noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは!なたりーです。

私は淡路島でのリゾバを終えて神奈川の実家に戻ってきました。

久々に帰ってきた感想はですね
「東京の勤め人ってせかせかして余裕ないのね~…」です。

こないだ夜に散歩がてら近所のコンビニまでプリントを印刷しにいったら
駅から流れてきた終電組の人々の流れに遭遇して
道路の端の方に寄ったんですけど
肩で風を切るように歩くサラリーマンの男性に
「どけよ!!!」
と大声で言われたのが衝撃的でした。

道譲ってんのが見えないのかい…?
というくらい、現代人は余裕無く過ごしているんだなというのが
終電間際のサラリーマンを見て感じました。
私が島のスピードで歩いてるから、とろいと思われたのかもしれませんね。。

さて今回はリゾバスタッフの有給休暇の話。
派遣会社に勤めているリゾートバイトのスタッフにも半年以上勤めていると有給休暇が付与されるんです。

知らないのは損!申請しないのはもっと損!
派遣期間が終了してしまうと申請ができないので、計画的に取得することをすすめます。

1つの派遣会社で半年(6か月)以上勤務の予定、もしくは勤務してる方!有給休暇申請しましょうね!


リゾートバイトと呼ばれる働き方、登録型派遣と呼ばれます。

この登録型派遣スタッフにも有給休暇が付与されます。

 

※私が勤務していたグッドマンサービスでの情報を元にしてますので
他の派遣会社さんに関しては各々確認してください。

スポンサーリンク

勤務期間が6か月以上で付与。リゾバ先は複数でも、派遣会社が同じならOK

この有給休暇、リゾバの場合は1つの派遣会社に半年以上勤めていればOKなので
派遣先であるホテルが複数でもOKです。

私自身も、派遣会社はグッドマンサービスさんに勤めて
紹介していただいた2か所のホテルさんで合計6か月以上勤務していたので
有給休暇を付与されました。

派遣元によって有給休暇の消化の仕方が違うかも!

「求めよ!さすれば与えられん!」有給休暇(給与)は申告制!申し出なければもらえません

この有給休暇(給与)制度ですが申告制です。
半年以上働いていれば自動で支給されるものではないので
自分からアピールすることが必要です。

知っているのと知らないのとでは大きな違いですね。
せっかく自分の貴重な時間を費やして働くのですから
賢く、効率よく働いてほしいと思います。

知らないは損、です。

有給給与の計算方法

グッドマンサービスさんに関しての有給の消化の仕方を説明しますね。

まず、有給休暇は半年以上の勤務で10日分付与されます。

そして申請する時から直近3か月の給与のタイムカードから日給を割り出します。

算出した日給×有給休暇日数分有給給与として支給

 

私の場合は平均して出した日給が7500円有給休暇日数は10日分、75000円が有給給与として振り込まれました。
稼いだお給料+有給給与分でかなりほくほくになりました。
頑張ってよかった!と思えました。

有給制度を利用して効率よくお金を稼いでください、

会社員の頃は、突然風邪を引いたり体調を崩したときに有給休暇を使用して消化するものと考えていましたが
リゾートバイトは本当に期間限定で働く方も多いと思います。
もし6か月以上働くのであれば、派遣会社は一社にって働いて、上手に有給給与を支給してもらうことをお勧めします。
自分の貴重な時間を費やすのですから、労働者の権利はしっかり行使しましょう。

よいリゾバ生活を!

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事