noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

私にはコンプレックスがある。

私にはコンプレックスがある。
コンプレックスというか、人より上手くできないこと。
瞬時に細かい計算をするのが苦手だったり、結構忘れっぽいところとか。
勉強だって得意じゃない。

人は気持ちが落ち込んでいる時自分の弱点を気にしぎる。
アレもコレも上手にできない。
私には何の取り柄もない。
なんて私はダメな人間何だろうって。
自分に自信が持てなくて、しくしく泣いてしまう時があった。

今、周りの人がすごく自分の魅力を見つけてくれる


そんな私でも、一生懸命生きていると出会って関わってきた人たちが私のいいところを見つけてくれる。
そのふとした時にくれた言葉は、自分の知らない自分の魅力を知ることができるプレゼントだ。
誰かがあなたの素敵なところを褒めてくれたりしたら、そのことを日記に書き留めて忘れないようにしよう。

ジャパレスの店長さんとの会話

店長さん
なたりーちゃんて、お店の店長とか安心して任せるタイプだよね。

なたりー
え、どうしてそう思うんですか?

店長さん
人と接するのが上手だし気持ちよく一緒に働けるからさ。忙しい時は状況見てすぐフォローに回ってくれるし。いつも助かってます、ありがとう!

リゾートバイト先でベテランスタッフさんに言ってもらった言葉

昔働いていたリゾバ先は、繁忙期でかなり高稼働。
派遣社員にかなり重たい卓を持たせるところでした。
自分の卓を回しながらできる範囲で他のスタッフのフォローもしていたらベテランリゾバスタッフのお姉さんに言われたこと。

ベテラン派遣さん
なたりーちゃん、本当にいつもフォローしてくれてありがとう。助かってる。
一緒に働けて楽しかったし、気配りができるのもあなたの才能だと思う

弟のように可愛がっていた今の彼氏

リゾバ先で一緒だった今の彼。
仕事を教えてあげた時のことを思い出して

彼氏
なたりーさんは、俺みたいに物覚え悪くて、失敗してばかりのやつにも責めないで何回も根気強く教えてくれて本当に優しい人だと思ったんだ

初めて出会った人に初対面で言われたこと

ネットの掲示板でブログ(wordpress)の設定をしてあげることになって出会った女性に初対面で言われたこと

初対面の女性
なたりーさんのブログ読みました!
話しやすくてとっても聞き上手なんですね!

褒められる原因は何なのか、理由を考えてみる

周りの人から見ると私は

  • 優しい
  • 気配りができる
  • 親切
  • 話しやすい

そういう人に見えるらしい。
自分では言うほど優しいことをしてるわけではないのだけど。

あまり人見知りをしない性格なのは人と話す仕事をしていたからかもしれない。
「初めましてトーク」に慣れているのもあるとは思う。

どうして私は人に優しくできるのだろうか、少し理由を考えてみよう。

私が新卒で入った会社の話。苦手な先輩がいた。

思い出したのは、新卒で入った会社の事務職の先輩だ。
忙しい時、仕事がうまくいっていない時、苛立った時、彼女は周りに聞こえるように悪態をついたり、パソコンを叩いたりするのが本当に嫌だったのである。
たまに飛び火して新人の私に「新人なんだからもっとちゃんと仕事してよ!!」と怒鳴るのだった。

近くにはたくさん同僚がいて、みんな忙しいのは一緒なのに、嫌なムードを作り出す彼女が嫌いだった。
子どもかあんたは。と心の中で何度も思った。

仕事も事務職は自分に向いてないと気づいたのと、隣の席でわめいたり物に八つ当たりするその先輩が苦手で精神的にしんどかった。
目標にできるような人もおらず、周りの先輩たちも「仕事辞めたいね〜」と言いながら嫌々働いてる姿を見ているのも嫌だった。
私は最初の就活で就職先選びを失敗したのだと思う。それは認める。

私、こんな狭い世界でこんな惰性で働いている人たちとずっと一緒にいるの?
しかもこれから毎日負のムードを作るこの隣の先輩にあたられながら過ごすの?
そんなことを考えながら働いていたら今までの人生で見たことも無い大きさのニキビが顔中に出てきて鏡を見るのも嫌で「あ、限界かも」と思ったんだ。
間違いなくストレス性のニキビだろう。
仕事を続けるも辞めるも究極は人間関係なのだなと思った出来事だった。
今はこうして流浪人みたいな生活だけれどもやりたいことにチャレンジして、目標に向かって頑張っている今の自分が好きだし幸せだから辞めたことは後悔していない。

私は人に暴言や人を傷つけるようなことを言うのが嫌だ。
たとえ自分が苛立ったとしても、違う表現の仕方を考える。
怒鳴るという行為は、自分の感情をコントロールできない人が自己満足だと思う。

相手に改善してほしいことを伝えるために「怒る、怒鳴る」は最適なコミュニケーション方法ではない。

嫌なことをされたら、全て反面教師にする。

リゾバ先でも、60代のお姉様に仕事のことを聞いた時に「あんたアホか。生きてるうちに頭は使おうなぁ」と皮肉を言われたり(今思うとあれは彼女にとっての挨拶のようなものだったのだろう。直接言われただけマシだし、笑い飛ばせるくらいにはメンタルが強くなった)
リゾバ先のハタチの社員に子どもじみた嫌がらせをされた時も、同じようなことはしなかった。

同じレベルまで自分を落とすことなんてしない。
私にはプライドがある。

今まで自分がされた嫌なこと、傷ついたことが、「私はあの人たちのような人間には絶対にならない」と跳ね返すパワーになっている。

何となくだけど、自分の中で大切にしているもの。人間性の軸の部分が見えてきた

人からされて嫌だったことは、絶対に自分はやらない。
自分がそんなに要領よくできないタイプだから、自分よりできない人がいたら助けてできるようになるまで根気よく付き合う。

相手を傷つける言葉は選ばない。
前向きに物事に取り組めるように、楽しくなるような言葉を選ぶ。

一緒に過ごす人とは気持ちよくいられるように共通点を見つけたりして楽しい時間を共有する。

弱いものいじめも嫌いだ。不正も嫌い。
自分の中の正義が、それを許せないのだ。

ちょっとずつだけど、自分の中で大切にしているものが見えてきたのでした。
夢100リストなどを書いている思考ノートに綴っておこう。

全てを上手にできる必要なんてない。完璧人間を目指さなくて良い。

全てを完璧にできる必要なんてない。
良いところをめーいっぱい大事に伸ばしていけば良い。
一人一人がオールマイティーで完璧を目指すと疲れちゃうし、相手にも優しくなれない。

人はきっと凸凹で
私の得意なことと苦手なことは他の人と違う。
それをお互いに補い合えばいいんだよね。
そういうことが上手くできる環境に身をおこうと思いました。

あなたも、周りの方から言われる自分の魅力について少し考えてみませんか?
自分を深く知る良い機会になるかもしれません。

お互いに良いところを見つけて素敵なギフトをプレゼントできると良いですね。
それで相手が喜んでくれたら嬉しくなるよね。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事