noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

睡眠時間の重要性について最近強く感じるようになったので自分のモメがてら睡眠に対して思うことを書いていきます。
私は一日7〜8時間寝ないと翌日の仕事ややりたいことへのパフォーマンスが低下する。

睡眠不足時に起きること

  • ぼーっとする
  • 仕事のパフォーマンスが低下
  • 勉強に集中できない
  • 怒りやすくなる
スポンサーリンク

夜更かし&朝早起きはいずれ限界がくる

昔、夜更かし&朝早起きの生活を繰り返して体を壊したことがある。
学生の頃、お金を貯金したくて居酒屋でバイトをして夜12〜1時に帰宅、朝一限の授業に出席するために電車が混まない時間に家を出るために朝5時に起きるような生活をしていた。
居酒屋のバイトはなかなか仕事量も多かったし、大学の授業も一年目だったので受けなければ受けない授業が多くてできないなりに勉強も頑張っていた。
平均睡眠4〜5時間。
人によってはそんなの大したことないと思うかもしれない。
しかしそんな生活を続けていたらある日私は結核性の肺水症になってしまったのだ。
肺が水で溺れてしまっている状態で、夜寝ていると肺部分が苦しく呼吸ができなくなり目が覚めることが頻繁に起きるようになって病院に行った。
背中から針を刺して水を抜き出す処置をした。抜き出した肺水は1.4リットルもあったそうだ。
そのまま入院して、投薬期間も長かったし。家族にも迷惑をかけたしかなり後悔した。

これをきっかけに私は自分の体がそんなに頑丈にできていないことに気づいた。
朝早く起きるなら、夜早く寝よう。
そんな簡単なことが病気にならないと分からないだなんて馬鹿だなぁ。

夜更かししてしまう理由って?ウィル・パワー(意志力)

夜更かし→早起きの生活は病気をきっかけにやめた。私の体はそこまで万能にできてるわけではないようだ。
その頃「やべぇオレ昨日2時間しか寝てねぇ」と睡眠時間の短さを自慢をする人も多かったが

寝ている時間が短くて起きている時間が長いことが、その人が充実した人生を送れるかどうかというのは違う話なのかもと思うようになった。

そんな考えれば当たり前のような話を私は入院と投薬治療という痛い目をみることで学んだのである。

でもやっぱり、ずるずると夜更かしをしてしまうことが多かった。
なぜだろうか。そこには眠れない・眠りたくない理由があるのかもしれない。

その日自分のなかでやり残したことが頭の中にいつまでも残っているからその問題を抱えたまま思い切って眠ることができなかった。

夜更かしについてはこの記事でも書いています。

夜は一日頑張った脳が疲れて集中できなくなる時間帯。

夜はウィル・パワー(will=意志)が弱まってしまうのだ。
ずっと起きていられることが良い訳ではない。
長時間起きている(だらだらと)よりも、限られた時間を自分のやらなければと思っているタスクをこなしてあまった時間を自由に過ごして夜はちゃんと眠る方がずっと健康的で良い。

夜に勉強するのは一日の終わりでかなり疲労感が溜まっている状態なのでよくない。
そして、体力的な面もあるけれど私たちは一日の生活の中でたくさんのことを選択して脳が疲れている。
夜はウィル・パワー(意志力)も弱まる時間帯。

朝型の生活だと集中力も高まるし意志の力が特に強いので取り組むことの効果が出やすいのです。

やり残したことを書き出す。それを解決するための小さなハードルを設定する。

自分の課題をリストアップします。
私の場合は英文の履歴書作らなきゃ〜、英語の勉強しなきゃ〜、ワークショップ受けたい〜とか。
あれもこれもやらねば〜と感じていること全部。
そして各課題について今日は一日、ここまでやればOK!という小さなタスクを決めてしまう。

英文の履歴書を作る→日本語で骨組みを先につくる/見本になる履歴書をインターネットで探す
講習を受けたい→サイトで申し込みをする/入金を行う
英語の勉強をしなくちゃ→とにかく1文、1単語できればOK!/英語のレッスンを予約する

などなど、自分の大きな課題を分解して叶えやすい、トライしやすい小さなものにする。
そして「今日はここまでやればOK!」の小さなハードルを一日ひとつクリアしていくようにする。

朝のゴールデンタイムを活かそう!

朝は非常に体も脳も元気な状態です。
この時間を活かしていろんなことをやりましょう。
朝ベッドで軽くストレッチをして体をほぐして、グラス一杯の水を飲んで、ゆっくり一日をスタートさせる。
前向きになれる読書をするのも良いですし、私は朝はVoicyという音声メディアで前向きになれるチャンネルを聴いたりします。

自分の中で決めた自分らしい人生を送るための睡眠に関した決めごと

  • 朝早くためには、夜早く寝ること!(当たり前だけど)
  • 睡眠時間を削らないこと(私は7〜8時間)
  • 質の良い睡眠を取る(寝る前に過度にお酒を飲まない、夜はカフェインを取りすぎない、ちょっとストレッチする)
  • 夜早く寝るためにはやり残したことや心残りをなくすこと。
  • その日一日、「これができればOK!」の小さなハードルを設定すること。
  • 夜働く仕事はなるべく避けること

睡眠時間は削らないこと。
そして質の良い睡眠を取ることで気持ちの良い生活が得られると思います。

良い朝を迎えていきましょ。
それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事