noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーに行く際に決めること

大体の渡航時期を決めましょう。
資金をすでに持っている場合には具体的にどんなスケジュールで渡航まで進めて行くのかを決めていきます。
渡航の半年ほど前になったら、かなり本格的に行動をして行く必要があると思います。

スポンサーリンク

エージェントを使うか、自力で行くか。

初めて海外に出て、一人で暮らす方は特に心配になるのがエージェントを使うかどうか。
私自身も、海外に旅行に行くことはあっても1年間という長期で滞在するのは初めてなのでエージェントにサポートを依頼するかとても迷いました。
最終的には、エージェントを使わずに自分で全て手配をしてオーストラリアに来て現在生活をしています。
感想は「なんだ、思ったよりも簡単だった」です。

しかし、人によって状況が違うので、一概にも自力で行くのがベストとは限りません。
手続きなどが面倒で忙しいのであればエージェントを利用して時間や手間を節約するというのもありだと思います。

心配な人はエージェントを利用するのがベスト。安心を買おう。

エージェントを使えば、経験豊富なコーディネーターさんが担当してくれて、不安に思うことや悩みなどの相談を解決してくれると思います。
一人で海外で暮らすのが初めてで不安な方は、エージェントを通して安心を買う。というのも一つの選択肢だと思います。

無料エージェントを利用する際に気をつけてほしいこと

エージェント経由で来た人から聞いた! 後悔していること。

エージェントの確認・連絡不足で専門学校に進学できなくなった

オーストラリアで出会った友人で、TAFEというオーストラリアの専門学校に入学するために
語学学校に入学して一定のレベルのクラスを卒業すればTAFEの入学条件を満たせるということでとあるエージェントを利用して語学学校に入学し卒業しました。
卒業後、実はもう一つ上のクラスで卒業することが条件だったということが発覚しトラブルになりました。
結局、再入学などの援助もなく彼女は別の方法でTAFE入学を目指すことになりました。

エージェントって結局依頼者と契約書を交わしている訳ではないし責任を追求できないんですよね。
なのでもしエージェントを利用する場合には100%信用してはいけない。ということを覚えていた方が良いと思います。

人任せにしちゃいけないし、トラブルが起きても最終的には自分の責任で、自分でなんとかするしかないんですよね。

長期で語学学校を契約しなければよかった…

ある女の子は、エージェントを通してワーキングホリデービザで語学学校を6ヶ月間(9:00~15:00のフルタイム)で通う契約でオーストラリアに来ました。
正直6ヶ月も語学学校をフルタイムで通ってしまうと、なかなかアルバイトが見つからない。
語学力のレベルにもよりますが雇ってくれるところも限られてしまいます。
それならせっかくのワーキングホリデーのビザを使うよりも学生ビザで来た方がよかったのではないか?(学生ビザなら学校に通う期間+1、2ヶ月滞在可能)

正直、6ヶ月間って長いですよね。
語学学校で習うことって結構自分でテキスト見ればできることも多いですし。
正直エージェントの言うことをそのまま鵜呑みにして来てしまったので後悔しています…

と彼女は言っていました。

語学学校は長期で契約すれば割安になりますがオーストラリアに着いて生活しているうちにやりたいことが変わる可能性も十分あります。
なので極力語学学校は長期で契約せず割高かもしれないけれども1、2ヶ月で契約して延長するスタンスの方がその後の可能性も考えて柔軟に行動できると思います。

私はセルフワーホリ。少し大変に感じたこともあったけど、人生の経験値が上がった

私自身は、エージェントは利用せずに自分で全て用意してオーストラリアに来ました。

エージェントは提携している語学学校に入学することで語学学校から紹介料をもらっているので
語学学校に通わないのであれば、エージェントにとって依頼者はお客様じゃないんですよね。

語学学校は現地に行ってトライアルなどを受けてから決めようと思っていたのでエージェントは通さず全部自分で手配しました。
飛行機のチケット、ホームステイ先の選定・交渉、海外保険の選定・契約、現地で使うスマートフォンのSIMの手配
などなど、エージェントがサポートしてくれることなども自分で行いました。
すごく経験値が上がったように思います。

