noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

オーストラリアのパースにワーホリ中のなたりーです。

なたりー
帰国を間近に控える私がこれからワーホリに来る方にアドバイスできることを書いていこうと思います。
私はパースに一年間いたのでパースでワーホリをする場合について書き記していきますね。
スポンサーリンク

貯金はしてきましょう

お金ないとなにもできません。
パースは賃金も高いですが物価も高いので安定した仕事が得られるまでは貯金を切り崩しながら暮らすことになります。
貯金がないと切羽詰まって変な仕事に手を出すようにもなりかねないので注意しましょう。
お金があることは気持ちの余裕につながります。
私はリゾートバイトで120万円貯金して、オーストラリアに来た時点で90万円ほどになっていました。

スポンサーリンク

飲食店で働くなら日本で少し経験してきましょう

私は日本食のレストランで働いていましたがリゾートバイトでホテルで働いていた経験があったので採用される確率も高かったです。
何よりも経験が重視されます。初心者はよっぽど店側の人が足りていないくらいしか採用してもらえないのではないかと思います。

スポンサーリンク

アルコールを提供する飲食店で働く場合はRSAが必須。オーストラリアにきたらすぐ取得しましょう

ディナータイムの飲食店はどこもアルコールを提供するお店がほとんどです。
その際、全従業員がRSAというアルコールに関する取り扱いの資格を持っていることが必須になります。
これを持っていないと雇ってもらえないことが多いです。
一日かけて座学とテストを受けて取得するコースもありますが私はオンラインコースで取得しました。

英語力はなるべく日本にいるうちから上げてきましょう

今英語ができなくても海外に出ればなんとかなる!と思わない方が良いです。
日本にいるうちから、そして海外で生活をはじめても、自分で常に勉強する姿勢を保たないと英語力は伸びないと思います。

冬のパースは求人が少ないので注意

オーストラリアは日本と季節が逆ですね。
私がパースに来たのは5月頃で寒い時期でした。
その頃はパース通信や日豪プレスを見てもあまり求人がありませんでした。
パースは日本食レストランなどのお店が他の都市に比べて限られているので求人の募集が出ると応募のレジュメが殺到するので競争になります。
そうなった場合に、お店側は経験・英語力・人柄を見て、総合得点の高い人から雇われていくのだろうと思います。

セカンドビザを取りたい場合は早めに季節労働にいくべし

私はセカンドビザは取らないと決めていたのですが周りのワーホリさんでセカンドを取りたい人はファーム探しに結構苦戦しているようでした。
WAに関してはファームで仕事が募集される時期は夏がほとんどでそれ以外はファクトリーがワイナリーでの季節労働になります。
私の彼はJOB SHOPでロックピッキングの仕事で1ヶ月間してました。
セカンドビザは1つの雇用先で3ヶ月間ストレートで働けば土日の休日分も季節労働に必要な日数としてカウントされます。
もしセカンドビザのために季節労働をする場合には1ヶ所の職場で一気に3ヶ月間働けば無駄がない。ということを頭の隅に入れておくといいと思います。
The Job Shop

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事