよね。
それらを持っていくか、現地調達ネットで購入して使った方が気持ちも高まって仕事も頑張れると思います。

タンブラー、マグカップ、箸・スプーンは役立つ!

タンブラー
私は毎朝どうしてもドリップしたコーヒーが飲みたかったので
職場のパントリーのポットからお湯をもらってタンブラーにコーヒーを淹れて飲んでいます。
サーモスのタンブラーは保温・保冷ができるので冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま長時間保てるのでおすすめです。

マグカップ・グラス
部屋で飲み物を飲むときにあると良いですね。
共用の冷蔵庫で冷やした飲み物を飲んでました。

箸・スプーン
自室で食事をとることもあるので食器は最低限あると便利です。
厨房の食器は私のリゾバ先では自室に持っていってはいけないので箸・スプーンを持ってきてよかったです。

事前に聞いてた情報と違う場合も

実際就業先に行ってみると派遣元から出された情報とは違っている場合があります。
例えば私は就業先のホテルから離れたシェアタイプの寮に寝泊りすると聞いていたのですが
実際に着いたら案内していただいたのはホテル内の従業員用の1Rタイプの個室(シンク・トイレ付き)でした。
どちらでも私は問題はないのですが聞いていた内容と異なるとちょっと驚きますよね。
リゾバでは柔軟に対応することが大切だと思いました。

スポンサーリンク

結論。すべて持って来ようとすると初日から腰が痛くなる。

3時間近く重たいキャリーを引きずりながら移動して今とても腰が痛いです。
今日は大浴場でゆでだこになるくらい温泉に浸かって、ストレッチしてから寝よう。

長距離の移動は荷物は少ない方が◎送るのが良いかも。

なるべく身軽で来れるように重たいものなどは事前に段ボールに詰めて就業先に送ってしまうのも手ですね。
同じ職場のリゾバ歴の長い女性の先輩も新しい就業先へ行く場合は荷物は事前に箱に詰めて送ると言っていました。
事前に寮の住所を聞いて、入寮した際に受け取れるように到着日と時間を指定すれば良いですね。
その方が賢い気がします…(痛めた腰をさすりながら
ゆうパック 運賃・お届け日数 

ということで明日からお仕事開始です!温泉たくさん入ったり美術館巡ったりして息抜きしつつがんばるぞーっと!

私が登録しているリゾバの派遣会社はアルファリゾート!


私が登録しているリゾートバイトの派遣会社はアルファリゾート
サポートしてくださる担当のスタッフさんも丁寧でとてもきめ細かい対応をしてくれます。
就業前だけでなくリゾバ就業中も「何か困ったことはありませんか?」と連絡をくれるのも心強い。
リゾバビギナーにもオススメの派遣会社です!

住居費・光熱費・食費がタダ!お金がガッツリ貯められる!


リゾバの魅力はなんといっても住み込みのバイトなのでほぼすべての求人が住居費・光熱費・食費がタダ!
住居費や光熱費が抑えられるってだけでかなりコスト削減して貯金に充てられますね。
旅行、起業、上京、留学、ワーキングホリデーの費用のためなど、生活のコストを抑えながらまとまった資金を得るのに最適な働き方だと思います。

高時給の求人が多い

注意したいのが実は同じ就業先・職種であっても派遣会社が違うと時給も違うことがあるのです。
そしてアルファリゾートは数あるリゾートバイトの派遣会社の中でも高時給の求人が多いです。
同じ時間働くなら、少しでも時給が高い方が断然良いですよね!
リゾートバイト検討中の方はぜひWEBサイトから働いてみたいエリアのリゾバの求人を見てみると職場や仕事のイメージしやすいかもしれません。

派遣会社は複数スタッフ登録して求人票を比較しよう

派遣会社は1社に絞らず、複数の会社にスタッフ登録をしておくと良いです。
会社によって求人の数も変わってきますし、重複しているリゾバ先があれば給与や待遇にどんな違いがあるのかを比べてみるといいでしょう。
私が今回登録したのはヒューマニックとアルファリゾートで、結果就業希望を出したのはアルファリゾートです。
理由は高時給案件が多くて求人票が読みやすく、コーディネーターさんと担当の方が迅速・丁寧に対応していただけた点ですね。

通常ですと派遣会社のスタッフ登録のために最寄りの支店に面接に行く必要があるのですが
アルファリゾートはWEB・電話のみでスタッフ登録が可能です。
グッドマンサービスも支店から遠方に住んでいる場合や急いでいる場合にはWEB・電話で完結できます。

「面接もせずに採用されるなんて変な会社なんじゃないの?」
と私は最初すごく不安だったのですが
入職までのフォローも担当営業の方がメールや電話でしっかりしてくれるので安心して始めることができました。
今現在どこかで働かれている方にとって、来社する時間や手間を抑えられるのはメリットだと思います。

私が次回リゾバをする場合はアルファリゾートグッドマンサービスにします。
理由はどちらも高時給の求人が多いのと、今働いているリゾバ先の派遣スタッフのほとんどがこの2社に登録されて来ているためです。

ワンポイントアドバイス!リゾバスタッフも有給がある!?半年以上リゾバするなら派遣会社は一社に絞ろう

もしこれを読んでいるあなたが半年以上リゾートバイトをしようと考えているのならば
利用する派遣会社は1社に絞った方が良いでしょう。
リゾートバイトのスタッフは派遣社員。半年以上の勤務で有給休暇が付与されます
私が利用していた派遣会社のグッドマンサービスさんでは有給休暇を給与として支給してもらえました。
その有給給与の申請方法や給与の計算方法についてまとめた記事です。

  • 同じリゾバ先でも派遣会社で時給に差があるかも。登録する派遣会社は2〜3社で求人比較!
  • 6ヶ月以上リゾバ予定なら派遣会社は1社に絞って有給休暇or給与をもらおう!

これが私が考える効率の良いリゾバでの稼ぎ方です。
リゾバスタッフさんに幸あれ!

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事