noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは。なたりーです。
友人の女性もブリスベンでワーホリ中でUber Eats(ウーバーイーツ)をしてお金を稼いでると聞きました。

パースでUber Eatsの仕事を開始する場合、少し他の都市と違い自分で手続きを行わなければならない部分などもあります

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

自分の持つ自動車や自転車で飲食店に注文が入った商品をお客さんの元まで配達するお仕事です。 ウーバーイーツのデリバリーは自分の空いた時間にレストランなどの飲食店の商品をお客さんの元に届けるだけで報酬が得られます。 デリバリーの距離や時間帯によって報酬のレートが変わります。 一日に数回あるブースト(報酬レートが上がる時間帯・エリア)を利用して効率よく稼ぐことが可能です。

私の友人の女性は、1日10件ほどの配達で75ドル稼いでいました(ブーストの時間含め)

配達に必要なもの自動車か自転車!

なので商売道具として自動車もしくは自転車が必要になります。 過去の記事でGumtree(ガムツリー)で中古の自転車を購入した話を書いています。 もしくはK-mart等で購入すると良いと思います。

自動車に関しては1990年以降の型のもの、保険などの加入の必要もあります。 こちらの記事を参考にしてください。 この記事では自転車でのデリバリーについて申請を行ったので書いていきます。

注意点
パースでのUberEatsドライバーの申請は他の都市と違う点があります。

  • 身分証明証が国際運転免許証・学生証のみ。他の都市では使えるフォトカードがパースでは使えない
  • ナショナルクリミナルチェックは自分でやるように言われる

Uberアカウント登録


まずはUberのアカウントを作成します。
Deliver with Uber Eats
英語ばかりで不安に思う場合には、インターネットのオプションの「このページを翻訳する」ボタンを押して翻訳機能をうまく使って理解しながら進めてください。

  • メールアドレス
  • 電話番号(SMS)

すでにウーバーのアカウントを持ってる人はログインすればOKです。

招待コードの入力

招待コード(invite code)を入力する画面が出てくるのですが
友人がウーバーイーツのドライバーをしていたらその人に聞いて招待コードを受け取りましょう。

もしお知り合いの方でUberのドライバーをしていない場合には
RWUNET
を入力してもらえると嬉しいです。

UBER EATS用のアプリをインストール


Uberのアプリをインストールします。
こんなマップ画面が出ます。なんかポケモンGOみたいですね。

ですが証明書類などの提出がまだなのでまだデリバリーはできません。

各種身分証明を提出


各種身分証明書はUberのアプリ内のカメラモードを使用して撮影して提出することが可能です。
カメラで撮影してアップロードができるので簡単です。

必要なもの

  • パスポート
  • 国際運転免許証 or 学生証

必要な証明証をアップロード後、ウーバーのオフィスに行くような指示のメールが届きます。

Uberのアプリでの登録は不具合なども多いようなので数日待ってもメールが届かない場合には直接支店に行ってスタッフに事情を話しましょう。

免許証・学生IDも持っていない場合。フォトカードは使えるの?

私は免許証も学生IDも持っておらずこの項目で証明できるものがありませんでした。

シドニーなどの他の都市では顔写真付きのフォトカードをIDとして申請できると他のブログで見たのでWAでもできると思い作成して申請しましたが何故か却下。

ウーバー支店のスタッフには他の都市とルールが異なるため、西オーストラリアのパースではフォトカードはIDとして使えないと言われました。
む、無念。。

なのでウーバーイーツのドライバーを申請する場合には国際運転免許証か学生証が確実
(immicardでも証明が可能なのですが永住権保持者の方に発給されるものでワーホリビザ保持者には関係のないIDなので省略)

学生証は学校を卒業後でもIDとして使用できる場合もあるそうです。
語学学校在学中にウーバーイーツドライバーに登録して取ってしまう方が良いでしょう。

UBERのパース支店に行って配達用のリュックを受け取る


証明書の部分で承認作業が進まないため、UBERのパース支店に直接行くことにしました。
オズボーンにあります。
パースのバスポートから行く場合は990番のバスです。

入り口にPCがあるので自分のメールアドレスを入れて予約を入れます。
SMSにメッセージで「係の●●がご案内します」と送信されます。すごい。
ハイテク。さすが流行りの会社ですね。。
待ち合いのエリアにはお茶まで用意してあります。

係の人に呼ばれて(もしくはSMSで呼ばれる)登録作業を進めます。
自分でアプリを使用して登録作業も行えますが必要な書類などを全て持って支店の窓口でやってもらうのも早くていいかもしれません。

運転免許証と学生IDを持っていないことを伝えてどうすれば承認してもらえるのか質問したら
日本の住基カードを写真を撮ってアップロードしてくれた(しかしその後やっぱり却下された)

そしてUBER EATSのシステム、料金について、仕事の流れのレクチャーを受けます。
説明が終わったら配達用のリュックを受け取ります。

バッグの代金が35ドルでデリバリー開始時にー35ドルからのスタートとなります。
UBER EATSを辞める時にオフィスでリュックを返せばリュック代を返金してくれるそうです。

パースのUBERのオフィスはこちらです。
Uber Greenlight
311 Selby St N, Osborne Park WA 6017

オンライン上でWA州の自転車のルールのテストを受ける


自転車で運転する際のルールに関してオンラインで数問のテストに答えます。

自転車に乗るときは必ずヘルメットとライトをつけなければならない、と言うようなルールの確認です。
ルールを説明した動画があるので、それを見た後に答えれば問題ないと思います。

クリミナルチェックをオンライン上で行います

National Crime Check
本来ならクリミナルチェック(無犯罪の証明)はUBER側でやってくれるもので
他の都市の申請では自分でやる必要はないそうなのですが
パース支店の係のお兄さんにこれは自分でオンラインでやるように言われました。

個人情報の登録・各種証明書の撮影

一定数の証明書の撮影が必要になります。
各種証明書が点数が決まって条件以上の証明書を登録すれば申請できます。
指示にしたがって進んで行けば問題ないと思います。

自分の現在の住居などの情報を入力
過去5年以内に住んでいた住所の入力(オーストラリア・日本含め)
運転免許証・学生ID・Photo Card・メディケアカード・WWCCカードなど年齢が証明できるカード
自分の顔写真の撮影
パスポート撮影
クレジットカード撮影
バンクカード撮影

10営業日前後で申請が通るとのことでした。
私の場合は3日間くらいで問題ない旨の内容が書かれたメールが届きました。

以上、全ての申請・証明が無事に通ればウーバーイーツの仕事を始めることができます

Uber Eatsで上手に自分の空き時間を利用してお金をゲットしてください。
私は国際運転免許証と学生証を持っておらずせっかく作ったフォトカードが申請に使えないと知って諦めました。

お金と時間を無駄にしてしまったのでこれまでの苦労を成仏させるためにブログの記事にしてます。
パースでウーバーイーツを始めようとしている人の役に立てれば嬉しいです。

もしお知り合いの方でUberのドライバーをしていない場合には
こちらの招待コード「RWUNET
を入力してもらえると喜びます!

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事