noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

悲しいニュースが多い。

先日、東京医科大の女性受験者の試験の点数を一律減点をして入学者の数をコントロールしていたというニュースを見た。

医者という人の命を扱うためにたくさん勉強をする必要がある職業は
性別による差別などきっと存在せず、努力し、実力のある人が公正・平等に扱われる世界だと思っていた価値観を大きく否定された。
事前に「女子は一律減点」ということを知らせないのも問題だ。
それを知っていたら女性の受験者たちは本当に受験したのだろうか。詐欺だ。

このニュース見たこれから医師を目指し、医学部を受験する人たちは、どのような気持ちになるのだろうか。
自分が女という性別でこの試験を受けることで、公正な結果が出ない可能性を感じながら受験するのか。
こんなことがあって良いのだろうか。

もし自分の子どもが女の子で
「将来お医者さんになりたい」と言ったとき、
女性だからという理由で彼女が医学部を受験して自分と同じ点数の男の子は合格し、彼女は「女性だから」という理由で減点されて不合格だったら。。
親だったら不公平な学校許せないよね。

スポンサーリンク

そんなの当たり前、として声を上げなかった人たち

このニュースについてふと見たツイートで
「何を今さら。そんなもの今までずっとありましたよ。」
「そんなことに目くじら立ててないでしたたかに生きていかないとやっていけませんよ」

と女性が発言しているのを見た。

これは「そういうものなのだからしょうがない」とあきらめて良いことなのだろうか。

スポンサーリンク

女性だけが不利益、被害を受けているわけではない

女性は出産・結婚で退職・離職してしまうから女性の医師は少なくて良い。
仕事も17時で退勤してしまって、他の医師がフォローにあたらなくてはいけない。

女性の時短勤務に関して表向きは「出産・育児休暇もできて働きやすい社会へ」と装ってるが
現場では
「あの人また子ども熱出たから帰るってさ」「こんなに仕事残ってるのに?」
という声が聞こえて来そうである。
否定的な態度を取るのは医療業界だけではない、私がいたメーカーでもそうだった。

みんな苦しい思いをしている=人に優しくなれない社会なのではないだろうか。

そもそも、全スタッフが時短勤務できるくらいの仕組みを作らない経営者層がいけないのではないか。
みんなに無理をさせている社会がいけないのではないか。
矛先を向けるべき相手は休むその人ではなく、その人が休んでも大丈夫、フォローする人もしんどくならない土壌を作っていない会社なのではないだろうか。

今回は、女性が性別によって不利益を被っていたというケースであったが
男性にとっても、何かしらの差別があるだろう。
女性だから、男性だから、というくくりで互いに不利益があったり辛い思いをしていると考えがちだけれども
本当は人として大事に扱われることの大切さが必要なんだよね。

スポンサーリンク

今、問題になるということは、みんなが変わりたいと思っているから。

このような女性差別の事実を分かった上で、仕方がないと黙認して、生きて来た人。
きっと、今生きている私たちが、声を上げずに来たから今問題になるのだと思う。
声を上げ続けなければならない。
声を上げ続けることで、絶対に社会は変わる。
急には変わらないかもしれないけど、少しずつ少しずつきっと変化していく。

こうやって炎上していることに対して
「そんなに熱くならなくても良いんじゃないの」と思う人もいるかもしれない。

今回のことに対して、議論している人は
きっと今まで蓄積されて来た「自分が受けてきた性差別」がバケツいっぱいになったのかもしれない。

感じてきたその「自分が●●だという理由だけで嫌な思いをしたこと」を一つ一つひも解く時期なのだと思う。
●●の中には、いろんなものが入る。
女性、男性、LGBT、宗教、人種、学歴、出生、、

議論がされることを恐れないでほしい。
成熟した議論がなされることは、成熟した社会になるために重要なことだ。

人がたくさんいれば、その分いろんな価値観が意見がある。
それを理解する機会があるということは、社会がみんなに優しくなれるんだ。

だから、自分自身が感じたことはなるべく友人や周りの人とも話して、ネットでも発信していこうと思う。
同じように考える仲間ができるかもしれない。
新しい見方を与えてくれる人もいるかもしれない。

今、社会が変わり始めている。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しめますし旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事