noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

なたりー
私がリゾバ先で出会った人を紹介します!
いろんな経歴を持った人と出会えて価値観が広がりました。

海外から帰国して就職までの貯金のためにリゾートバイト

海外で留学・ワーキングホリデー→帰国してリゾートバイトをするケースです。
彼女は28才で、カナダに留学・ワーキングホリデーで滞在後、海外大手のクルーズ会社でレストランで働いていて、帰国してリゾートバイトをしていました。
カナダ留学→ワーホリ→クルーズで働く→帰国してリゾバ
英語もネイティブレベルでペラペラで、海外のお客さんが来た時はほとんどそのお姉さんが対応していました。
「海外生活でせっかく伸ばした英語力を衰えさせたくない」
と言って積極的に英語を使っていましたし、私もその方から接客に必要な英語を教えてもらいました。
海外から日本に帰国した後の選択肢の一つとして、リゾートバイトはつなぎに最適かもしれません。

地元・実家を出るためにリゾートバイトをする

私がリゾバ先で出会った22歳の女の子はリゾートバイトの歴が1年以上のリゾバベテランで、若いのにしっかり者で仕事もテキパキこなし、大人びていてすごいなぁといつも感心していました。
その子は実家があまり好きではなく、早く家を出たいという理由でリゾートバイトを始めたそうです。

家賃・光熱費・食費の生活のコストがかなり抑えられるリゾートバイトで、彼女はかなり貯金をしていました。
そのリゾバ先が働きやすいところだったので就業期間を延長して働き続けていました。
今はやりたいことはないけど、やりたいことが見つかった時のためにお金は残してるよ。東京で一人暮らしでもしようかな。
と言っていました。

いつかやりたいことが見つかった時のために、リゾートバイトで貯金をする。
これも一つの選択肢ですね。

お金には困っていない、自分のペースで生きるためにリゾバをする自由人

私がリゾートバイトで出会った人たちの中で一番インパクトが大きかったお兄さんの話。
そのお兄さんは28才で、世界的に有名な企業で働いていた方でした。
大学卒業後に、その企業に就職し上海で働いていたそうです。
退職した後、お金には困っていなかったのですが
もう当分会社勤めはしたくないなぁと思った時に
ネットでリゾートバイトを知って実際に働き始めました。

お金には困っていないのでリゾバで先もそこまで忙しくない現場を選び
リゾバ先のホテルの閑散期に合わせて休みを上手にとって中国や北欧に旅行に行って満喫していました。
会社に勤めている時には出会えないような人もいるんだなと思ったのでした。

程よく稼げて、お休みが取りやすい相性の良いリゾバ先に出会えるとこのように自分のやりたいことをできるという興味深い例だと思います。
短期で稼ぎたい方もいれば、長期で程よい稼働のところで休暇を取りやすい融通が効くリゾバ先を選ぶ方もいるということですね。

おすすめのリゾートバイト派遣会社3つ!複数登録して求人の比較をしよう

リゾートバイトをしたい!と思ったら派遣会社に登録をして希望条件や必要事項を登録後に求人票をもらい採用が決まればリゾバ開始となります。
リゾートバイトをする際には、一社に絞らず複数の会社に登録して求人票を見比べることをおすすめします。
同じホテルのリゾバであっても派遣会社によって時給に差がある場合があるからです。
個人的には求人数も多く高時給のグッドマンサービス(リゾートバイト.com)とアルファリゾートとアプリがおすすめです。

私がリゾートバイトをしていて出会った人たちは、魅力的で面白い人生を歩んでいる人ばかりでした。
それぞれいろんなストーリーがあって、刺激を受けました。
会社勤めしている時に出会うことがないような方にも出会えて、考え方を知るのもとても楽しかったです。

読んでいる方の参考になれば嬉しいです。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事