noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

【飲食業】職人さんと働く時に心がけていること
スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。

私はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで約一年ほど働いて貯金をして現在オーストラリアにワーキングホリデーに来ています。

私はリゾバ中はホテルのレストランスタッフ、現在オーストラリアではホテルに併設してある日本食のレストランで働いています。

今回はキッチンで働く職人さん達との接し方で心がけていることについて話します。

リゾートバイトを始めたけど厨房の人たち怖くてどう接したら良いのかわからない…
そんな人たちに読んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

職人達は自分の仕事に誇りを持っている。

最初の認識として大事なのが厨房で働く方々は衛生管理や調理など、自分の仕事に関して誇りを持っている方が多いです。
本気で仕事をしています。

リゾートバイトでたかがバイトとしてふわふわ働いてミスをしてお客さんに迷惑をかけないようにしましょう。
マインドとしてこれすっごい大事。

一緒に本気で働く仲間として接することがすごく大事です。

スポンサーリンク

相手視点でモノを考える

違う管轄のスタッフとのやり取りですごく大事なのは相手の立場になって物事を考えることでしょうか。

例えばオーダーミスをしないこと。
それは何のためか、お客さんが頼んだものをすぐ提供できない=お客さんを待たせてしまうことになるから
ロス(廃棄)になってストックが減ってしまうから=売り上げがマイナスになるから

料理を早く提供する
できたてをお客さんに食べて欲しいから。

彼らが大事にしているポイントを汲み取ることがとても大事になってくると思います。

スポンサーリンク

厨房にお客様の反応を伝えてあげる!(特に良い反応)

これは前に勤めていたリゾバ先で学んだことなんですけど、当時働いていたリゾバ先の厨房の人たちが結構怖い方が多かったです。大声出したりとかしてて。
結構私もビビってたんですけど、あることがキッカケで良い関係を築くことができました。

そのホテルにいつも来てくださる常連の特別なお客様がいて、私が担当させてもらえることになったんです。
ホテルはシーズンごとに決まった料理を提供するんですがその常連のお客様には毎回違った料理をシェフが考えて提供していました。

私がお客様にその料理をサーブした後、シェフがお客さんの反応を気にしてナーバスになっていたんです。

私はシェフに
「お客様、シェフの作る料理を楽しみにして来たとおっしゃってました。先ほどの料理のお野菜が特に大好きだっておっしゃってましたよ。ソースも気に入ったそうです。」
と伝えるとそのシェフは笑顔になってホッとした様子で仕事に戻りました。

あ、そっか。厨房の人ってお客様と接する機会がないから自分が作った料理の反応を知ることができないんだ。
私たちサーバーは、お客さんの反応がすぐ分かるし、良いリアクションをもらったら厨房の人と共有しよう!

と思ったのです。

お客様の反応が直に分かるからこそ、違うスタッフと共有することで仲間意識が生まれるのだと思いました。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事