何社かエージェントの資料をもらって読んだりもしたのですがエージェントのサービスって自分でできることの方が多いかも。
ビザの取得や、保険を選んだりするのもネットに情報がたくさんあるし
ホームステイ先だってアプリでマッチングして契約できますしね。

語学学校もトライアルレッスンを受けてみたけど、なんだかグラマーのレッスンは自分でテキストで学ぶのと似たような感じで
お金を払う価値を感じられなかったので入学するのをやめました。
別の方法で英語を学ぼうと思い、教会の無料の英語のレッスンに通ってみたり
現在はGumtree(ガムツリー)で個人の先生にお願いして英語を教えてもらっています。

結果的に、私はエージェントを使わずに来てよかった。と思っています。

情報収集能力が高ければなんとかなる、大丈夫

自力でやるワーホリって、手続きとか少し大変に感じるかもしれませんが
実はすでにワーホリはたくさんの先人たちがチャレンジしているのでHow toがネットのあちこちに落ちています。
なので自力でワーキングホリデーに行く場合にはインターネットでの情報収集力(問題解決ができる情報を検索エンジンで上手に見つける力など)を高めればなんとかなります。
インターネッツ、万歳!

日本では当たり前にできることを海外でチャレンジする大変さを楽しめるくらいの方が
どこででもタフに生きていけるんじゃないかと思います。

最悪困ったことがあったら、英語のできるお友達に助けを求めれば良い。
本当にできないところに達するまでは自分で頑張った方が人生の経験値が上がると思います。

悩んでいるくらいなら、早く実現させてしまおう

「いつかワーキングホリデーに行きたいな」と悩んでいる時間がもったいない。
早く実現させて自分の世界を広げて次の扉を開けて欲しい。

私自身も、ずっと「海外で生活してみたいな〜」「ワーホリ行ってみたいな〜」となんとなく思っていたものの、行動に移せていませんでした。
でも、思い切って稼げない惰性でやっていた仕事を辞めてリゾートバイトで働き始めてどんどん貯金が増えて行った頃から
「お、貯金が増えてきた!このまま順調に行けば本当にワーホリに行けそうだ!」と感じるようになり
具体的にワーキングホリデーに行くための準備をして行きました。

私は昔かかった病気が原因でオーストラリアのワーキングホリデービザの取得がかなり時間がかかりましたが
大きな病気を患ったことがない方であれば申請後翌日〜1週間で取得できるので
お金があれば大抵のことはなんとかなると思います。

そう。留学もワーホリもお金があればなんとかなるのです。
とても大事なことですね。

これから資金を用意する場合には、住み込みのリゾートバイトがおすすめ。

アプリというリゾートバイトの派遣会社で有名なところなのですが、リゾートバイトから留学orワーキングホリデー、そして帰国後のキャリアもサポートしてくれるグローバルダイブというサービスがあります。
帰国後のキャリアが心配という方にも心強いのではないでしょうか。
フィリピン→オーストラリア、フィリピン→カナダへの2カ国留学も非常に人気です。
【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。



リゾバ中は、毎月給料に銀行に通帳に記帳して残高がどんどん増えるのを見るのが楽しかったですね。
リゾバ(リゾートバイト)は家賃・光熱費・食費の生活のコストがほとんどかからないので支出を減らせたのが貯金に繋がったんだと思います。
自分の支出の中の割合を見直して、携帯電話を解約し格安SIMに変更するのもおすすめです。
今iPhone6Sを使ってますがもし使えなくなったらHuawei(ファーウェイ)SAMSUNG(サムスン)のスマートフォンを使ってみたい。
SIMはOCNとかが良いかな。
日本の格安スマホ、SIM業界も盛り上がって価格競争が起きて安くて良いものが出てくることを期待します。
なので思い切ってキャリアの携帯使ってる方は解約しちゃいましょう!


スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事